ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無敗の手順) ビデオ「ツカンポ日記」より 【東4局0本場】

全8回を予定している、ビデオ「ツカンポ日記」での「無敗の手順」。
今回は4回目。  → 前回記事 ■   → 次回記事 ■

***

<参考>
※半荘1回戦の勝負。 アリアリ・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫。
※対局は“真剣勝負”ではなく、完全に“遊び半分”とのこと。 
※対戦者3人の当時(1988年)のレベルは、雀鬼によると次の通り。
 (ちなみに、この3人と雀鬼とでは、“大人子供”くらいの実力差があるとのこと。)
  ・井出洋介 … B クラス (東大出身のプロ雀士として有名。われポンの解説でお馴染み。)
  ・馬場裕一 … D クラス (麻雀ライター。通称「メンチン」のバビィ。)
  ・片山まさゆき … それ以下 (漫画家。便宜上、F クラスとすることに。)  ※敬称略

      playerrank.png
      (“ある程度打てる”レベルの中でのランク付けかと。)




<ここまでの経過>
【東1局0本場】 親の井出が片山から「チートイ・ドラドラ」9600を和了

【東1局1本場】 全員ノーテンで流局

【東2局2本場】 馬場が井出から「タンピン・678三色」の満貫を和了

【東3局0本場】 親の雀鬼が井出から「リーチ・123三色」の7700を和了

【東3局1本場】 親の雀鬼が「メンピン・ドラ1・(高目)456三色」の高目を「一発・ツモ和了。 親ッパネ、6000は6100オール。

【東3局2本場】 井出が親の雀鬼から「中・789三色・ドラ」を和了。 3900は4500点。

今回はその次局、雀鬼の親が流れた東4局0本場。

1998年 ビデオ「ツカンポ日記」収録用対戦
※東南戦・食いタン有り・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫・2.5万持ち/3万返し

<今回の一言>
『流れを掴むには意識的に型を変えていくことも必要。』

【東4局0本場】 北家 ドラ

桜井:『前回も言ったように、この場はやっぱり三色が和了りやすい流れになってるよね。』

確かに、ここまで6局中4局が三色の和了りに…。

桜井:『でしょ? で、前局のオレはどういう形から井出君に放銃してるの?』

一通」の1シャンテンだったところに9pを引き、これをツモ切ったら「ロン!」という形。

 <雀鬼の最終形>
  tknpT4-0_35.png

 <井出の最終形>
  tknpT4-0_36.png

桜井:『うん。 一通ってのは一色に準ずる形なわけだから、またも色場は三色場に負けちゃった、ってことだね。』

確かに。 “色場 vs 三色場”という図式も、これで三度目。

桜井:『続いてるよね。 それで井出君に三色の和了りを取られちゃったってことは、流れも井出君の方に行っちゃうかもしれない。 前回も言ったけど、東パツに親番で大きいのを和了ってる井出君は、今は点棒が少なくても、状態は決して悪くないんだよ。 その井出君は、この場の流れに乗った三色を和了ったと。 それに加え、オレ自身のヤル気の無さ・気の緩みという問題もあるわけ。 だから、この東ラスは井出君が生きてくるかもしれないって可能性を見ながら打っていく必要があるよ。』

<配牌>
tknpT4-0_01.png
役牌・発がトイツに、マンズの下でシュンツ1メンツ完成。

頭が決まってないけど、トップ目なので「発のみ」1000点で十分といったところか。 もしも、2pあたりが引けると、発が頭の「チャンタ・(高目)123三色」なんて可能性も。

桜井:『これは明らかに123の「チャンタ・三色」ってのが見えてる。 それからトイツが3組あるんで、トイツ型の可能性もある。 この場の影響をモロに受けてるって感じの配牌だね。』

ここまでの和了は三色チートイ、2種類しかない。 

桜井:『だからこの局は、さっき井出君に取られた流れをオレが取り返すのか、あるいは井出君に流れが行っちゃうのか、三色とトイツの影響を受けつつ、どういう風が吹くのかを見ながら打っていきましょうって展開だよ。』


で、最初のツモが 8p。 これを…

<1巡目終了時>
tknpT4-0_03.png
ツモ切り。

桜井:『問題ないね、全くの不要牌だから。 で、3人とも珍しく字牌から切ってないよ。 馬場と片山は何かおかしなことをやってるのかもしれないね。』

次巡、

<2巡目>
tknpT4-0_04.png
二萬をツモ。 重なる方向か。 一応、「チートイ」2シャンテン。

このケース、何を切りますか?

*
*
*

雀鬼は、

tknpT4-0_05.png
これもツモ切り。

桜井:『この手は二萬を残してトイツ系を見るというのと、二萬を切って三色を見るというのと、どっちを取ってもいいと思うよ。 ただ、自分としては三色の方に気持ちが行っている。』

…とのこと。 そして、周り3人の手に関しては…

桜井:『現時点では、馬場はマンズとソーズ、片山はピンズという点に注意。 あと、ドラが北だから字牌を中心に場が回ってくる可能性もある。 字牌の動きも合わせて見て行く必要があるね。』

次巡、

<3巡目>
tknpT4-0_06.png
五萬をツモ。 打3p。

tknpT4-0_07.png
打3pとしたところ。

ここで突然、「123三色」を見切る。

桜井:『要注意を感じてるんだよ、この場に。 ボーっと自分の手の都合だけで三色なんか作ってると手遅れになっちゃうから、スピードの和了りに切り替えてるんだね。 だって、馬場の二打目の5pはツモ切りで、次の5pは手出しなんでしょ?(※下図参照)

<3巡目終了時・馬場の捨て牌>
  tknpT4-0_19.png

 桜井:『ということは、5pのトイツが出来たにもかかわらず、それを即座に嫌ってきてるわけだよね? やっぱりトイツ場ってのは活きてるけど、ど真ん中の5pのトイツを落としてくるってことは、端っこの牌で何かやってんだよ。 「国士」っぽいやつを。 だから馬場と片山には国士の同時性が入っている可能性があるね。』

<参考:この時点での馬場と片山の手牌>
馬場
tknpT4-0_33.png
片山
tknpT4-0_34.png

確かに、馬場は7種9牌で、一方の片山は8種9牌という状況。 両者とも、普通に打ったところで安い手にしかならない。 ただ、この段階の捨て牌では、二人には「国士」だけではなく、一色手の可能性もまだ残っているように見えるが…

桜井:『もちろん、その可能性もなくはない。 でも、この半荘は一色が出来づらい流れになってるでしょ? だから早い時点で色が見えていても、最終的には消えていく可能性が高いんだよ。 逆にもしも色が濃い流れなら、オレは二打目の二萬は残しておき、”色とトイツの天秤”の形に取っただろうしね。』

更に… 

桜井:『で、この二人の切り出しから色場を消すと、残りは「国士」と「チャンタ」じゃん。 でも馬場は5pより先に端っこの8pを切ってるわけだし、片山も三萬・7ソなんてのを切ってるくらいだからチャンタも消えるよね。 そうすると「国士」をやってんじゃねえか、ってことになるでしょ? もう、この時点で要注意だよ。 三色どうのこうのでなく、オレは仕事に取り掛かって早く終わらせないと、大変なことが起こっちゃう可能性が出てきてるんだから…。』

ちなみに、片山が第1打に(この局のアヤっ牌である)三萬を切ってしまっているので、先々いい思いをしないだろうとのこと。 本来なら、三萬より先に「6ソ・7ソ」が切れてないといけないらしい。 

あと、先ほどの3p切りのところで“白切り”という選択肢はないのか?という指摘に対しては…

桜井:『もしも白を重ねれば、馬場や片山の手に対して受けられるのと、自分の手も一応は二色から一色へと渡っていけるじゃん? まあ、色場ってのは無理な状況なんだけど、三色場のまんまだと井出君に流れを取られちゃうかな~ってのもある。 だから意識的に型を三色から一色へ変えて行こうとしてんだね。 この場に対して“分岐点”のようなものを感じて“計ってる”んだよ。 3pを切ることで。』

この後、4p・5pとツモ切り。 河に1メンツ並べてしまう。(下図)

<5巡目終了時>
tknpT4-0_08.png
5pをツモ切ったところ。

桜井:『厳しいよね(笑)。 まあ仕方ないんだけど、「さあ、大変だぞ」ってのを表してる1メンツだよ。 オレがよく言う、“河に並んでも痛くない1メンツ”ではない。』

この段階での3人の捨て牌を見て、何を感じるか。

<参考:この時点での3人の捨て牌>
tknpT4-0_20.png

桜井:『馬場の「5ソ・4ソ」の両面外し。 こういう両面の手出し、特に中張牌の場合は、結構「チートイ」ってのがあるんだよ。 でも、2巡目から5pのトイツを落としてきてるわけだから、普通のチートイじゃあない。 で、場全体を見ると、字牌が以上に高いよね。 しかもトイツ場が活きてる。 ということは、馬場は字牌を幾つか持ってて、その内の何組かが必ずトイツで入ってんだよ。 だから、字牌を絡めた端っこで何か企んでるか、あるいは可能性は低いけどマンズの「メンホン・チートイ」か…。 いずれにせよ、和了られたら大きいよ。 特にドラが字牌の北だからね。』

<参考:この時点での馬場の手牌>
tknpT4-0_21b.png

桜井:『で、片山の手にも字牌があるんだけど、馬場が字牌をトイツで幾つか持っていて、オレの手にも発のトイツがある。 ということは、馬場と片山の二人はお互いが字牌を持ち持ちになっちゃって、鳴いた「混一色」ってのに行けなくなる。 だから場全体が、どんどんトイツの流れに行く可能性が高いんだよ。』

井出については…

桜井:『井出君は、残り二人に比べて普通の切り出しなんだけど、ちょっとソーズを安くしてるよね。 特に6ソ切りがね…。 でも、これは妙なんだよ。』

どいういうことか?

桜井:『馬場と片山は端っこが本線なんだけど、一色の可能性もゼロではない。 どっちにしても、それぞれがマンズ・ピンズをある程度は持ってるはずなんだよ。 ということは、本来、井出君はソーズが高くないとおかしいじゃない?』

そう言われてみれば、そうなのかも…。

桜井:『じゃあ、なぜソーズが安いかってことなんだけど、2巡目に西を切ってるぐらいだから、一色はない。 でも捨て牌を見ると、マンズかピンズのどっちかは多く持ってるんだよ。 しかも、そこら辺の何かが暗刻かトイツで入ってる可能性がある。 前々局、馬場が3-6pをダンゴで持ってたのがあったけど、この局もトイツの流れってのは残ってるわけだから。』

<参考:この時点での井出の手牌>
tknpT4-0_22.png

その通りの手牌…。 そして、この後、上家・片山が六萬を切る。(下図)

<6巡目・上家の打牌>
tknpT4-0_09.png
上家の片山が六萬を切ったところ。 これをチー!(下図)

tknpT4-0_11.png
六萬をチーして打3ソとしたところ。 1シャンテン。

桜井:『「大変だぁ」ってことで、仕事の鳴きに行ってんだよ。 もしもこの先、白でも来たら2ソを払って「混一色」に渡って行かなきゃいけないけど、苦しいよね。 馬場と片山は字牌を集めてるわけだから。 それに残った両面が六-九萬ってのも厳しいやね。 これがもっと内側の両面なら拾いやすいんだけど、端っこの九萬は馬場や片山の必要牌だから、出を期待できないわけだし。 鳴いて少し先に進んでみたはいいけど、困ったな~ってなとこだよ。』

この後、9pをツモ切り。(下図)

<7巡目終了時>
tknpT4-0_12.png
9pをツモ切ったところ。

<この時点での3人の捨て牌>
tknpT4-0_23b.png

桜井:『いくら“メンチンのバビィ”といっても、こんなに早く四萬を切ってくるってことはないだろうから、一色ではないよね。 というのも、この半荘は色場が弱いし、オレもこんなにマンズを持ってんだから、枚数的にも不可能だよね。 もしも色場が強ければ、交通事故みたいな早いテンパイもあるんだけど…。 まあ、一色の可能性も見て、ここまで四萬を引っ張ってきたんだろうけど、ゴマカシはきかないよってなとこ。 だから、この先は端っこをマークしていけばいいね。』

<参考:この時点での馬場の手牌>
tknpT4-0_24.png

桜井:『それで井出君は「8p・9p」を手の内から切ってきたということは、7pが頭とか暗刻だ。』

それは何故か?

桜井:『まずは前提として、トイツ系の手をやってんだろうなってのがあるんだけど、ど真ん中の6ソを切った後に、端っこの「8p・9p」が手出しで出てきてるんだよ? 普通は切り出しが逆じゃん? 』

そう言われてみれば、確かに…。

桜井:『6ソってのは、ソーズ(でメンツ)が出来たから切ったんじゃなく、要らないから切ってんだよ。 恐らく6ソを切るあたりまでは、手なりの早い形だったんだな。 で、例えば「7789p」みたいな形で、「7pにくっつくかないかな~」と思ってると、少しづつトイツの方向に牌が寄ってきたんで、「8p・9p」を落としたと。 あるいは、別のとこで新しい1メンツの候補が出来たんで、7pを頭に固定して「タンヤオ」に持っていったとか。 8pってのは、オレと馬場が1枚ずつ切ってるから、トイツに重ねるのは難しいしね。』

なるほど…。

桜井:『ということは、まずはソーズが消えて、次にピンズを始末してきて、最終的にはマンズ待ちが残るんだろうね。 それもタンヤオに寄せてるから、恐らく真ん中あたりのマンズがね…。』

つまりそれは、ここまで何度も出てきている“3のスジ”、「三-六萬」ということになりそう。

桜井:『片山はと言えば、相変わらずピンズの色か国士をやってんだけど、5-8pは3枚ずつ切られてるわ、7pは井出君のところに2~3枚持たれてるわで、ピンズの一色をやろうにも枚数的に不可能って感じだね。 「メンホン」と「国士」の両天秤で手を進めてるんだけど、ピンズを集めたくても集まってこない。 字牌もバラバラっとあるんだろうけど、せいぜいトイツは1組か2組。 で、国士をやろうにも、オレに発がトイツだし、馬場も字牌と端っこを集めてるから、方向性が定まらないってやつだよ。』

<この時点での片山の手牌>
tknpT4-0_25.png

確かに、その通りの手格好。

桜井:『だから、要注意は馬場と井出君に変わってきたね。 井出君は「8p・9p」を払ってくるほど余裕があるんだから、あと1個か2個くればテンパイ。 馬場もまだ大丈夫だろうけど、もう1枚くらいマンズを余らしてくると危険だね。』

<8巡目終了時>
tknpT4-0_13.png
8ソをツモ切ったところ。

桜井:『これは問題ないでしょう。 で、井出君の捨て牌がこうか…。(※下図参照)

<この時点での井出の捨て牌>
tknpT4-0_26.png

桜井:『この4pはピンズがだいぶ出来てきてるって感じの切りだね。 もしかしたら、最初から暗刻だった4pを1枚落としてきてるのかもしれない。 「チートイ」への移行って形で。 ということは、5pが3枚切れてるから、それよりも下の3pや2pもトイツで持ってる可能性もあるね。 プラス、ピンズは7pのトイツを持ってると。 あとマンズは、オレから六萬が2枚に七萬が3枚見えてるから、それよりも下の「三四五(六)」みたいな形があるんだろうね。 ドラの北も、8pを切ったあたりで持ってきてんのかもしれない。 だからこそ、トイツ系の手に持っていったというね。』

正にその通り…。

<この時点での井出の手牌>
tknpT4-0_27b.png

桜井:『井出君は「8p・9p」切りから手牌を「チートイ」と「タンヤオ」の方向に持っていってるわけだから、1pや1ソは持ってない。 ということは、馬場がそこらへんを持っていて、端っこの「チートイ」をやってんだな。 下手すると「字一色・チートイ」ってのまであるかもしれないから、オレの白とか発ってのは危険だよね。』

<この時点での馬場の手牌>
tknpT4-0_28.png

現時点では「一萬・1ソ」がトイツ。 しかし最終的には、1pもトイツになることに…。

桜井:『最初は馬場と片山が「国士」の同時性のような形だったけど、片山が字牌とピンズで殺されて伸びきれず、最終的には馬場と井出君が「チートイ」の同時性の手になったって形だよ。』

次巡、発をツモ。(下図)

<9巡目終了時>
tknpT4-0_15.png
発をツモって打白としたところ。 ロンもポンもなし。 テンパイ。

桜井:『この白は馬場に恐いね~。 要注意が与えられている上に、七萬を余らしてきてんだから、非常に恐いと思う。』

それでもここで、2ソのトイツ落としをせず、白勝負なのか?

桜井:『オレの性分だね。 ここは勝負所ってのもある。 九萬は期待できないけど、六萬は落っこちてくる可能性があるわけだから。 』

<10巡目>
tknpT4-0_16.png
ション牌の東をツモ。 これもツモ切り勝負。 ロンもポンもなし。

桜井:『これもキツいよね。 馬場は七萬・八萬の両面を落としてきたってことは完全にテンパイだろうし、井出君もドラの北を勝負してきてんだから、当然テンパイだしね。』




<最終結果> 
tknpT4-0_17.png
予想していた通り、井出がアヤっ牌の高目・三萬でツモ和了る。 

tknpT4-0_18.png
タンピン・二盃口・ツモ」でハネ満。

ちなみに、馬場も白単騎でテンパイ済み。 雀鬼の白切りは1巡間に合っていた。

<馬場の最終形>
tknpT4-0_29.png

桜井:『うわ~、危ない、危ない。 でもオレは助かっちゃいるけど、この先は駄目だよね。 結構苦労する流れに入っちゃうと思うよ。』

あと、ビデオ本編での片山本人の弁によると、「僕、次に九萬切るつもりでした…」とのこと。 それに対し雀鬼は、「だろ? だから、お前みたいなのがいると、(この後、聞き取れず)。」 恐らく、さっさと差し込んでくれていれば、井出に大きな手を和了られずに済んだ、みたいな感じの内容かと。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

06 ≪2017/07≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。