ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(会心) オタ風トイツ2組の対処・その3 【途中でオタ風2組に】

最近の牌譜より、【オタ風トイツ2組】をシリーズにて。

***

3回目の今回は、1回目同様、“途中で”オタ風のトイツが2組となったケース。
中盤まで来ても形が決まっておらず、そこから思い切った決断が必要に。

・会心度★★

※関連記事 → 2010.07.12 (まとめ)今までの【配牌構想】の分類 Part.7 オタ風トイツ2組 





つい先日の牌譜より。

2010.07.11 天鳳にて
※東風戦・食いタン有り・赤3枚入り・テンパイ連荘・ダブロンあり・2,5万持ち3万返し

東パツ、西家スタート。

【東1局0本場】 西家 ドラ 九萬

<配牌>
100711o2_01.jpg
ドラの九萬がポツンと浮いている以外は、普通の配牌といった感じ。 
現状では単独字牌3枚。 内訳は、役牌・東が1枚、オタ風の南と北が1枚ずつ。

構想としては、普通に「五萬・6ソ」にくっつけての「タンピン・赤」が本線。 「一通」もありえるかも。 他にも、6枚あるピンズを生かし、字牌を重ねての「混一色・赤」なんてことも。 「混一色・一通・赤」まで行けばベスト。 となると、この時点での不要牌は「2ソ」ということに。

ちなみに、“ピンズでシュンツ1メンツ完成”・“五萬・九萬・2ソが浮き”という点は前回記事と同じ。
<前回記事の配牌&第1ツモ>
100617kao2_01b.jpg

で、最初のツモ。

<1巡目>
100711o2_02.jpg
二萬…。

このケース、何から切りますか?

*
*
*

自分は、

100711o2_03.jpg
二萬ツモ切り。 
2ソも不要だけど、この二萬も不要。 浮き牌・五萬のスジである二萬を先に処理。

それと、この二萬ツモにより、トイツ系の手になる雰囲気も感じられる。 既に「三萬・四萬」あたりはトイツ以上で持たれているのかも。 「3344m」に近い形で持たれているとか、三萬・四萬をそれぞれ別々にトイツ以上で持たれているとか。 となると、「五萬・九萬」が重なる可能性も大。

次巡、

<2巡目>
100711o2_04.jpg
1枚切れ・中をツモ。 当初の不要牌である、2ソ切り。

さらに次巡、

<3巡目>
100711o2_05.jpg
…パ、8ソ? 中途半端。 5ソをツモって両面になるならまだしも。

ここで「一通」も「混一色」も諦め、打1pとすることに。 今後の選択肢としては、「タンヤオ」」か「ピンフ」か、あるいは役牌を重ねるか。 いずれにしろドラの九萬がネック。

その後、「北・南」とツモ。(下図)

<6巡目終了時>
100711o2_09.jpg
南をツモって(2枚切れの)打中としたところ。

ここで、“オタ風のトイツ2組”のパターンに。 
この先、的を絞る必要が出てきた。(※下図参照)

<オタ風トイツ2組:考え方の概要>
オタ風2組一覧

現状でトイツ計3組。 せっかく重ねた南か北、どちらかのトイツを落として「ピンフ」に持っていくか、それともトイツを生かした「チートイ」か。 あるいは強引に「混一色」に持っていくか。 ドラ九萬を使い切るなら「チートイ」だけど…。 すぐにドラ九萬が重なるようなら「対々和」へ。

次巡、

<7巡目>
100711o2_10.jpg
3枚目の5pをツモ。 2枚切れの打東。 (※この直前、対面がドラ九萬切り。)

次巡、

<8巡目>
100711o2_11.jpg
4pをツモ。 横に伸びるのか。

このケース、何を切りますか? (※南・北はともに1枚切れ)

*
*
*

自分は、

100711o2_12.jpg
打6ソ。

もういい加減、「五萬・6ソ」へのくっつきを見切り。 「456三色」の可能性を残しても無駄と判断。 やはり、「南・北」ポンして動ける「混一色」を本線に。 メンツ的に何とかなりそうだし。 ただ、この先もしもドラ九萬が重なるようなら「対々和」へ。 ということで、次に切るのは五萬を予定。 親の現物である8ソを残しておく。

同巡、上家から3pが出て、これをチー。(下図)

<9巡目>
100711o2_14.jpg
3pをチーしたところ。 打五萬。 
このチーで「対々和」は消えたので、次あたりでドラ九萬を処理の予定。

次巡、8ソが重なったところで打九萬。 同巡、

<10巡目・上家の打牌>
100711o2_16.jpg
上家が6pを切ったところ。 これをチー。(下図)

100711o2_17.jpg
カン6pでチーしたところ。 打8ソとして1シャンテン。

この後、対面の親からリーチが入る。 用意してあった現物の8ソで凌ぐ。
2巡後、上家からが出て、これをポン!(下図)

<15巡目>
100711o2_20.jpg
北をポンしたところ。 掴まされていた五萬を勝負。(下図)

100711o2_21.jpg
五萬を切って勝負したところ。 (※この五萬を下家がチー)

序盤で「1p・9p」を切ってはいるものの、結果的には「混一色」に。 「混一色・赤」は3900のテンパイ。 最終的な待ちも前回記事と同様、4-7p待ち。 ピンズは場に高く、真ん中あたりは既に使われていそう。 それでも出てくるとしたら、3つ鳴かせてもらっている上家からか。 

一応、この後の準備としては、6pが重なった時にどうするかの問題だけ。 その時は、5pを勝負してシャボに受け替える方が良さそう。 ラス牌の南を拾う方向で。
 
***

<参考> 最終結果

100711o2_22.jpg 100711o2_24.png

序盤で感じた通り、やはり全体的にトイツ色が強い場だった。

親は三萬が暗刻(最終的に槓子)の5-8p待ち。(※純カラ) 
上家は、フリテンの3p単騎・「チートイ」テンパイ。(トイツの1組は四萬。
下家が鳴きたかったであろうは、上家と持ち持ち。 
自分の待ち牌4-7pも、ほぼ純カラに近い。 残り1枚が王牌に。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

07 ≪2017/08≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。