ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無敗の手順) ビデオ「ツカンポ日記」より 【東3局1本場】

全8回を予定している、ビデオ「ツカンポ日記」での「無敗の手順」。
今回は3回目。 → 前回記事 ■   → 次回記事 ■

***

<参考>
※半荘1回戦の勝負。 アリアリ・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫。
※対局は“真剣勝負”ではなく、完全に“遊び半分”とのこと。 
※対戦者3人の当時(1988年)のレベルは、雀鬼によると次の通り。
 (ちなみに、この3人と雀鬼とでは、“大人子供”くらいの実力差があるとのこと。)
  ・井出洋介 … B クラス (東大出身のプロ雀士として有名。われポンの解説でお馴染み。)
  ・馬場裕一 … D クラス (麻雀ライター。通称「メンチン」のバビィ。)
  ・片山まさゆき … それ以下 (漫画家。便宜上、F クラスとすることに。)  ※敬称略

      playerrank.png
      (“ある程度打てる”レベルの中でのランク付けかと。)




<ここまでの経過>
【東1局0本場】 親の井出が片山から「チートイ・ドラドラ」9600を和了

【東1局1本場】 全員ノーテンで流局

【東2局2本場】 馬場が井出から「タンピン・678三色」の満貫を和了

【東3局0本場】 親の雀鬼が井出から「リーチ・123三色」の7700を和了
    <最終和了形(5~6巡目終了時)>
     tknpT3-1_00.png

今回はその次局、雀鬼の連荘となった1本場。

1988年 ビデオ「ツカンポ日記」収録用対戦
※東南戦・食いタン有り・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫・2.5万持ち/3万返し

<今回の一言>
『どうやっても一色手が和了れない局面ていうのがあるんだよ。』

【東3局1本場】 東家 ドラ 四萬

<点数状況>
・トップ:馬場 33600
・2着目:桜井 32700
・3着目:井出 18300
・ラス目:片山 15400


桜井:『井出君は馬場とオレに満貫級を振ってるから今は3着目だけど、東パツに親で「チートイ・ドラドラ」9600を和了ってるから意外とラッキーな状態にあると言えるだろうね。 麻雀は親で和了れば5割増しなんだから、親の時に和了れてる方が状態がいいわけ。 だから、今トップ目に立ってる馬場よりも、オレや井出君の方が状態の良さが現れてるってこと。』

さらに…

桜井:『それから、ここまでの流れを見ると、東パツはソーズの「一色手」をテンパった片山が井出君の「チートイ・ドラドラ」に放銃。 馬場が「678三色」を和了ったのは、ピンズの一色手をやっていた井出君から。 ということは、一色手はどれも負けけちゃってるよね。』

言われてみれば気がつくけど、確かにその通り。

桜井:『これは、色場(「一色手」)が出来にくい局面だって事だよ。 そこそこまでは行っても、和了りには結びつかない。 あと、ここまでの和了りは「チートイ」・「三色」と全て“型”が出来ている。 中でも「三色」は2回出ていて、状況的に「三色」が出来やすいと言えるだろうね。』

確かに、ここまで役なしの「リーチ・ドラドラ」とか、鳴いた「役牌・ドラ1」・「タンヤオ・ドラドラ」みたいな手は出ていない。

桜井:『あともう一つ、この局面で忘れちゃならないのは“アヤっ牌”の存在。 ここまで2回もドラになっている三萬だけじゃなく、“3のスジ”や“3の周辺”てのは大切に打ってかなきゃいけないよ。』

<まとめ>
Q1.満貫を和了るなら、親と子のどちらがいいか。 → A.
Q2.今の状況だと「一色」と「三色」、どちらを狙うのが有効か? → A.「三色」
Q3.この半荘で最も大切な牌は何か。 → A.三萬

以上を踏まえた上で、手順を見ていくことに。

***

<配牌>
tknpT3-1_01.png
親の配牌14枚。 ドラ四萬受け両面ターツ1つ、ソーズでトイツ2組。
ダブ東が1枚あるけど、決して“良い手”とは言えないような…。 

桜井:『これは456の三色がハッキリ見えてるよね。 まず、アヤっ牌の三萬のすぐ上の四萬がドラになっていて、しかもオレの手には「五六萬」という両面の受け入れがあり、ドラ四萬はいつでもいらっしゃ~い、という感じでしょ? だから、「五六萬」で1メンツ、5pにくっつけて2メンツ、4ソに「5ソ・6ソ」を持ってきて3メンツ。 あとは、「24ソ」の部分でどうにかするか、ダブ東を活かせばいい。 ということは、1ソのヘッドがある上に、5メンツの材料が揃ってんだから、メンツは1個あまりっていう状況だよ。 前回はメンツ候補が3つしかなかい配牌()だったのに、今回は5つも選択肢があるんだから、流れは一挙に良くなってるね。』

一見、バラバラの手牌で和了りまでは遠そうに見えるけど、そうでもないのか?

桜井:『これは完全に「456三色」という型が見えてるからね。 ここに、もしも4ソがないとか、ピンズが「89p」とかだったらマズいよ。 この配牌はパッと見ガタガタで、1メンツもないから手が遅そうだけど、こういうのが意外と早くまとまるんだよ。 ツモ次第でどうにでもなりますよ、ってこと。 っていうのも、ここまで自分の“ツモ力(ちから)”はそんなに悪くないしね。』

型に必要な種があるだけで、だいぶ違ってくるということか。 そして…

桜井:『それで、この手はダブ東を重ねて活かしていきたい手だけど、それは無理かもしれない。 ダブ東は伸びきらないだろうし、そもそも1枚重なることさえないだろうね。』

その判断の根拠は?

桜井:『前局の123三色(※冒頭、ここまでの展開を参照)は、ダブ東が頭のカン二萬で7700を和了っちゃったんだよね。 あれは、ダブ東をポンしたカン二萬での5800点の方がいいんだよ。 「リーチ・三色」の7700よりも。 ダブ東ってのは、1枚あってもダメ、2枚でもダメ、3枚あって初めて意味を成すわけ。 なのに前局、ダブ東がただの頭で終わってるから、この局も東は重ならず、活かしきれないだろうなってこと。』

流れが判断材料に…。

桜井:『あれがもし、“ダブ東ポン”という二役を利用して和了れていたら、色場の流れに変わっていく可能性もあるんだよ。 そういう点からも、しばらく色場にはなりにくい状況だってことが分かるでしょ? だから、この局は、“三色”と“トイツ系”、この2つを意識しながら打ってかなきゃいけない。 オレの配牌は三色型ではあるけど、1ソと4ソというスジ牌がそれぞれトイツになってるわけだから、誰か他の人間がトイツ系で手を伸ばしてくる可能性がありますよってこと。』

ということで、第1打は…

tknpT3-1_02.png
打一萬。

桜井:『問題ないよね。 第1打に切れる1・9・字牌が3つもあるってのもいい。 この3枚の切り順としては、「一萬→9p→9ソ」という切り出しに。 9ソっていうのは、重ねて「メンホン・チートイ」に持っていく可能性もあるから。 まあ、恐らく色の方には伸びないだろうけど、もう一方の「チートイツ」ってのも見てね。』

次巡、

<2巡目>
tknpT3-1_03.png
4pをツモ。 打9pとする。

桜井:『ベストだよね。 456の手材料の一つが来たんだから。 前回と違い、最初の目安通りにツモが来てる。』

次巡、

<3巡目>
tknpT3-1_05.png
カン3ソをツモ。 打9ソ。(下図)

tknpT3-1_06.png
打9ソとしたところ。

桜井:『本当なら、456になる5ソの方がいいやね。 でもまあ、1メンツ完成だからOK。 あとは4ソに5ソをくっつければいいんだから。』

次巡、

<4巡目>
tknpT3-1_07.png
5ソをツモ。 打八萬。(下図)

tknpT3-1_08.png
打八萬としたところ。

ここで、打西ではダメなのか。 八萬を残しておけば、重なり次第で「タンヤオ」もつく。 そう考えると、ここでは馬場の西に合わせて打西でも良さそうだが…

桜井:『西を合わせて切っちゃうと、残った東と八萬のどちらかがリーチ宣言牌になって鳴かれちゃう可能性があるでしょ。 一発消しみたいな感じで。 それに、もしここで東を切って鳴かれると、ここまで良い流れで来ている自分のツモを変えられる可能性もある。 だから東でも西でもなく、八萬から先に切ってるんだよ。 そもそも、1ソが頭でも十分かな?ってなとこ。』

ちなみに、この時点での3人の捨て牌。

tknpT3-1_08b.png

桜井:『全体的に端から真ん中に寄せてくる可能性が見え始めてるね。 特に馬場。 恐らく配牌から「タンヤオ」が作りやすい形で、真ん中の345や456の三色も見えるんだけど、中張牌のトイツがいくつか入っているせいで、三色の道から外れて行き、最終的にはただの「タンヤオ」と…。 ただ、三色という型からは外れても、マン・ピン・ソーの3つの色を使った最終形にはなるだろうね。(※下図参照)

<参考:馬場の配牌 → 現時点での手牌 → 最終形>
tknpT3-1_19.png

まさしく、その通り…。 なぜ、そう判断できるのか?

桜井:『ここまでの流れと、オレの手との同時性だよ。 まず、最初に言ったように、この場は三色かトイツ手の流れだってのがあるよね。 で、オレの手は456の三色にはなってるけど、1ソと4ソのスジ牌をトイツで使った“混合型”でもあるわけだよ。 それで馬場の捨て牌はというと、明らかにタンヤオのど真ん中じゃん? これが234とか678だとオレの456とは重ならないから、「タンピン・三色」の形になる可能性もあるんだけど、モロにオレの456とカブってるでしょ? だから三色をやろうにも、牌がトイツで重なってしまい、ゴチャゴチャした手になっちゃうんじゃないかなってこと。』

そう言われてみれば、そうなのかという感じ。

桜井:『じゃあ、上の三色と下の三色をやってるのは誰かってことになる。 「678/789」と「234/123」の三色型は、中盤以降、最終的に誰かの手に残るはずなんだよ。 オレの手との同時性からね。 そうすると、3巡目に下スジの2ソを放してきた井出君は上の三色。 残った片山は上スジの8ソを切ってるから下。 ただ、第1打に1pを切ってるから123の三色はない。 あるとしたら234だろうね。 この段階ではまだ全ての材料が揃ってはいないかもしれないよ。 でも、「678・234」の種は持ってるだろうな、ってこと。(※下図参照)

<参考:この時点(3巡目終了時)での井出・片山の手牌>
tknpT3-1_20.png

確かに井出には「678三色」、片山には遠くに「234三色」が見えている。

桜井:『字牌を3枚切ってる馬場は「タンヤオ」目一杯の形、字牌が2枚の井出君は馬場の次に中張牌が多い。 ってことは、最終的に「タンヤオ・三色」ではなく「ピンフ・三色」になるかもしれない。 で、片山は字牌が1枚だから、中張牌は一番少なくて、まだまだハジ牌…、9pだとか九萬とかをトイツで持ってる可能性があるね。 あるとしたら九萬かな?』

確かに、片山の手には九萬のトイツがある。(※上図参照) なぜ、そこまで分かるのか。

桜井:『こんなの単なる確率の話だよ。 1・9牌は九萬以外はどれも1枚か2枚見えてるからっていう、ただそれだけ。 で、九萬を残して8ソを切り、その後に手の内から南が出てきたってことは、最初に思ったようにマンズを結構持ってんのかもしれないね。 八萬はオレが1枚切ってるから、その下の七萬とか六萬とかをトイツで持ってて、四萬を中心にした「345m」みたいな形があると。 でも、ピンズの下メンツ、「234p」あたりが出来ちゃったため、とりあえずオタ風の南を1枚放して様子を見てる、というね…。』

実際、片山の手には七萬のトイツがあり、マンズの下は「35m」の形、2巡目に2pをツモって234pで1メンツ完成している。

桜井:『何か、この南切りは中途半端意な印象なんだよ。 一色か三色か、あるいはトイツ系かってので迷ってるような。 それに、オレが切った八萬にも動きがないってのを見ると、マンズはそこそこ持ってるけど、まだ完全に出来てるわけじゃなく、2ソあたりを1枚持って「234三色」に備えてる、って感じかもしれないね。』

まさしく、その通りの手格好。

桜井:『オレは、そういう情報ってのを、チラッチラッと見ては考えてんだよ。 もしも片山がオレの八萬を鳴いて、打4ソときたら、次に手の内から出てくるのは2ソだなとか、八萬を鳴かなかったってことは、トイツで持ってるのは七萬だから、オレの四-七萬待ちは高目のドラ四萬の方を引けるかな、とか。』

凄い…。

桜井:『ついでに言わせてもらえれば、片山にマンズが多いってことは、ピンズとソーズはどこに行ったんだってことになるじゃない。 で、オレの手にはソーズが多いと。 そうすると、残ったピンズは井出君か馬場のどっちかだよね。 それで井出君は普通の「ピンフ・三色」なのに対して、馬場は何かの牌がゴチャゴチャとダンゴで入ってる。 じゃあ、それはピンズなんじゃないかな?ってことになるじゃん。 犯人は馬場だと。』

確かに、馬場はこの時点でピンズを7枚も持ってる。(※上図参照)

次巡、

<5巡目>
tknpT3-1_09.png
高目の6ソをツモ。 ション牌の東切りとするも、鳴かれず。 これで1シャンテン。

桜井:『これだけ字牌が安いと鳴かれることはほぼ無いだろうね。 それに前局、親のオレがダブ東を生かしきれなかったぐらいだから、東は“死にっ牌”なんだよ。 仮に鳴かれても、この場は色が死んでるんで恐くないし。 ただ、“東切り・リーチ”だと一発を消される可能性があるから、先に切っとくかって感じだよ。』

次巡、

<6巡目>
tknpT3-1_11.png
またも高目の四萬をツモってテンパイ。 即リー。(下図)

tknpT3-1_12.png
西切り・リーチとしたところ。 「メンピン・ドラ1・(高目)456三色」。
ここまで全く無駄ヅモなし。 あっという間のテンパイ・即リー。

桜井:『完璧だよね。 で、片山の手に「234p」のメンツがあるから、3pは1枚。 井出君は678の三色だから、6pはもしかしたら1枚持ってるかもしれないけど、3pは持ってないね。 4p切りを見る限りでは。』

ちなみにこの直後、リーチの一発目に馬場が無スジの8pを切ってくる。

tknpT3-1_16.png

桜井:『これは絶対、6pか7pを暗刻で持ってるってことだよ。 まあ恐らく、6pが暗刻で「334p」みたいな形も手にある。 しかも、オレの現物で唯一の中張牌・八萬は持ってない。 ってことは、片山に七萬のトイツがあるから、馬場のマンズは三萬~六萬の間で3・4枚なんだよ。 残ったソーズは「67ソ」の両面か、「567」といった形なんだろうね。』

<参考:この時点での馬場の手牌>
tknpT3-1_17b.png

…その通り。 ほぼ丸見え状態。 ちなみに、3-6pは薄いのが分かっているが、感触は?

桜井:『地獄の流れじゃなく、活きてる流れだから、そのまま行っちゃうだろうね。 これだけ薄いから一発目じゃなく、二発目にツモるのが自然。 まあ、完全に三色の流れに乗ってるから、引くのは(高目)6pの方だろうけど。』




<最終結果> 
tknpT3-1_13.png
高目・6pを「一発・ツモ」。

tknpT3-1_14.png
親ッパネ、6000は6100オール。

桜井:『これはやり過ぎ(笑)。 二発目のツモでいいし、その方が自然なんだよ。 面白くないよね。』

ということで、冒頭で確認した、“親”・“三色”・“3のスジ”、全て満たした形に。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

08 ≪2017/09≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。