ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無敗の手順) ビデオ「ツカンポ日記」より 【東1局0本場】

今回から全8回に渡って、ビデオ「ツカンポ日記」収録時の対局を特集。 近代麻雀ゴールド掲載の「無敗の手順」で解説されていたものを全て取り上げていくことに。(記事からの引用は、あくまで“引用の範囲内”に留める。)

※動画紹介ページ → ビデオ「ツカンポ日記」■

***

<参考>
※半荘1回戦の勝負。 アリアリ・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫。
※対局は“真剣勝負”ではなく、完全に“遊び半分”とのこと。 
※対戦者3人の当時(1988年)のレベルは、雀鬼によると次の通り。(ちなみに、この3人と雀鬼とでは、“大人子供”くらいの実力差があるとのこと。)
  ・井出洋介 … B クラス (東大出身のプロ雀士として有名。われポンの解説でお馴染み。)
  ・馬場裕一 … D クラス (麻雀ライター。通称「メンチン」のバビィ。)
  ・片山まさゆき … それ以下 (漫画家。便宜上、F クラスとすることに。)  ※敬称略

      playerrank.png
    (※“ある程度打てる”レベルの中でのランク付けかと。)




今回は、東1局0本場。

1988年発売 ビデオ「ツカンポ日記」収録用対戦
※東南戦・食いタン有り・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫・2.5万持ち/3万返し

<今回の一言>
『同じ“色場”と言っても、2種類あるんだよ。』

【東1局0本場】 西家 ドラ 三萬

<配牌>
tknpT1-0_01.png
雀鬼は西家スタート。

オタ風・南のトイツ1組とマン・ピン・ソー3色での構成。 単独字牌2枚(西・発)はいずれも役牌。 両面1つに、カンチャン・ペンチャン1つずつ。 カンチャンはドラ三萬含み。 トイツは計2組。 自分からすると、至って“普通の配牌”に見えるが…

桜井:『(この配牌には)意志も方向性も形も、全く何も見えない。 ただ牌が並んで来てるってだけ。 オレの心境をよく表してる配牌。』

とのこと。 “打ち気の無さ・遊び半分”の気持ちが配牌に出ているということらしい。 
で、最初のツモ。

<1巡目>
tknpT1-0_02.png
中をツモ。 打1p。(下図)

tknpT1-0_03.png
打1pとしたところ。

桜井:『親の井出君の第1打が1pで、片山が4p。 それにオレが1pということ(※3人ともピンズということ)で、一応意識の先にはマンズかソーズ(の色)というのを置いておく。 中でもマンズの方。 ドラが三萬だし。 麻雀というのは大体、ドラを中心に回るもんだからね。』

ちなみに、「1p・4p・1p」とスジで3枚切られているということで、既に“トイツ場”の兆しも見えている、とのこと。 以上をまとめると、誰かの最終形が“”(「混一色・清一色」)とか“トイツ”(「チートイ・対々和」)とかになる可能性が高いことを、この時点で予想。

次巡、

<2巡目>
tknpT1-0_04.png
中が重なる。 打8p。(下図)

tknpT1-0_05.png
打8pとしたところ。 これでトイツ3組に。

桜井:『井出君はいい感じで切れている。 調子の良さが表れている。 それも流れに自然な型から切り出せてるのが見て取れる。 一方、片山は異常な切り出し。 まあ彼の腕だと、それほど先を見越して切れる訳じゃないから、型が決まってるんだろうね。 タンヤオを外した「チートイ」とか「チャンタ」とか。 当然、ソーズの「混一色」とか。』

 <参考:この時の片山の手牌>
tknpT1-0_21.png

桜井:『で、これ一番目立つ捨て牌じゃん? 先頭切ってるわけでしょ? てことは、片山が場を引っ張っていく可能性が高い。 和了るとか振り込むとか。 コイツの動きで物事が決まっていくってこと。』

確かに、この先そういう展開になることに。

桜井:『で、片山だけじゃなく、オレ自身もが重なったことで“トイツ系”とマンズの“色”が見えるから、勝負はどの道、“トイツ系”か“色”のどっちかで決まるだろうね。』

実際、そうなる。

桜井:『あと、馬場の第1打がね。 第1打にこういう字牌しか切るもんがないというのはツイてない証拠。 麻雀では不要な端牌がポンポン切れてる時が一番状態がいいわけ。 今回の井出君みたいにね。 だから今日は馬場は負けだよ。 恐らく、九萬とか 9ソ のトイツが最初からあって、それを落とせないから北を切ってきたんだろうけど。』

 <参考:この時の馬場の手牌>
tknpT1-0_22.png

桜井:『後々、それ(九萬か9ソのトイツ)を落としてくるんだと思うよ。 でも、そういう打ち方ってのは初心者の打ち方。 雀鬼流では(以下略)。』

この後、なぜ“第1打・字牌切り禁止”としているか、の説明が続く。

桜井:『それで、馬場に九萬のトイツが入っているとすると、他の誰かに 9ソ のトイツが入っている可能性がある。』

 <参考:この時点での他の誰かの手牌>
tknpT1-0_23.png

桜井:『それは何故かって言うと、“トイツ場”だから。 オレの手にトイツが3組あって、第1打で1-4pが3枚切られてるじゃん? だから例えば、最終的に6-9ソ待ちになったって、9ソが1枚切られてると、「あ~、9ソは残りあと1枚しかないな」という判断になるわけ。 ただ、“トイツ場”と同時に“色場”も見えてる。 オレの手はどちらかというと“色場”に向かった方がいい形。』

雀鬼の手自体も、(色本線気味の)“色とトイツの天秤”状態ということに。

桜井:『それでこの先、もしも馬場が九萬9ソ のトイツ落としをせずに「リーチ!」と来たら、“トイツ場”を利用して手を作ってるってことだから、字牌か何かのバッタで討ち取られるのを避け、真ん中の牌を切っていこうって発想になるわな。』

つまり万が一、馬場から早いリーチが来たような場合は、ほぼ“ヤオ九牌同士のシャボ”(片割れは九萬か9ソ)というのを、この段階で既に予想している。

そしてこの後、立て続けにが切られる。(下図)

<3巡目・対面の打牌>
tknpT1-0_06.png
対面の井出が馬場に合わせて南を切ったところ。

桜井:『相変わらず井出君が一番柔軟性のある切り方をしてるね。 このまま行けば、いい流れで和了れるかもしれないよ。 で、オレに打ち気があったら、この2枚目の南は鳴いて前に出て行ってるね。 まあ、東パツ&オタ風ということで、“鳴き場”には取らず、面前でツモの良否を見てるって感じ。 でも、本来なら鳴きだよ。 ここで鳴けば、“色場”のオレか片山の和了りなんだけど、コイツらがどんな麻雀を打つのか見てみっか、みたいなノリだったのでは?』

この後、5pをツモ切り。 

<3巡目終了時>
tknpT1-0_06b.png
5pをツモ切ったところ。

桜井:『片山とオレの捨て牌を見ると、明らかに色の道が見えている。 片山がソーズでオレはマンズ。 だって(二人で計)6枚の捨て牌のうち、5枚がピンズなんだよ? その一方、馬場の捨て牌は「北・南」で、色とトイツの道を外しちゃってる。 だけど、オレがマンズ・片山がソーズを集めてるもんだから、馬場にはピンズが多く流れてくる可能性がある。 だから最終形は、ピンズが多いんだけどマンズとソーズも少し残ってるとか、あるいはピンズと何かの2色の手になってるとか、そういう感じになるんだろうね。』

 <参考:馬場の最終形>
tknpT1-0_24.png

桜井:『この局が完全な色場で、馬場も色の道を外していなければ、オレのマンズと片山のソーズの伸びの影響で馬場にもピンズの一色が入り、“三つ巴の交通事故”みたいな形で勝負が決まるんだけどね。』

しかし馬場は、配牌の時点で思い切ってピンズの一色までは見ず、無難に字牌から切り出し。

桜井:『オレとしても、捨て牌でオールピンズを払ってるんだから、出来ればマンズか字牌を引き、ソーズを払って色の道に進みたいところだけど、南を叩かなかったからね。 まあ、オレのツモ筋にマンズがどれだけいるかだよ。 それ次第では1ソのトイツが手に残っちゃうから、色場よりトイツ場の方が濃くなりますよってこと。』

そして次巡。

<4巡目>
tknpT1-0_07.png
五萬をツモ。 打2ソ。(下図)

tknpT1-0_08.png
打2ソとしたところ。 これでトイツ4組、「チートイ」2シャンテン。

桜井:『この時点で(場に)1-4-7pが4枚に、5-8pも4枚切れてんだから、完全にトイツ場も見えてる。 それで8pが3枚出たってことは、馬場にピンズの「一通」はなくなってきたね。 色場の時ってのは、一色に順ずる「一通」も見てなきゃいけないわけだから。』

更に次巡、

<5巡目終了時>
tknpT1-0_09.png
5pをツモ切ったところ。

桜井:『これでオレの捨て牌には5pがトイツになり、手の内にもトイツが4つ。 オレが南を叩かなかったことで、場はどんどんトイツ系の方向に進んでる。 こういう時ってのは、一色をやってる片山に「メンホン・チートイ」とか、トイツ系崩れの「二盃口」みたいな手が入ることがある。 だからオレの手に浮いている「西・発」なんてのは危ないから簡単には切れなくなってくるんだよ。 切ると、「ロン! メンホン・チートイ!」みたいな。 これが同じ色場でも、ピンフ場の濃いケースなら、逆に「メンホン・一通」なんて手が入るから、「西・発」は勝負に行きやすいんだけどね。 まあ、同じ色場でもトイツ場が濃いのとピンフ場の濃いのと、2種類あるんだよってこと。』

 <参考:片山の最終形>
tknpT1-0_25.png

桜井:『でも、一色よりもトイツ系の手で勝負はついちゃうだろうね。 単騎とかシャボだとか。 それと、馬場を除いた3人がこれだけピンズを安くしてるから、和了りを決めるのは最初に言った通り、(ドラ色の)マンズかソーズになる可能性が高いよ。』

次巡、4ソをツモ切り。 更にその次巡、

<7巡目>
tknpT1-0_10.png
ション牌の白をツモ。 打七萬。(下図)

tknpT1-0_11.png
打七萬としたところ。

桜井:『これはもう完全に相手のトイツ系に対して受けに回り、自分の手も「チートイ」1本に決めた一打だね。 今なら西は切れるけど、「白・発・三萬」の3枚は切れないから。 この3つの内の2つを重ねて、残った牌の単騎待ちという形でしか勝負にならないんだよ。 だから、「西・八萬」あたりが重なったとしても、その時は1ソのトイツを落として受けに回りながら、マンズの一色へ移行という形を取るだろうね。』

自分だったら、ここで1ソのトイツを落としてそう。

桜井:『それに1ソだって片山は欲しい牌だろうから、場が煮詰まってきたら切れないよ。 井出君が1ソを1枚切ってるから、オレの目からは3枚。 あと4ソも1枚切れてるから、片山には1-4ソの両面待ちもあれば、1ソ単騎だってあるわけだし。』

次巡、

<8巡目>
tknpT1-0_12.png
1枚切れの北をツモ。 打八萬。(下図)

tknpT1-0_13.png
打八萬としたところ。

桜井:『この北だって、まだ1枚しか切れてないからね。』

数巡後、

<10巡目・上家の打牌>
tknpT1-0_15.png
上家・片山が発を切ったところ。

桜井:『まず、馬場の方。 やっぱり九萬のトイツを落としてきたね。 手の内にピンズが多いのに9pを切ってきたってことは、8pの3枚切れを見て「一通」を諦めたんだな。 この9p切りでピンズはいっぱいいっぱいの形のはず。 で、その直後に九萬のトイツを払って「タンヤオ」に向かい、せいぜい手は「タンヤオ・ドラ1」ぐらい。 しかもマンズはカン四萬とかカン五萬の受けがあり、ソーズもカンチャンの受けが残ってるんだろうね。』

実際、その通りの手牌に。

 <参考:この時の馬場の手牌>
tknpT1-0_26.png

なぜ、それが分かったか?

桜井:『だって両面2つの1シャンテンならリーチを考えるから、わざわざ九萬のトイツを落として「タンヤオ」に向かったりしないじゃん? 仮にカン四萬と4-7ソ両面を待ってるとしても、先にカンチャンが埋まれば両面待ちでリーチ!と行けるから、九萬のトイツは雀頭として残しておくよね? それに「2ソ・8ソ」が切れてるでしょ? これが「3ソ・8ソ」あたりなら、4-7ソの両面受けはあるんだけど…。』

言われてみれば、確かにその通り。

桜井:『次に片山。 意味のあるが出てきたね。 残るは、オレが持ってる牌だと「白・北」がネックになる。 それにもまだ1枚も見えてない。 だけど、場全体を見ると、字牌は決して高くない。 ということは、井出君はマンズを1枚しか切ってないけど、実は手の内にマンズをそんなに持ってないのかも。 字牌のトイツとマン・ピン・ソーの3色を使った「チートイ」になってる可能性がある。 馬場が九萬を切ってきたことで、最初に言った9ソをトイツで持っているのも見えてくるし。 だから字牌は片山だけじゃなく、井出君にもやばいね。』

 <参考:この時点での井出の手牌>
tknpT1-0_27.png

次巡、

<11巡目>
tknpT1-0_16.png
六萬をツモ。 打西。(下図)

tknpT1-0_17.png
完全安牌(既に3枚切れ)の西を切ったところ。

桜井:『完全に受けに回った格好。 ちなみに、上家の片山がこんな所で手の内から二萬を切ってきたってことは、ドラ含みの両面を持っていたとしか考えられないから、次に出てくるのはドラ三萬だよ。』




<最終結果> 

tknpT1-0_18.png
ソーズ「メンチン」のテンパイが入った片山が打三萬とすると、これが井出の「チートイ・ドラドラ」(ドラ三萬単騎待ち)に刺さる。 片山の手は「ピンフ・清一色・(高目)一盃口」。 高目かツモ和了なら倍満という手で、更に「二盃口」への振り替わりもある形。 

tknpT1-0_19.png

ということで、1巡目終了時点で既に予想していた通り、“”(「清一色」)と“トイツ”(「チートイ」)とで勝負が決まるという結果に。 

ちなみに、井出の状態の良さは以下のような点でも見て取れる、とのこと。

・片山の待ち5-8ソの5ソを2枚殺してる。
・ラス牌のドラ三萬を拾えている。
・片山がマンズの両面「二萬・三萬」を払わずに「ピンフ」のテンパイに取っていたとしても、井出の四萬切りは1巡間に合っている。
 

桜井:『井出君は二重・三重の意味でラッキーというか、状態がいい。 ただ、ダマテンにした直後に和了ということで、まだ完璧な流れに入っているわけじゃあない。 もしも、1巡まわしたリーチの後でドラ三萬が出ていたら、もっと良かった。 そんな展開だったら、ツケ入る隙がない、相当ヤバイ状態になってたよ。』



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

08 ≪2017/09≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。