ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(まとめ) 今までの【配牌構想】の分類 Part.8 複合系・その1

過去の【配牌構想】を系統別に再分類して総復習。 
残すは、Part.8 複合系(配牌時点でいろいろな手役の可能性があるケース)のみ。

<過去問【配牌構想】編:復習予定> 
・Part1:【配牌】「7種8牌」系
・Part2:【配牌】“色”狙いが中心 … 16問
・Part3:【配牌】“トイツ系”狙いが中心 … 17問
・Part4:【配牌】“色”と“トイツ”の天秤系 … 11問
・Part5:【配牌】「タンピン」系、「チャンタ」系 … 計10問
・Part6:【配牌】役牌(のトイツ)頼み系 … 3問
・Part7:【配牌】オタ風トイツ2組 … 3問

・Part8:【配牌】複合系 … 19問

※主に「タンヤオ」や「ピンフ」にならなそうなものが中心。
※配牌時の構想は、あくまで“おおまかな目安”にしかすぎないというのが大前提。 
 配牌の良し悪しにかかわらず、途中で手牌を変化させる事の方がずっと大事。 
 だからと言って、毎回のように安易な切り出しをしないようにする事が狙い。
 端牌を切ってりゃいいってもんってもないし、中張牌を切ってりゃいいってもんでもない。
※ほぼ全て東風戦(=東場)。  ※完全に自分の確認用。


*****

全19問を2回に分けて復習。
どのケースも、「とりあえず“1・9・字牌”から切ってけばいいや」で片付けないようにしたい。

・その1
20100.06.29 複合系一覧a

・その2
20100.06.29 複合系一覧b




【031】 (配牌構想)(その他複合系)(準・オタ風トイツ2組)(トイツ3組) ★★★★★
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-129.html(初回掲載時)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-568.html(2回目掲載時)
 → 【251】・【271】でも重複出題。(解答・解説は全く同じか、再検討・保留扱い。)

<東1局0本場・南家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
r031.png

・状況:東パツ。 自風・南のトイツに、マン・ピン・ソー3枚ずつ。 一見、“役牌頼み”で1000点狙いといったところだが…。 つい、9ソから切りたくなる手。 5種7牌。
hapako_031a.png
・構想→第1打→展開→結果:この先、“東が重なるかどうか”が最大の鍵。 重なれば、その先に「小四喜」まで見えてくる。 重ならないのであれば、普通に「南のみ」1000点か、逆に南のトイツを落として西を雀頭にした「ピンフ・456三色」なんていう可能性も。 あるいは、“3枚ずつ&3色”構成とは言え、“字牌トイツ2組”を生かした「混一色」もありえる。 一方、既にトイツ3組ということで“トイツ系”の手も想定しておきたい。 4pが重なったり、4-7ソ両面が入らず、5ソ・6ソが重なったりとか。 いずれにしろ、とりあえずは第1打・9ソで様子見か。 

→ (訂正) 「小四喜」を遠くに見ながら、「チートイ」と(マンズかソーズでの)「混一色」を見るのであれば、8pを切っておくという手がある。 この後、端牌ばかりをツモっての「国士」テンパイの可能性があるので、9pより先に8p切り。

当時は無難に「9ソ」から切り、その後「89p」を落とすという手順。 ただ、もしも「9ソ」を残す厳しい打牌をしていたら、最終的には次のようなソーズの「メンホン」でテンパっていたことに。 
【 456789s南南南西西北北 】 西・北シャンポン待ちの「混一色・南・ドラドラ」(ハネ満確定・高目ツモで倍満)  ちなみに実際の最終形は【 245678s南南南西西北北 】で、ノーテン・流局。

*****

【151】 (配牌構想)(その他複合系)(トイツ2組)(準・両面外し) ★★★
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-429.html(初回掲載時)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-569.html(2回目掲載時)

<東4局1本場・東家> 天鳳にて
20071118a_151.png

・状況:オーラス、2着目での親番。(※トップ目:西家) 最初のツモでトイツ2組。 両面1つにペンチャン2つ。 ドラ9pはなし。 役牌は白1枚。 5種7牌。 つい、北から切りたくなる手。
hapako_151a.png
・構想→第1打→展開→結果:最初のツモが一萬、というのが意味ありげ。 ラス親なので、最低でも形式テンパイに取れる手を優先。 ベストは、唯一の役牌である白の重なり。 ひとまず、白のみ1500点での連荘狙い。 白が重ならないようなら、ドラが9pということで「チャンタ」か「チートイ」あたり。 ただ、「チートイ」狙いだとノーテンで終わってしまう可能性も。 

となると、無難に北から切り出したくなるところ。 でも、僅かに「国士」の可能性も残っている。(※現状で5種。)  であれば、「八萬・3ソ」あたりを切って様子を見るべきか。

当時は「チートイ」狙い1本で、3ソからの切り出し。 最終的に次の形の「チートイ」でテンパイ。 
【 114455m1155p発中中 】 1枚切れの西切り・リーチ。(ション牌の発単騎待ち) しかし、この西が下家の西単騎「チートイ・ドラドラ」に刺さり、ハネ満の放銃となる。  結局、「ピンフ」狙いだと最後まで「3-6p」の両面が入らず。 それどころか、マンズもソーズも両面ターツにはなるもものの、どちらも両面が埋まらずじまいとなっていた。  

*****

【152】 (配牌構想)(その他複合系)(トイツ2組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-429.html(初回掲載時)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-569.html(2回目掲載時) 

<東3局0本場・北家> 天鳳にて
20071118b_152.png

・状況:ラス前でトップ目。 2着目の親番とは8000点差。 最初のツモでトイツ2組。 ドラドラ。
hapako_152.png
・構想→第1打→展開→結果:最初のツモ九萬で、当初の“「食いタン・ドラドラ」3900で十分”という構想から大きく外れることに。 こうなると、ベストは役牌の「発・中」の重なり。 ここから下手に九萬のトイツを落としたりすると、河に暗刻で並べてしまう可能性もある。 役牌の重なりを待ちつつ、役なし・面前「リーチ・ドラドラ」と「チートイ・ドラドラ」の両天秤が本線に。 ここから強引に「食いタン」を狙うのは無理がありそう。 無難に「9ソ・西」あたりからの切り出しで。

実戦ではその後、「6p・五萬」と重なり、8巡目にはテンパイ。 
【 5599m6688p西西発発中 】 (チートイ・中単騎) 結果、満貫出和了り。

*****

【153】(=【249】) (配牌構想)(その他複合系)(トイツ1組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-429.html(初回掲載時)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-569.html(2回目掲載時)  

<東4局0本場・北家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
20071119_153.png

・状況:トップ目(親)と2400点差で迎えたオーラス。 トイツ1組を含む形(799m)に、最初のツモ(8m)でシュンツ1メンツ完成。 両面なし、ドラなし。 500/1000をツモればいいだけだが…。
hapako_153.png
・構想→第1打→展開→結果:6種7牌、つい西から切ってしまいそう。 それでも1000点和了るのさえ厳しいか。 せいぜい、遠くに「チャンタ」、あるいはドラ8pを引き込んでの「789三色」。 あとは、ソーズでの「一通」の可能性も残しておきたい。 となると、五萬が不要に見える。

実戦での第1打は4ソ。 「一通」を見落とし。 2巡目でツモってきた5pが次巡重なり、そこで軌道修正することに。 その後「2ソ・1ソ・1p」が重なり、配牌時点では全く頭になかった次の形(“トイツ系”)で11巡目にテンパイ・即リー。 
【 99m1155p1122s西白白 】(チートイ・西単騎) 結果、和了れず、上家が対面から和了。 ただ、西は残り3枚とも山の中だった。 ということで、“トイツ1組”からの「チートイ」テンパイ。

*****

【219】 (配牌構想)(その他複合系)(トイツ3組)(途中でオタ風トイツ2組) ★★★
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-554.html

<東2局0本場・東家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
219_20080213.png

・状況:平場で迎えた東2局の親番での配牌(14枚)。 シュンツで1メンツ完成済み。 トイツは3組、北はオタ風、ドラ発はなし。 中が重なってくれさえすれば、連荘狙いの1500点を和了りに行けるが…。
hapako_219.png
・構想→第1打→展開→結果:いかにも和了れそうにない手。 せっかくの親番ではあるものの、自分の手よりもドラ発の行方に注意した方が良さそう。 隠れドラ暗刻の手に振り込まないことを優先。 下手に「役なし」の手でテンパったところで、「リーチ」した後にドラ発を掴まされて“放銃”なんてこともありえる。

ということで、ひとまず1ソを切って様子見か。 中の重なりを待ちつつ、「チートイ」あたりとの天秤で。 「チートイ」ならドラ発引きに対応できる。 あと、「ツモり三暗刻」の形になった場合は、ドラ引きを恐れずに「リーチ」で勝負。

実戦では、序盤で南が重なり“オタ風のトイツ2組”のパターンに。 この当時はまだ、オタ風のトイツ2組の対応の仕方が確立されておらず、メンツオーバーでパニクる結果に。 ちなみに、今だったら「ピンフ・567三色」でテンパっていたはず。

*****

【237】 (配牌構想)(ヘボ7-8)(その他複合系)(トイツ2組)(準・十三不塔) ※【220】・【234】参照
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-584.html

<東4局0本場・西家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
r237bb.png

・状況:オーラス、3着目。 上との点差は、それぞれ8000点・4400点。(ラス目が親番) 7種8牌、最初のツモでトイツ2組、ドラはなし。 単独字牌4枚のうち、役牌は3枚。
※本来は“7種8牌”系に分類すべき。(※単なる見落としによるモレ)
hapako_237.png
・構想→第1打→展開→結果:“7種8牌”系に分類したとしても、いろいろな手役の“複合系”という点では同じ。 このケースの場合、“1600/3200ツモればトップ”という状況なので、「チートイ」が本線に。 一応、遠くに「国士」と、役牌2つ重ねての「役役・混一色」も見ておく。 まずは4p切りから。

実戦でも第1打は4p。 しかし、その後、トイツ3組になった時点でロン牌を掴みまくってオリることに。 

*****

【254】 (配牌構想)(その他複合系)(メンツ落とし)(トイツ2組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-585.html

<東1局1本場・西家> 天鳳にて
r254.png

・状況:東パツに親が3900オールを和了った次局。 第1打で切ろうと思っていた一萬が重なり、トイツ2組に。 南はオタ風。 このまま打つと、“動けずじまい・役なし・ドラ1”の手になりそうだが…。
hapako_254.png
・構想→第1打→展開→結果:“鳴かないと和了れない”、という感じの手。 ツモに任せているとテンパイすらしないかも。 “白の重なり”を待ちつつ、「チャンタ」も視野に。 鳴いて「チャンタ・ドラ1」だと2000点にしかならないけど、“親の連荘を阻止”というプラスαがある。 ひとまず七萬を切って様子見か。 もしも次の打牌候補である「4・5・6p」のどれかが重なるようなら、「チートイ」も候補に。

実戦でも七萬からの切り出し。 ただし当時は、2巡目に二萬をツモってきたところで初めて「チャンタ」に気付く。 そこから「456p」の1メンツを落としていき、その後、自風の西を3枚引き入れる。 最終的に、2軒リーチをかいくぐり、ドラ9ソ単騎の「西・チャンタ・ドラドラ」の満貫をツモ和了る。 
【 123p9s西西西 南南南ポン 111mポン ・ツモ:9s 】

*****

【319】 (配牌構想)(その他複合系)(両面2組)(ショボ6-6)  ★★★
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-653.html

<東1局0本場・西家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
20070424c_319.png

・状況:東パツ。 最初のツモで両面ターツ2組に。 一見「ピンフ」本線で良さそうだけど、ドラは一萬。 6種6牌。 単独字牌4枚のうち、3枚が役牌。
hapako_319.png
・構想→第1打→展開→結果:“とりあえず19字牌を切ってけばいいや”、となりがちな典型的なケース。 ドラが中張牌ならそれでもいいかもしれないけど、今回のドラは一萬。 しかも“食いタンなし”。 両面2組以外はバラバラという状況を考えると、もっと慎重に打つべき。 ということで、一応「国士」を遠くに見つつも「345三色」目だけは残すという、レアな天秤で。 ただし、本線は“受け”。 まずは「七萬・8p・8ソ」からの払いで。

当時は、この手で「国士・チャンタ」狙い1本。 ただ、「ピンフ」狙いだろうが「国士」狙いだろうが、いずれにしろ全く手は進まかったという点では同じ。 途中から周りに切れない牌だらけになり、案の定“受け”に回ることに。 

*****

【320】 (配牌構想)(その他複合系)(ピンフ本線)(上/下の三色)(ドラ3枚引き)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-653.html

<東1局0本場・北家> 旧・第1東風荘にて(食いタンなし)
20070426_320.png

・状況:東パツ。 普通に「ピンフ・678/789三色」狙いで良さそうな手。 ドラそばの2ソが浮き。 
hapako_320.png
・構想→第1打→展開→結果:最初のツモ七萬で、役牌を重ねての「混一色・一通」の可能性はほぼ消えた感じ。 さすがに字牌から切って行ってもいいか。 “ひとまず7pを1枚外しておく”、という手もあるが…。 現時点では「678/789三色」だけでなく、ドラが1ソということで、「123三色」や「一通」の可能性もある。 それだと7pが頭候補に。 いずれにしろ、完全に「ピンフ」本線の手なので、字牌の処理で良さそう。

実戦では7pを1枚外すところからスタート。 その後ドラ1ソを暗刻にし、「ピンフ・純チャン・(高目)789三色・ドラ3」で「リーチ」。 【 789m78p11123789s 】(6-9p待ち) 結果、高目9pで出和了り。 裏も乗って3倍満(24000点)の和了に。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

04 ≪2017/05≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。