ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(まとめ) 今までの【配牌構想】の分類 Part.8 複合系・その2

過去の【配牌構想】を系統別に再分類して総復習。 今回がラスト。

<過去問【配牌構想】編:復習予定> 
・Part1:【配牌】「7種8牌」系
・Part2:【配牌】“色”狙いが中心 … 16問
・Part3:【配牌】“トイツ系”狙いが中心 … 17問
・Part4:【配牌】“色”と“トイツ”の天秤系 … 11問
・Part5:【配牌】「タンピン」系、「チャンタ」系 … 計10問
・Part6:【配牌】役牌(のトイツ)頼み系 … 3問
・Part7:【配牌】オタ風トイツ2組 … 3問

・Part8:【配牌】複合系 … 19問

・その1
20100.06.29 複合系一覧a

・その2
20100.06.29 複合系一覧b

※主に「タンヤオ」や「ピンフ」にならなそうなものが中心。
※配牌時の構想は、あくまで“おおまかな目安”にしかすぎないというのが大前提。 
 配牌の良し悪しにかかわらず、途中で手牌を変化させる事の方がずっと大事。 
 だからと言って、毎回のように安易な切り出しをしないようにする事が狙い。
 端牌を切ってりゃいいってもんってもないし、中張牌を切ってりゃいいってもんでもない。
※ほぼ全て東風戦(=東場)。  ※完全に自分の確認用。


*****

配牌時点でいろいろな手役の可能性があるケースをまとめて復習。
出題済みの【配牌構想】の総復習は、これで全て終了。




【323】 (配牌構想)(その他複合系)(一色と三色の天秤)   ※良問
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-653.html

<東4局0本場・南家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
20070521_323.png

・状況:オーラス、3着目。 満貫出和了りで2着浮上、トップ目直撃ならまくりトップ。 単独字牌3枚はいずれも役牌。 最初のツモ2pで、2メンツ見込みだったピンズが3メンツ見込みに。
hapako_323.png
・構想→第1打→展開→結果:ピンフ」1本に絞って安易に字牌から切り出したりしないようにしたい。 この手の本線は、役牌を重ねての(ピンズの)“色”。 あとは、ドラそばを引き込んでの「ピンフ・567三色」を視野に。 既にピンズで3メンツ見込み、マンズは1メンツで十分なので、まずは四萬を払って様子見。 “役牌が重なるのか・ドラ5ソ(近辺)を引いてくるのか”、どちらか先かで今後の方向性が決まる。

実戦では安易に自風の南から切り出すと、次巡すぐにその南がカブる。 その後、発が暗刻になると、ピンズを引きまくり。 余裕で「南・発・混一色」の満貫を和了れていたはず。 

(参考)
※【273】・【274】タイプ(一色と三色の天秤)
※【319】…一見「ピンフ」も色違いのドラに注意。 ドラ引きを想定した構想も。


*****

【324】 (配牌構想)(その他複合系)(トイツ3組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-653.html

<東1局0本場・南家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
20070530_324.png

・状況:東パツ。 役牌の白がトイツ。 第1ツモで唯一の両面ターツも重なってしまい、トイツ計3組に。 ドラそばの4pが浮いている。 普通に打てば1000点、良くて2000点の手。
hapako_324a.png
・構想→第1打→展開→結果:ドラが3pなので、ギリギリまで4pは引っ張ることになりそう。 4pに何かくっついて両面になるまでは、白は鳴かないつもりで。 他の形が悪すぎる。 ということで、“受け”気味で気長に面前で手を進め、「三萬・4p」にくっつくのを待ち、いずれは白のトイツを落としていく方向で。 この後も牌が重なっていくようなら「チートイ」との天秤。 まずは、8pあたりを切って様子見。 

もしも序盤でドラ3pを引いてくるようなら、普通に「白・ドラ1」2000点狙い。 すぐに動く。 ただし、牌が重なっていき「チートイ」本線になった場合は、逆に早目に4pを処理。 

実戦では九萬からの切り出し。 その後、「3ソ・七萬」が暗刻になり、4ソを重ね、自風・南が重なると、最後はその南を暗刻にしてテンパイ。 「白・4ソ」のシャンポン待ち・リーチ。 「リーチ・対々和・三暗刻・南(・白)」。 結果、白をツモって「四暗刻」和了。

*****

【339】 (配牌構想)(その他複合系)(ショボ6-6)(2色取り)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-741.html

<東1局0本場・南家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
20080612_339.png

・状況:東パツ、6種6牌、両面1つ、ドラ白なし。 最初のツモでマンズとピンズが4枚ずつに。
hapako_339.png
・構想→第1打→展開→結果:和了までは無理と判断。 形を残すだけで終わりそう。 いったん8ソを切って手牌を2色にしておき、マンズかピンズでの“色”と、ドラ白引きにも対応できる「チートイ」との天秤で。 でも、“受け”を重視。 役牌が1つ重なったぐらいでは鳴かない方向で。 むしろ、他家に役牌を鳴かせないだけで十分かと。 流局で御の字。

実戦でも第1打は8ソ。 その後、「南・発・中」の3枚を重ね、ピンズの「混一色」へ。最終的に次の形でテンパイ。 【 12355p発発発中中 南南南ポン 】(5pと中のシャボ) 結果、放銃。

*****

【344】 (配牌構想)(その他複合系)(構想変更)   ※良問
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-741.html

<東4局0本場・西家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
20080919_344.png

・状況:オーラス・ラス目。 3900で3着、5200で2着、ハネ直でトップ。 単独字牌3枚は、いずれも役牌。 浮いた4pには5pをくっつけた、ドラ受けの形を残したいところ。
hapako_344.png
・構想→第1打→展開→結果:当面の3900狙いであれば、面前での「メンピン・(高目)ドラ1」か、あるいは鳴いて行っての「役牌・混一色」か。 もしも「メンピン・一通」や「役役・混一色」の形にまでなれば、満貫まで見えてくる。 まずは九萬を切るとして、その後は役牌3枚を大事に。 マンズは六萬以外全て払っていくつもりで。 7ソをチーして仕掛けることを考えると、ベストは「役牌・混一色・一通」。

(追記) ドラ6pが頭にありすぎて、今回も下の三色(123/234三色)を見落とした。 六萬や8ソが重なって頭になった場合は、「ピンフ・123/234三色」あたりも有り得る。 だからマンズの下・カンチャンターツも大事に。

実戦でも九萬切り。 そして、2巡目に8ソをツモって重なる。 ここが【構想変更】の分岐点だった。 しかし、それに気付かず、打一萬としてしまう。 完全に“下の三色”を見落とし。 その後、フリテンが残った次の形に。 【 23m1234p2345688s 】  「123三色」・「234三色」両方狙える形の「ピンフ」1シャンテン。(でも、既に一萬を切ってしまっている) 下の三色を見落としていなければ、その時点で次の形でテンパイ・即リーとなっていたはず。

<本来の最終形> 1-4-7ソ待ち・「メンピン・(高目)123三色
0720tuko123_12.png 

*****

【350】 (配牌構想)(その他複合系)(チャンタかピンフかトイツ系か)  ※ミス頻度・高
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-742.html

<東4局0本場・東家> 天鳳にて
20081012_350.png

・状況:オーラス、親番。 自分を含めた3人が22000点台。 トップ目との点差は10000点ちょっと。 ドラ受けの部分を含め、トイツ計3組。 ※実際は親の配牌(14枚)。 自分がよくミスするタイプの手。
hapako_350.png
・構想→第1打→展開→結果:よくある配牌。 ドラ一萬の二度引きを考えると、安易に二萬を1枚外せない、といったところ。 鳴いて手を進められるよう「チャンタ」系に決め打つか、それとも気長に内に寄せての「ピンフ」狙いか。 一方、牌が重なっていく“トイツ系”の可能性もある。 であれば、やはり無難に南あたりを切って様子見か

ただ、この手の場合、ソーズの6ソが9ソなら「チャンタ」もあるけど、そうでなければ別の視点を持つべき。 赤3枚入りでもあるし、「五萬・5ソ」引きを見ておく。 しかも、ドラが一萬とは言え、四萬を引いてくる可能性もある。 ということで、「ピンフ」を本線にしつつ、牌が重なっていくようであれば“トイツ系”との天秤で。 となると、南は大事に取っておき、ひとまず9pか8ソあたりを切っておくという手がある

実戦では、二萬を1枚外すところからスタート。 “トイツ系”を見切り、「ピンフ」と「チャンタ」を見てしまった様子。 しかしその後、両面がいっこうに入らず、牌が重なる方向で手が進む。 もしも最初に9pや南あたりが切れていれば、11巡目には次の手でテンパっていたことに。
【 2233566m88p北北中中 】(チートイ・五萬単騎待ち) 

*****

【355】 (配牌構想)(その他複合系)(一通か三色か)(ドラの重なり)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-742.html

<東4局0本場・西家> 天鳳にて
20081105_355.png

・状況:オーラス、四者とも2万点台。 自分は24100点持ちの2着目。 安手で軽く和了って南入(サドンデス)狙いか、それとも満貫手に仕上げて一気に決めるか。 牌姿的には、“両面・ペンチャン・カンチャン”受けが残る形。 ドラ8pが1枚。 最初のツモが、三萬や六萬ではなく、七萬というのが気になるところ。
hapako_355.png
・構想→第1打→展開→結果:一応、遠くに「一通」や「678/789三色」が見える。 ただ、ベストは“役牌・中”や“ドラ8p”の重なり。 まずは「中・ドラ1」2000点や「タンヤオ・ドラドラ」3900で十分。 特に、ドラ8pの重なりの可能性を見落とさないことがポイント。 普通に一萬切りでいい。

実戦では2p切りからスタート。 案の定、一通」と「三色」の天秤に構えてしまった様子。 その後、マン・ピン・ソーと真ん中の牌ばかりをツモ。 途中、ドラ8pが重なるも、最初にツモった七萬を途中で手放しているので、「食いタン・ドラドラ」の手に移行できず。 最終的に、次の“動けない”形の1シャンテンどまり。 テンパイすら取れず。 
【 45789m345889p66s 】(入り目:3-6m、7p・8p、6s) 

*****

【358】 (配牌構想)(その他複合系)(6種7牌)(両面2組)(ピンフ本線)   ※特殊・盲点
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-743.html
※【319】参照…今回同様、マンズとピンズで「34」の両面ターツ2組&6種6牌。

<東1局0本場・西家> 天鳳にて
20081213_358.png

・状況:東パツ、6種7牌。 両面ターツ2組。 単独字牌3枚のうち2枚(東・西)が役牌。 最初にツモってきたのが、浮き牌・5ソのスジである“ドラ8ソ”。 つい、1ソや南から切り出したくなるが…。
hapako_358.png
・構想→第1打→展開→結果:普通に「ピンフ」本線で良さそう。 もしくは、ドラ8ソを重ねての「食いタン」。 「役牌」の重なりでもいい。 若干“トイツ系”のかほりも漂う。 マンズやピンズの両面が入らず、牌が重なっていく可能性も。 いずれにしろ、まずは1ソから処理。

→ 保留

実戦では、第1ツモ・8ソということで大幅に【構想変更】。 期待していた、5ソへの「3ソ・4ソ」のくっつきではなく、スジのドラ8ソを引いてきたことで、“受け”本線へ変更。 第1打・5ソとすることに。 一応、遠くに「国士」を見ながら、マンズの“色”と“トイツ系”との天秤で。 ただし、“すぐに8ソに7ソがくっついて両面になるようなら改めて「ピンフ」も候補に入れる”、という構想。 結局その後、端っこの牌ばかりを引いてきて、最終的に「国士」を和了。   【 119m19p19s東南西北白発 】 ・ロン:中

結果的に、仮に5ソを残したとしても最後まで何もくっつかず、マンズの両面(二-五萬)すら入ってこず、8ソには9ソがくっつく始末。 「345三色」どころか「ピンフ」にもなっていなかった。(ペン7ソ待ちが残ってしまう。) ということで、“6種7牌からの「国士」和了”の例。

*****

【361】 (配牌構想)(その他複合系)(役牌頼み?)(ドラ3枚引き)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-743.html
※【320】参照…ドラ3枚引き。

<東2局1本場・東家> 天鳳にて
20081227_361.png

・状況:34000点持ち・トップ目での親番。 役牌・発のトイツにドラ受けのカンチャンターツ。 普通に打てば「発・ドラ1」2900点の手。 ※実際は親の配牌(14枚)。
hapako_361b.png
・構想→第1打→展開→結果:最初のツモでソーズ4枚しかないものの、白が重なった瞬間、一気に「混一色」まで狙える。 「役役・混一色」や「役牌・混一色・ドラ1」、あるいは「役牌・混一色・(高目)チャンタ」で満貫。 ただ、白が重なるまでは普通に端牌の処理で良さそう。 4ソ引きがあるので、最初から無理に「チャンタ」を狙うはない。 第1打は無難に九萬で。

実戦では「チャンタ」本線で九萬を残し、2pを1枚外すところからスタートしたものの、ちょっと無理があった。 2巡目に1ソチーから仕掛けると、白が重なり、ドラ8ソを続けて引いてくる。 最終的に「白・混一色・ドラ4」の親ッパネ18000点を和了。 ということで、配牌でソーズ4枚からの「混一色」和了。
【 99s発発 8888s暗槓 白白白ポン 123チー 】 安目の9sでロン。(高目なら親倍24000点)

*****

【362】 (配牌構想)(その他複合系)(2468)(西ヨーロッパ)(カンチャンだらけ)(2色取り)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-743.html

<東3局2本場・東家> 天鳳にて
20081228_362.png

・状況:5万点超え・トップ目の親番で連荘中。 親の配牌(14枚)。 マン・ピン・ソーで見事にカンチャンだらけ。 ドラ1pは手の内になし。
hapako_362b.png
・構想→第1打→展開→結果:まずは第1打・1ソでいいとして、その後が問題。 ダブ東が出たら1鳴きして「ダブ東のみ」2900点の手へ向かうのか、それとも面前で慎重に手を進めるか。 一見、「456三色」が見えるものの、まず無理。 ドラが1pということもあるし、ダブ東の1鳴きはせずに様子を見た方が良さそう。

もしかしたら、カンチャンをスポスポ引いてきて「タンピン」でテンパイするかもしれない。 あと、序盤で南か西どちらかが重なって字牌トイツ2組になるようなら、一気にマンズかピンズでの「混一色」狙いへ。

実戦でも第1打・1ソとした後、「2p・8ソ」とツモり、手牌はますます「246」や「468」のリャンカンだらけに。 その後、マンズ・ソーズの外側の牌から1枚ずつ落として行き、徐々に ピンズの「混一色」へ移行。 最終的に「ダブ東・発・混一色」の親満を和了。
【 2344568p発発発 東東東ポン 】 ・ロン:8p  ということで、ピンズ3枚からの「混一色」和了。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

05 ≪2017/06≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。