ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME |  1つ古い記事へ »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無敗の手順) ビデオ「ツカンポ日記」より 【南4局3本場】

全8回を予定している、ビデオ「ツカンポ日記」での「無敗の手順」。
8回目の今回が最終回。 → 前回記事 ■ 

***

<参考>
※半荘1回戦の勝負。 アリアリ・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫。
※対局は“真剣勝負”ではなく、完全に“遊び半分”とのこと。 
※対戦者3人の当時(1988年)のレベルは、雀鬼によると次の通り。
  ・井出洋介 … B クラス (東大出身のプロ雀士として有名。われポンの解説でお馴染み。)
  ・馬場裕一 … D クラス (麻雀ライター。通称「メンチン」のバビィ。)
  ・片山まさゆき … それ以下 (漫画家。便宜上、F クラスとすることに。)  ※敬称略
   (ちなみに、この3人と雀鬼とでは、“大人子供”くらいの実力差があるとのこと。)
      playerrank.png
       (“ある程度打てる”レベルの中でのランク付けか。)




<今回の一言>
『麻雀は点棒を争うもんじゃなく、内容を競うもんなんだよ。』


<ここまでの経過>
【東1局0本場】 親の井出が片山から「チートイ・ドラドラ」9600を和了

【東1局1本場】 全員ノーテンで流局

【東2局2本場】 馬場が井出から「タンピン・678三色」の満貫を和了

【東3局0本場】 親の雀鬼が井出から「リーチ・123三色」の7700を和了

【東3局1本場】 親の雀鬼が「メンピン・ドラ1・(高目)456三色」の高目を「一発・ツモ和了。 
         親ッパネ、6000は6100オール。

【東3局2本場】 井出が親の雀鬼から「中・789三色・ドラ」を和了。 3900は4500点。

【東4局0本場】 井出が「タンピン・二盃口・ツモ」でハネ満和了

【南1局0本場】 雀鬼が「対々和・ドラ3」の満貫をツモ和了

【南2局0本場】 親の片山が「(高目)567三色」でリーチ。 安目ツモ和了で1000オール。

【南2局1本場】 親の片山が「東・南・混一色・チャンタ」の親満をツモ和了、4100オール。

【南2局2本場】 一手替わり「三色」の手をダマにしていた雀鬼が、片山から「ピンフ・ドラ1和了
          2000は2600。

【南3局0本場】 雀鬼が井出の「(高目)456三色」に安目で放銃。 井出、2600和了

【南4局0本場】 ラス親の馬場が井出から「発・ドラ1」の3900和了

【南4局1本場】 雀鬼の一人ノーテンで流局

【南4局2本場】 親の馬場が「(高目)一通」の手でリーチするも、一人テンパイで流局
         高目をツモって裏を1枚乗せれば逆転のトップという手だった。

そして今回の【南4局3本場】へ。

***

1998年 ビデオ「ツカンポ日記」収録用対戦
※東南戦・食いタン有り・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫・2.5万持ち/3万返し


- 天運の濃い二人 -

ここまでの経過をじっくりと振り返ってみる。

桜井:『オレは井出君・片山という“天運の濃い”二人の間を縫って、3番手の位置から中盤にチョイの間のチャンスを拾い、それを難なくモノにすることが出来た。 そのおかげでオーラスを迎えて残り三者を得点上は引き離し、トップの位置にいるように見える。 ただ、“打てた”とか“打ち切れた”という感じじゃなかったね。 悪いけんど、あの当時のオレの実力と他の三人との実力とじゃ、大人と子供くらいの差があったから。』

更に…

桜井:『その地力の差がほんの数局の間に出て、一人ラクに和了って点棒が残っただけだもんな。 午前中は太陽の日差しを浴びながら井出君と片山の二人が相撲を取っていて、雲間にいたオレは土俵に上がれず、順番を待っていた感じだね。 それで午後近くになって雲間がやっと途切れ、太陽が差し込んできたんで、土俵に上がって二番ほど相撲を取ったら、実力通りの結果が残せたと。』

…なるほど。


- 敗者復活戦 -

桜井:『で、オレは結果をちゃんと残し、敗れたわけじゃないのに、また土俵を下ろされ、最後(前局)は3人の敗者復活戦を見る側に回らされてるって感じだね。 あの敗者復活-第1戦-(南4局0本場)では、井出君に「ツモり四暗刻」のテンパイが早目に入ったでしょ? もしあれを決められていれば、俺は井出君の見事な大逆転劇を土俵の外からただ眺めているしかなかったんだよ。 でも実際には、土俵際まで相手を押し込んで勝利を目前にしていた井出君が、結果的には“勇み足”のような感じで馬場に敗れちゃった。 これはどう見ても、井出君が“相撲に勝って勝負に負けた”という、残念な結果に終わってしまった感じだね。』

確かに、この半荘、井出はずっと片山・馬場に邪魔されたような形だった。

桜井:『次の1本場も残りの三人が土俵に乗り、俺だけが土俵下で相撲観戦という情けない“一人ノーテン”。 これで前局に続き、おれは黒星が2つ並んだようなもんだよ。 その次の2本場も、親の馬場に渋とく粘られ、「(高目)一通」のリーチ。 流局はしたものの、オレはこれで3連敗。 いくら3人による敗者復活戦とは言え、土俵に上がりたい気持ちがオレにないわけじゃないし、自分で終了の幕を下ろせないようじゃどうしようもないもんね。 このまま終わっちゃうと、単に“だらしのない奴”ってことになっちゃう。』

そういう捉え方をするのか…。

桜井:『そうだね。 オーラスに入った敗者復活戦で、オレは3連続ラスみたいなもんなんだよ。 だから今回の南4局3本場で4連続ラスを引くわけにはいかない。 せめて3着くらいの麻雀は残さないと。 天運の順番から言っても、最悪3着ならOKだけど、ラスじゃどうしようもない。 だって、井出君は「四暗刻」の逆転劇を作ったし、天運で四番手の馬場でさえ「一通」の逆転劇を作ったわけじゃん。 なのにオレは一体何をしてんの?って感じだよ。 もしもこの局、何にも出来ずに終わったら、点棒上はトップでも、オレからすれば“負け”だってこと。』

以上を踏まえて、手順を見ていくことに。


- 地雷を踏む可能性 -

【南4局3本場】 北家 ドラ 4ソ  ※供託3本あり

配牌はこんな感じ。

<配牌>
tknpN4-3_01.png
役牌・発がトイツ。 8p暗刻で1メンツ。 それ以外は浮き牌。

桜井:『この配牌には、まずピンズの「一色」が見えるよね。 発のトイツで1メンツ、役牌の南と中で2メンツ。 それに8p暗刻で1メンツ、5pにくっつけて1メンツ、合計5メンツで、もう材料は十分って形だね。 それからもう一つの進め方として、「発のみ」ってのもある。 その場合、発で1メンツ、8p暗刻で1メンツ、5pと六萬へのくっつきで2メンツ。 それにソーズで1メンツと、これも5メンツ揃ってる。 どっちの手順で進めても、メンツ的には十分なんだよ。 ただ、これは“形”だけを見た場合の話だからね。』

…というのは?

桜井:『オレは“形”だけじゃなく、“状況”も踏まえて考えてるわけ。 だからもし、ここでオレに流れがあれば、自分の力で牌の進む方向に引っ張って行けるんだよ。 「一色」であろうが「発のみ」であろうが、どっちに進めても何とかなる。』

…そんなもんなのか。

桜井:『でも今は、我ながら情けないんだけど、馬場のオーラスでのあがきと、東パツからずっと卓に乗れてる井出君に、流れを取られちゃってる。 だからオレが場を引っ張ることは出来ない。 恐らく井出君と馬場の二人が流れを作り、俺は引っ張られていく形になっちゃうんだろうねってこと。』

なるほど。

桜井:『ただ、二人に対する恐さはちょっと減ってきてるよ。』

それは何故か。

桜井:『一番流れに乗れてる井出君の「四暗刻」という爆弾は不発に終わり、馬場の「一通」爆弾も不発だったでしょ。 残る片山もそれほど力は残ってない。 だからそういう意味で、オレが今回、“地雷を踏む”可能性は少なくなってきてるんだよ。』

要するに、ハネ満・倍満クラスの手に振り込んで、“一気に3着やラスまで落ちる”危険性はないということらしい。 


- 3つの色を使った場 -

で、最初のツモ。

<1巡目>
tknpN4-3_02.png
3p。 ピンズがリャンカン受けに。 打九萬。(下図)

tknpN4-3_03.png
打九萬としたところ。

桜井:『これはちょっと“理不尽”な牌がやってきたね。 この3pは自分本位に考えれば、ラッキーな牌だよ。 ピンズの色に行けるぞって感じで。 でも今はまだ、オレは馬場や井出君に引っ張られる状況にあるわけだから、オレにとって理想である“一色”の場にはならない。 恐らく二人は“3つの色”を使った場の流れにしてくるだろうから、一色手だと全然追いつかないんだよ。』

…自分だったら、「南・中」どちらか重なったら「混一色」1本に決めてしまいそう…。 ちなみに、この3pツモはあくまで“1pにくっついた”という形であって、リャンカンとは見ないらしい。 「13p」で1メンツ、5pにくっつけて1メンツ、合計2メンツ見込みとのこと。 雀鬼いわく、『4pや6pをツモっていれば、1pを払って3色を使った手に進んでいけたのに、これだとマンズかソーズを払っていかなきゃいけない可能性が出てきた。 困ったことに、十分「一色手」を狙える形になっちゃったってとこだよ。』

とにかく、“一色手”だと和了りは無理、ということらしい。 で、他の3人の捨て牌を見て気付くことは?

<1巡目終了時の捨て牌>
tknpN4-3_32.png

桜井:『オール字牌切りと(笑)。 これは全員「タンピン」、あるいは「ピンフ」狙いだよ。 それに字牌が不要ってことは、“トイツ場”が消え、案の定“色場”も消えてきてるね。』

実際、3人の手牌は皆、「ピンフ」か「タンヤオ」狙いの手になっている。


- 三色の土台作り -

この直後、対面から発が出る。

<2巡目・対面の打牌>
tknpN4-3_04.png
対面が発を切ったところ。 これをポン!(下図)

tknpN4-3_06.png
発をポンして打2ソとしたところ。

桜井:『当然鳴きだよね。 ここで一発和了って“後始末”が出来ないと、オレは“負け”なわけだから。 ちなみに、ドラが4ソなのに2ソを切ったのには理由がある。 マンズ・ピンズで浮いてる牌が「六萬・5p」でしょ? だから「567(/456)三色」の形に持ってくために、6ソの方を残してる。 逆に言えば、もしも六萬ではなく、三萬とか四萬とかを持ってれば、6ソの方を払ってく。 分かる? この局は三色で和了れないかもしれないよ? でも、ここで三色を追うことが、次局・次々局に繋がっていくんだよ。』

ここで、切りではダメなのか?

桜井:『それもなくはない。 でもオレは、「三色」の土台作りのために1枚、2ソを切ってるってこと。 だけど今はオレが先頭を切ってるわけじゃないから、6ソにはくっつかずに2ソの方にくっついちゃうかもしれないよ。 でも、それはそれでいいわけ。 自分の状態を確認することが出来るんだから。』

次巡、

<3巡目>
tknpN4-3_07.png
3ソをツモ。 やはり、2ソの方にくっついていた。 

…で、これをツモ切ると、下家がチー!(下図) 

tknpN4-3_10.png
下家・馬場が3ソをチーして打9pとしたところ。

桜井:『2ソにくっついてたね。 でも2ソ切りは間違いじゃないんだよ。 その“正しい手順”を打っているにもかかわらず、馬場が3ソを拾えてるってことは、やっぱり馬場が先頭だなってのが分かるわけ。 勢いが下がり気味とは言え、まだまだオレよりも状態は良いんだよ。 ただし、地雷のような手じゃない。 いくら“メンチンのバビィ”だっつっても、この捨て牌でソーズの「清一色」はないでしょ。』

<この時点での馬場の捨て牌>
tknpN4-3_24.png

桜井:『この9pは手の内からでしょ? そうすると馬場は「タンヤオ」に決定だな。 今の勢いを考えれば、もしかすると、もう1枚ぐらいドラ4ソを持っていて、「24456」みたいな形から上手く3ソを喰えてる可能性もあるね。 だから馬場が和了るとしたら、2900じゃなくて5800だ。 だけど、もし和了れたとしても、これが本当に最後の和了りってやつだね。』

<この時点の馬場の手牌>
tknpN4-3_25.png

正にその通りで、「244567」の形からのカン3ソ・チーだった。

桜井:『で、井出君は五萬切りでちょっと正体を現してきてるね。』

<井出の捨て牌>
tknpN4-3_26.png

桜井:『この切り出しだと、当然“色”でも“トイツ”でもないんだけど、五萬切りで「タンヤオ」ってのも薄くなってきてる。 だって「タンヤオ」なら、まだ五萬は使えるからね。 で、手の内には「23m」か「78m」の両面が残ってる。 もしも「123m」と「789m」が既に出来てれば、「一通」になる五萬はまだ切るわけないもんねぇ…。 ということは、マンズの上か下は不十分な形で、まだ出来上がってないんだよ。 それで残りのピンズとソーズが十分形になってる。 だから最終的には、マン・ピン・ソーの3色を使った「ピンフ」形で、「リーチ!」って来たら「1-4m」と「6-9m」があるってことを頭に置いとかなきゃいけないね。』

<この時点での井出の手牌>
tknpN4-3_27.png

ほぼ、その通り。 現状では手牌は2色だが、この後ソーズを引いて両面ターツが出来、最終的には3色を使った手牌になることに。

次巡、

<4巡目>
tknpN4-3_11.png
六萬にくっつく七萬をツモ。 打南。(下図)

tknpN4-3_12.png
打南としたところ。

桜井:『これは、狙いの七萬を持ってきたって形で、まずまずだね。 最終目標である“一局を和了る”という方向へ一歩進んだと。 あとはアタマをどこで作るかだね。』

次巡、

<5巡目>
tknpN4-3_13.png
6pをツモ。 打6ソ。(下図)

tknpN4-3_14.png
打6ソとしたところ。

桜井:『メンツが十分になっちゃったんで、不本意ながら二色の方向に手牌を持ってったってとこだね。 で、井出君の八萬は手の内からなんだよね?』

<この時点の井出の捨て牌>
tknpN4-3_28.png

桜井:『ということは、次に出てくる牌をチェックだね。 もし、この次に七萬を切ってきたら、両面を嫌ってるってことだから、「タンピン」確定の手で、もっといい両面が出来たんだよ。 例えば「45p」とかのね。 で、次に出てくるのが九萬ならペンチャン落としだから、普通の「ピンフ」手だね。 それでもし、次に八萬周辺の牌が出てこなかったら、「789m」の1メンツが出来ましたよってこと。 分かる? 今言った3つのどれかってのが、次の一打で決まってくる。 だって五萬を先に切っておいて、単独牌の八萬を1枚ポツンと抱えてたなんてことはあり得ないわけだから。』 (重要)

そういうチェックをするのか…。 そして次巡、井出が切ってきたのは…(下図)

<6巡目・対面の打牌>
tknpN4-3_15.png
九萬! 対面・井出はマンズの上ペンチャンを払った。

桜井:『これで答が出たね。 井出君の手の内にあるのは「123m」だよ。 「タンヤオ」になる四萬じゃなく、困ったことに一萬の方を持ってんだな。 だって、「234m」を持ってたら五萬は切らないもんね。』

<この時点の井出の手牌>
tknpN4-3_29.png

…その通り。 そして、この直後…

<6巡目・上家の打牌>
tknpN4-3_16.png
上家・片山が2pを切ったところ。 これをチー!(下図)

tknpN4-3_18.png
2pをチーして打中としたところ。 1シャンテン。

桜井:『これは当然喰うに決まってるよね、1シャンテンになるんだから。 だけど、この段階でオレの欲しい五-八萬が3枚も切れてるじゃん? ちょっと厳しい状況だよね。 それに4-7pてのも、場には1枚も出てないけど、「タンヤオ」・「ピンフ」狙いの残り3人に固めて持たれてる可能性が高い。 ここまでの流れから考えてもね。』

確かに、この時点で4-7pは6枚使われていて、残りはたったの2枚しかない。

桜井:『オレなんか、周りのおこぼれに預かって生きてるような状態なわけだから(笑)。 発にしても2pにしても、自力じゃなく他人様から頂いた牌だもんね。 ただ少し救われてるのは、「67m」か「56p」のどっちかを重ねてアタマにすれば、薄さは半分になるってこと。 これ、4-7p鳴いて、五-八萬が残ってという形だと、ダブルの薄さになっちゃうじゃん。』


- メンツの過多 -

次巡、二萬をツモ切り。(下図)

<7巡目終了時>
tknpN4-3_19.png
二萬をツモ切ったところ。

桜井:『まあ、これはいいやね。 で、井出君が切った4pには意味がありそうだね。』

<井出の捨て牌>
tknpN4-3_30.png

桜井:『この4pはさっきの八萬と同じで、メンツオーバーみたいな形からの払いに見える。 だから次巡、2pか、あるいはヘタすると3pなんてのが出てくるかもしれない。 状態の良くないオレでさえ、配牌で5メンツの材料が二通りもあったんだから、オレより状態の良い井出君にも、5メンツ・6メンツの材料があったんじゃないかな?ってことだよ。 その井出君のメンツ過多の影響を受けて、俺の手もメンツ過多の形になってるんだろうね。 ということは、カン3ソを鳴いた馬場が一番先頭を切ってるように見えてたけど、実は場を引っ張ってたのは、やはり卓にずっと乗れてた井出君だったというのが、この4p切りから見えてくるよね。』

…そこまで分かってしまうのか。

桜井:『だから、(井出の手に)残ってるのはソーズの真ん中の両面と、もしかしたらマンズの下で「1223m」という形を持っていて、そこに三萬を引いて「一盃口」みたいな形になったんで、4pの周辺を払ってきてんのかもしれない。』

<4pを切る前の井出の手牌とツモ>
tknpN4-3_31.png

確かに、そういった形からの4p切り。 実際には、既にマンズで「12233」の形が出来ていて、浮いていた6ソに7ソがくっついたという状況。 で、次巡、3pが切り出されてくることに。

この後、井出はすぐにテンパイ。 そして決着がつく。




<最終結果> 
tknpN4-3_22.png
雀鬼が四萬をツモ切ると、これが対面・井出のダマ「ピンフ」に刺さる。 

tknpN4-3_23.png
ピンフ」のみ、1000は1900点。 供託含めて4900点の収入。 着順は変わらず。


- 意味のある2着 -

桜井:『これ(井出の「34p」両面外し)は6ソを持ってるところに7ソがくっ付いて、「34p」を払っていったって形だろうね。』

確かに、その通り。 …なぜ、“6ソに7ソがくっついた”ということが分かる?

桜井:『もし7ソが1枚浮いてる形なら切っちゃってるでしょ?  これはドラが4ソだから、6ソを取っておいて「5ソ・4ソ」を引き、下に下げてこようとしてたんだよ。 だけど本当は、6ソに7ソがくっついた時点でソーズは諦めて払わないと…。 あとはピンズメンツを何とかして、「二盃口」狙いにしなきゃいけない。 恐らく井出君は、4p切りの時点で迷ったと思うよ。』

映像を見る限り、確かに迷っていた様子が伺える。

桜井:『そこで微妙な手順ミスをしちゃったんだね。』

ということは、「678s」の1メンツは河に並んでも問題ないということか?

桜井:『そうだね。 この手はあくまでも一萬狙いで「二盃口」の形に持ち込まなきゃいけないんだよ。 だって、そうしないと「ピンフのみ」にしかならないだろ?』

仰るとおり…。 ちなみに、“もしも井出からリーチがかかっていたら、どうしていたか?”という質問に対し、雀鬼は「四萬でも一萬でも切っていくよ」とのこと。 仮に振ったところで、何回戦かの最終戦なら“振ってもトップ”という状態になってるだろうし、万が一、最終戦のオーラスで“振ったらトータルトップを逃す”という状況になってるとしても、それはイコール“力不足”ということらしい。

桜井:『いつもオレが言ってるでしょ? 麻雀は点棒を争うもんじゃなく、内容を競うもんなんだってこと。 麻雀には、トップよりも価値がある3着とかラスがあるんだよ。』

<最終順位・得点>
トップ:雀鬼 36900
・2着:井出 25800
・3着:馬場 21300
・4着:片山 16000
 



スポンサーサイト

 | HOME |  1つ古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

05 ≪2017/06≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。