ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無敗の手順) ビデオ「ツカンポ日記」より 【東2局2本場】

全8回を予定している、ビデオ「ツカンポ日記」での「無敗の手順」解説。
今回は2回目。 → 前回記事 ■  → 次回記事 ■

***

<参考>
※半荘1回戦の勝負。 アリアリ・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫。
※対局は“真剣勝負”ではなく、完全に“遊び半分”とのこと。 
※対戦者3人の当時(1988年)のレベルは、雀鬼によると次の通り。(ちなみに、この3人と雀鬼とでは、“大人子供”くらいの実力差があるとのこと。)
  ・井出洋介 … B クラス (東大出身のプロ雀士として有名。われポンの解説でお馴染み。)
  ・馬場裕一 … D クラス (麻雀ライター。通称「メンチン」のバビィ。)
  ・片山まさゆき … それ以下 (漫画家。便宜上、F クラスとすることに。)  ※敬称略

      playerrank.png
      (“ある程度打てる”レベルの中でのランク付けかと。)




<ここまでの経過>
【東1局0本場】 親の井出が片山から「チートイ・ドラドラ」9600を和了。
【東1局1本場】 全員ノーテンで流局。
 
今回は、その次局。 流れ2本場。

1998年 ビデオ「ツカンポ日記」収録用対戦
※東南戦・食いタン有り・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫・2.5万持ち/3万返し

<今回の一言>
『陽が射してるとこを集めれば、自然と和了りは付いてくるんだよ。』

【東2局2本場】 南家 ドラ 三萬

ここまでの状況を確認すると…

桜井:『東パツは井出君と片山に完全な型の手が入ったのに対し、オレの手は方向性もなく、しかも受けに回らざるを得ない状況だった。 二人とはかなり状態の差があると言える。 しかし、その次局はオールノーテンに。 これは四者の間の状態が“振り出し”に戻ったような感じ。 それは今回の配牌にも現れている。(※下図参照)』

<配牌>
tknpT2-2_01.png
単独字牌2枚にマン・ピン・ソー3色構成。 トイツ1組、ピンズでシュンツ1メンツ完成。 マンズでのトイツ1組はカンチャンターツ絡み。 他はターツなし、ドラ三萬もなし。

桜井:『ピンズの「456」1メンツを中心に、六萬と4ソで「456三色」の方向性が見えてるでしょ? かなり遠いけど。 でも、1局全員ノーテンを挟んでるんで、東パツみたいな足止めは食らわず、少し前へ進める状況にある。 オレか馬場のどっちかに和了りが出る局も近いね。』

実際、そうなることに。 

桜井:『あと、オレに三色目があるってことは、同時性で三色場に動く可能性があるから、真ん中と上と下(の三色)を見て打ってかなきゃいけない。』

確かに、最終的に誰かが「タンピン・三色」でテンパイすることに。

桜井:『もう一つは、東パツに続いてまたも三萬がドラになっていること。 だから、しばらくは“3”の目を見ていかなきゃいけない。 「三-六萬・3-6p・3-6ソ」あたりね。 今日の対局(半荘)は、節目の局で“3”が絡んでくるだろうね。』

で、最初のツモ。

<1巡目>
tknpT2-2_02.png
3p をツモ。 打9ソ。(下図)

tknpT2-2_03.png
打9ソとしたところ。

桜井:『いい牌が引けたね。 カン2p受けとは言え、「456三色」に行くのに足りなかった1メンツの候補が一応は出来たし、「一通」にも行ける。 それに、さっき言った“3”のスジの3pでしょ?』

次巡、

<2巡目>
tknpT2-2_04.png
三萬 をツモ。 打西。(下図)

tknpT2-2_05.png
打西としたところ。

桜井:『これ、「456三色」一本ではなくなってきた。 三萬を引いたことで、三色は456から「123三色」に移行する可能性も出てきたよ。 今後のツモ次第で変化。 一つのことだけに執着してる人には打ち切れない手だね。』

つまり、この後(仮に)1ソをツモってきても、うっかりツモ切ったりしない“準備をしておく”必要があるということに。 ツモってきてから気付くようでは遅い。 ましてや、気付かずにツモ切るのは論外。

桜井:『で、オレの三色が下の方に移行するってことは、相手の三色は真ん中から上を見ていかなきゃいけない。 “三色の同時性”ってのは、真ん中同士の戦いになるなんてことはあまりないからね、枚数的にも。 たいてい、“ 123 vs 789 ”とか、“ 端っこ vs 真ん中 ”みたいな形になるもんだよ。』

実際、そうなることに。

桜井:『で、同時性の三色をやってんのは誰かということになると、まだ三者とも普通の切り出しなので、全員に可能性がある。 それに、3人の切り出し(井出がマンズ・片山がピンズ・馬場がソーズ)を見ても、最終的には三色で決まるってのが分かるよ。』

次巡、

<3巡目>
tknpT2-2_06.png
2ソをツモ。 打9p。(下図)

tknpT2-2_07.png
打9pとしたところ。

桜井:『これ、2ソを引いたってことは、今度は「234三色」なんだよ。 カンチャン受けを見切って、4pや7p、それに四萬あたりを引いてきた方が全然いいでしょ? ピンズの下をカン2pって見る奴は手が遅い。 4p・7p引きの変化を視野に入れ、ピンズは2メンツで十分と考えれば、9pは不要だよね。 だって、マンズ・ソーズにも1メンツずつ材料があって、もう4メンツ足りてんだから。』

雀鬼の場合、「一通」と「三色」両方見える場合は「三色」の方を見るとのこと。

桜井:『あと、自分の三色が「456」→「123」→「234」と変化してるってことは、同時性の三色をやっている誰かさんも「789」→「678」になる可能性があるよ。 それが誰かはまだ分からないけどね。』

次巡、

<4巡目>
tknpT2-2_08.png
3ソ をツモ。 打東。

tknpT2-2_09.png
ション牌の打東としたところ。 鳴かれず。 1シャンテン。

桜井:『ここまで無駄ツモなしだよね? しかも面白いことに、「3p・三萬・3ソ」と、最初に言ったネック牌を連続して引いてるじゃん? だからツモに関しては修正されてきた。 種が育ってる感じ。 今にポーンと大きいのを和了れるかもしれない。』

実際、この後、大きな手を和了ることになる。 しかも“3”のスジ絡みで。

桜井:『ただ、オレの手がここまで伸びてるってことは他の3人の手も伸びてるのかもしれない。』

 <参考:この時点での四者の捨て牌>
 tknpT2-2_09a2.png

桜井:井出君だけが字牌を1枚も切ってないから、オレとの三色の同時性は片山か馬場という事になる。 で、字牌を2枚切ってるオレの手が「234三色」のそこそこ「タンヤオ」系ということを考えると、3枚切ってる片山は「タンヤオ」。 1枚切ってる馬場は「タンヤオ」じゃなく「ピンフ」で決まる可能性も出てくる。 ただ、足の早さはと言うと、片山はまだ字牌の処理をしている段階だから、もう少し時間がかかりそう。 一方、馬場は早いね。 第1打の西切りで字牌の処理が終わり、直後に3ソ・6ソをツモ切ってるくらいだから、オレ以外に足が早い犯人は馬場だってこと。』

<参考:この時点での馬場の手牌>
tknpT2-2_09b.png

桜井:『当時、石橋を叩いて渡るような麻雀を打ってた男が、こんな早い段階で3ソ・6ソを切ってんだから早いに決まってんじゃん。 ただ、この6ソ切りは、ソーズ(でメンツ)が完成したというより、「667」の形からの1枚落としみたいな可能性はあるよ。』

実際、この時の馬場は6ソが重なったにもかかわらず、そのままツモ切るという“浮かせ打ち”の一手。 雀鬼によると、当時はこういうのを“テクニック”と称し、何とかして自分の手を隠そうとしていた風潮が全体的にあるとのこと。 曰く、“隠れんぼみたいな麻雀”。

次巡、7ソをツモ切り。 その次巡、

<6巡目>
tknpT2-2_10.png
七萬をツモ。 打1p。(下図)

tknpT2-2_11.png
打1pとしたところ。  1シャンテンは変わらず。

桜井:『これは2-5-8mの受けを残しつつ、最終的にはピンズを伸ばして2-5-8p受けを狙っていきたい一打。 こうしておけば、この先マンズの来方によっては一萬を落としたり八萬を落としたり、柔軟に対応できるからね。』

そして、3人の捨て牌を見て、気付くこと。

桜井:『この巡目になるまで井出君から字牌が出てこなかったってことは、一人だけ三色やタンピンの型から外れてるんだろうね。 でも、ここまでの流れからすると、何らかの型は残ってるはずなんだよ。 じゃあ、それは何か。 片山の2枚目の南が切れる前に南を放してるのを見ると「チートイ」はない。 そうすると、オレがこの場で外した「一通」か色場かってことになる。』

まさに、その通り。(※下図参照)

 <参考:この時点での井出の手牌>
tknpT2-2_11a.png

桜井:『で、片山は完全に「タンヤオ」系で、三色なら真ん中。 馬場は6ソ切りでゴマかしちゃいるけど、同じ三色でも上の方。 2pなんてのを払ってきたところを見ると、マンズはいっぱい持ってるのかもしれないね。』

 <参考:この時点での片山・馬場の手牌>
片山
tknpT2-2_11b.png 
馬場
tknpT2-2_11c.png

次巡、

<7巡目>
tknpT2-2_12.png
2ソをツモ。 打八萬。(下図)

tknpT2-2_13.png
打八萬としたところ。 

桜井:『この八萬は馬場に刺さっちゃうかな~?という感じで切ってる。 一手がわり三色の「ピンフ」のみで、「ロン! 1000点!」ならラッキーぐらいの気持ちでね。』

ちなみに、ここで2ソではなく八萬を切った理由としては、馬場に三色が入って「リーチ!」と来られる前に処理しておくためということと、マンズの上は馬場にゴチャゴチャと持たれているだろうから、ということらしい。 一方、2ソの方は3ソが3枚見えてるからヤマにいる可能性があり、受けにも使えるから、とのこと。

この後、「発・6ソ」と続けてツモ切り。(下図)

<9巡目終了時>
tknpT2-2_14z.png
6ソをツモ切ったところ。

この段階での三者の捨て牌を見て気付くことは?

桜井:『まず、井出君は二萬切りの時点では、「二二三」からの二萬外し、あるいは「二三三」からドラ三萬を雀頭にした「一通」みたいな可能性もあったんだけど、2巡後に三萬をツモ切ってきたんで、その線は消えたね。』(※下図参照) 

 <参考:この段階での四者の捨て牌>
tknpT2-2_14z2.png

桜井:『そうすると、残るはピンズの一色。 恐らく1シャンテンくらいにはなってんじゃない? それで1pと9pが2枚ずつ切れてるのを見ると、「一通」はちょっとないかな。 あとは場に1枚ずつしか切れてない東・発・中」のどれかをトイツで持ってるのかもしれないね。』

 <参考:この時点での井出の手牌>
tknpT2-2_14b.png

ほぼその通り。 ちなみに、この直後、が重なってトイツになる。

桜井:『馬場はマンズの上がゴチャゴチャっとある形で、五-八萬・5-8ソあたりの受けがある1シャンテンがテンパイ。 これはもう、いつリーチがかかっても不思議じゃないね。』

 <参考:この時点での馬場の手牌>
tknpT2-2_14c.png

ズバリその通りの手格好。

桜井:『で、片山は8ソを切った時点で、ソーズのメンツは完成しましたよっていう形の1シャンテンかな?と思ってたら、直後に5ソを手の内から切ってきたんで、この5ソ切りでソーズは手じまいになった形だね。 馬場の3打目の6ソは、まだソーズの受けが残ってるんだけど、片山の5ソ切りはその逆。 残るはマンズ・ピンズ受けの、ドラ三萬1枚使いみたいな形が見えるよ。』

 <参考:この時点での片山の手牌>
tknpT2-2_14d.png

桜井:『それで、オレの目から3ソが3枚見えてることと、片山の8ソ切りから考えると、片山の手には4ソ~7ソまでを使ったソーズの2メンツがあり、マンズは三萬含みの「三四五六」みたいな形もあるんだけど、ピンズの真ん中メンツが抜けてるから三色にはなってない、ってとこだろうね。』

…正にその通り。

桜井:『ただ、8ソ切りってのがもったいない気がする。 当然、次巡の5ソ切りもそうなんだけど、ここら辺を取っておけば局面に参加できたんじゃないかなって気がするよ。(※詳細後述)

次巡、

<10巡目>
tknpT2-2_15.png
5pをツモ。 打一萬。(下図)

tknpT2-2_16.png
打一萬としたところ。

桜井:『オレはマンズの下(一萬・三萬)をメンツ候補と見てなくて、ドラ三萬を孤立牌と見てるからね。』

この後ずっとツモ切り。




<最終結果> 
tknpT2-2_17.png
井出が8ソを切ると、これが馬場のダマ「タンピン・678三色」の高目放銃となる。

tknpT2-2_18.png
切り上げ満貫で、8000は8600点。

桜井:『こんなのリーチでしょう。 仮に一発では出てこないにせよ、いずれ出てくる牌なんだから。』

***

ちなみに、 8巡目の片山の打牌について。

 <参考:8巡目での片山の手牌>
tknpT2-2_19.png

ここは一見、“8ソ切り”で問題なさそうに見えるが…。

桜井:『この時の片山の流れから考えれば、ここは“7p切り”。 8pを雀頭に固定して、マンズの伸びを見ながら、カン7ソの受けを取るのが一番いい。 片山は東パツにソーズのメンチンが入ってるくらいだから、ソーズには勢いがあるんだよ。』

この時の片山は、ここで「8ソ・5ソ」と落として行く。 その後すぐに「3ソ・7ソ」とツモってきているので、本来なら「3-6-9ソ待ち」でテンパイしていたことに。(※下図参照)

 <参考:片山の本来の最終形>
 tknpT2-2_20.png

桜井:『ここでの片山の意識としては、ソーズマンズ、最後にピンズの順番じゃなきゃいけない。 大体これ、「788p」てのは早い段階からあったんでしょ? 完全な“死にメンツ”だよ。 井出君がピンズを集めてんだから、それを考えてもピンズの受けは見切らなきゃ。 “捨てる勇気”ってやつだね。 麻雀ってのは、陽が射してる所を集めて行けば、自然と和了りは付いてくるんだよ。』



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

10 ≪2017/11≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。