ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME |  1つ古い記事へ »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(痛恨)【配牌構想】 遠くに「789三色」を見て9を浮かせておく・その1(配牌での浮かせ)


当時、最後まで「789三色」に気づかず。 あとで牌譜を見直した時に初めて、ミスがあったことに気づいた。

問題の局面というのが、浮き牌で「二萬・2p・2ソ」とある状況でのもの。 どれも残しておきたいと思えたものの、実はそうでもなかった。 “効率”と“可能性”を考えれば自ずと切るべき牌が決まってくる、という例。 【切り方】というか、牌の【残し方】の問題。


・痛恨度★★★


※関連記事1 → 2007.02.19 「三色」目を残す打ち方 
(※七萬ツモで「一通」イーシャンテンから「678三色」狙いへ移行。)

※関連記事2 → 2008.05.07 「789三色」と「一通」の天秤 
(※「789三色」を見て「9ソ」を浮かせているケース。)



***


2008.03.29 天鳳にて
※東風戦・食いタン有り・赤3枚入り・テンパイ連荘

牌譜


ほぼ平場のまま迎えた東2局。

【東2局1本場】 北家 ドラ四萬

<配牌> ※75%縮小画像
80329tusanmi_01.jpg
ドラが四萬ということで、最初の【構想】としては“マンズとピンズで2メンツずつ”といった感じ。 最終的には「メンピン・ドラ1」といったところか。

※2008.09.07追記
5ソや6ソなど、ソーズの真ん中をツモってくれば普通に「567三色」が見えてくる。 むしろ、狙うならこっちの方が自然な感じ。


で、3巡目に問題の局面が。

<3巡目>
80329tusanmi_02.jpg
五萬をツモ。 このケース、何を切りますか?
(※“配牌とほぼ変わらない手牌”、ということでの【配牌構想】扱い)

*
*
*

ここで自分は、

80329tusanmi_03.jpg
打9ソ。(←痛恨その1) まあ、普通に切っちゃいそうな牌。

二萬・2p・2ソ」が綺麗に1枚ずつ浮いている状態。 どれも両面ターツが出来る可能性があるので、「とりあえず端っこだから9ソを切っとこ。」といった感じだったかと。

ただ、よく考えると、この3枚のうち「二萬」だけは切っておいても問題ない牌だった。

五萬を2枚持っているので、仮に「ドラ四萬」・あるいは「三萬」をツモってきても、どちらにも受けが効く。 まあ、「二萬」を残しておけば遠くに「一通」を見ることも出来なくはないけど…。 でも今回の場合、ドラ四萬の2度引きということがあり、ドラが出て行かないようにするには「一通」は見切ってよいかと。

ということで、ここは、

・「三色」の“可能性”という意味での「9ソ」残し。 
・“効率”という意味では、ほぼ不要な「二萬」切り。


でよかったという感じ。

(※そもそもの自分の狙いが「ピンフ」だし、場に字牌も安そうなので「白切り」でも良かったか。 でも1枚でも残しておけば、早いリーチの“受け”にはなる。)


その後、「ドラ四萬・7ソ・8p」をツモり、「二萬・2p・2ソ」が全て払われる。 そして、

<7巡目>
80329tusanmi_10.jpg
カン八萬をツモ。 

ちなみに、九萬を切らずに、きちんと残しておいてあるところに多少なりとも進歩が伺える。 「三-六萬」の入り目だけでなく、「カン八萬」の受けも残す牌の残し方。 

で、このケース。 何を切ったかというと、

80329tusanmi_11.jpg
端っこの9p切り。(←痛恨その2) 8pを頭に。

ここは本来なら「6p」切り。 予め、「三-六萬」をツモったら「9p」切り・「カン八萬」をツモったら「6p」切りと決めておかなければいけないところ。

ちなみに当時、この時点でも「789三色」に気づいておらず。 だからこその「9p」切り。 (※「567」や「678」なら見ていたかも。)

次巡、9ソを引き戻してテンパイ。(下図)

<10巡目終了時>
80329tusanmi_14.jpg
9ソをツモって打五萬のリーチとしたところ。
カン8ソ待ち。 「リーチ・ドラ1」で2600点

当時は「これでもよし。」という感じ。 ただ、大事なことに気づいてない。 手牌の6pの代わりに、河に捨ててある9pがあったとすると、「789三色」に。 つまり、本来なら「リーチ・ドラ1」2600の手ではなく、「リーチ・三色・ドラ1満貫確定の手になっていたということ。 もったいない…。

結局、問題点としては次の2点。

・痛恨その1:3巡目の「789三色」を見落としての打9ソ。
・痛恨その2:7巡目の「789三色」を見落としての打6p。


2回もあった「789三色」のチャンスを、ことごとく自らが潰してしまった。 自業自得。 わざわざ自分から安い手に仕上げてしまっている。

本来の「9ソを残した手牌」であれば、7巡目の八萬ツモの時点でとっくにテンパっていたことになる。
(※3枚目の8pをツモってきた時点で6pは切れている。)

<7巡目・本来の手牌>
80329tusanmi_12a.png

この手牌に絶好のカン八萬をツモってのテンパイ。 

(※この形にしておけば、ツモ頼みのテンパイではなく、“チーテンに取れる”というのも大きい。)

で、五萬切りリーチ。(下図)

80329tusanmi_12b.png

リーチ・789三色・ドラ1」で満貫確定


***


<教訓>

手牌が2色の時でも、「三色」をイメージしておく。


***

<参考> 最終結果

80329tusanmi_15.jpg 80329tusanmi_16.jpg

一発・ツモ」で満貫

ちなみに、本来なら「リーチ・三色・ドラ1」に「一発・ツモ」でハネ満だったということに。


スポンサーサイト

 | HOME |  1つ古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

07 ≪2008/08≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。