ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME |  1つ古い記事へ »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(痛恨)【振り込み】 ラス目スルーの山越しロンに注意

実際には振り込まずに済んだものの、非常に危なかったケース。 
もしもラス目から出たロン牌をスルーされていたら、間違いなく自分が振り込んでいた。


・痛恨度:0 (でも、MAXの★★★★★になっていた可能性あり。)


※関連記事 → 2007.08.18 (痛恨)【振り込み】 1牌の後先 
  (山越しでの振り込み。 上家の手出しをよく見ていなかった。)


***


2008.11.02 天鳳・サンマにて
※東風戦・食いタン有り・赤2枚入り・テンパイ連荘・4万点返し  ・牌譜

59200点持ちのトップ目で迎えたオーラス。

【東3局0本場】 南家 ドラ6ソ

<配牌> ※75%縮小画像
0800102tuhuko_01.jpg
和了りはちょっと厳しいかも、といった感じ。

その後、こんな手牌に。

<6巡目終了時>
0800102tuhuko_03.jpg
4ソをツモって、1枚切れの打発としたところ。

ソーズの一色狙い。 白はポンカスで完全安牌。 西と中、どちらか1つ重なれば、もう片方は勝負するつもり。 ピンズの下家はまだテンパってないはず。 ギリギリまで頑張ってみる。

<10巡目>
0800102tuhuko_05.jpg
6pをツモ。

前巡、赤5pを勝負した後に下家が手出しで7p切り。 ということで、この6pはさすがに切れない。 下家は「清一色・対々和」まであるかも。 一方、対面の親も手の内から2ソ・8ソが出てきている状態。 親も「混一色・対々和」までありえるので、下手にソーズが切れなくなってきた。 ここでポンカスの打白。

次巡、

<11巡目>
0800102tuhuko_06.jpg
5ソをツモ。 
厳しい。 もう無理か。 親の現物の2ソ・8ソを切っていくことに。

このあと、親が9ソをポン。 

<14巡目>
0800102tuhuko_07.jpg
3pをツモ。 下家に3-6pは打てない。 

…とは言え、親に対して切れるソーズも既にない。(※6ソは下家が通してくれた。) 
ちょっと考え、「自分が暗刻で使っているなら大丈夫かな?」ということで打7ソ。 通る。

このあと、親がをポン。 テンパイ確実。

<16巡目・下家の打牌>
0800102tuhuko_08.jpg
下家が3pを切ったところ。 

…助かった。 下家に切れる牌が出来た。 このあと3pを合わせ切り

そして、次が問題の局面

<17巡目・下家の打牌>
0800102tuhuko_09.jpg
下家が西をツモ切ったところ。

これを見た瞬間は、「なんだ、西は通るのか…」という感じ。 
ということで、このあと西を合わせ切りすることに。(←痛恨!


上図を見れば分かる通り、この時点で対面の親は「西と中のシャボ」でテンパイ。 もしもここで西をスルーされていたら、自分は西を切るつもり満々だったので振り込みとなっていたはず。 「混一色・混老頭・対々和・白・ドラ」の親倍24000点。 余裕でまくられ。

ここで仮に一瞬のタイムラグがあった上でスルーされたとしても、自分としたら「西は雀頭で、両面で待っているのか?」と判断し、やはり西を切ったはず。 でも、ここで西を合わせ切りするのは絶対にダメ。 対面の思うツボ。 実際に対面がスルーするかどうはともかく、「次巡、西を切ろう」と思ってしまったこと自体が痛恨。 こういった、“避けようと思えば避けられる振り込み”をなくすことも、自分にとっては重要な課題の一つ。


※ただ今回の場合、ラス目の下家になら倍満振り込んでもトップで終了なので、ピンズを抑える必要はなかったというのが本当のところ。 


***


<教訓>

・勝負(着順)にこだわるなら、和了られても構わない相手に“あえて振り込む(差し込む)”ことも必要。

・山越しでのロンに注意するのはもちろんのこと、上家がツモ切りだからと言って通ったばかりの牌を合わせ打ちすると狙い撃ちされることがある。



***


<参考> 最終結果

0800102tuhuko_10.jpg 0800102tuhuko_11.jpg

西をスルーせず。 対面は和了り2着で終わらせてくれる。


結局、ただ単に“振り込むのはイヤだ”という理由で牌を絞っていると、こういったケースで痛い目に遭うという事。 勝負重視ならば、和了られても構わない相手・和了ってもらいたい相手に対しては、あえて振り込む(差し込む)ことで終わらせることもテクニックの1つ。 そうせずに、あえて長引かせるのも楽しみ方の1つだけど。

スポンサーサイト

 | HOME |  1つ古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

03 ≪2017/04≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。