ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無敗の手順) ビデオ「ツカンポ日記」より 【南2局1本場】

全8回を予定している、ビデオ「ツカンポ日記」での「無敗の手順」。
今回は6回目。 → 前回記事 ■   → 次回記事 ■

***

<参考>
※半荘1回戦の勝負。 アリアリ・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫。
※対局は“真剣勝負”ではなく、完全に“遊び半分”とのこと。 
※対戦者3人の当時(1988年)のレベルは、雀鬼によると次の通り。
  (ちなみに、この3人と雀鬼とでは、“大人子供”くらいの実力差があるとのこと。)
  ・井出洋介 … B クラス (東大出身のプロ雀士として有名。われポンの解説でお馴染み。)
  ・馬場裕一 … D クラス (麻雀ライター。通称「メンチン」のバビィ。)
  ・片山まさゆき … それ以下 (漫画家。便宜上、F クラスとすることに。)  ※敬称略

      playerrank.png
      (“ある程度打てる”レベルの中でのランク付けかと。)




<今回の一言>
『麻雀は、前に行けないより、前に出て振り込んだ方がよっぽどいいんだよ。』

1998年 ビデオ「ツカンポ日記」収録用対戦
※東南戦・食いタン有り・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫・2.5万持ち/3万返し

<ここまでの経過>
【東1局0本場】 親の井出が片山から「チートイ・ドラドラ」9600を和了

【東1局1本場】 全員ノーテンで流局

【東2局2本場】 馬場が井出から「タンピン・678三色」の満貫を和了

【東3局0本場】 親の雀鬼が井出から「リーチ・123三色」の7700を和了

【東3局1本場】 親の雀鬼が「メンピン・ドラ1・(高目)456三色」の高目を「一発・ツモ和了。 
         親ッパネ、6000は6100オール。

【東3局2本場】 井出が親の雀鬼から「中・789三色・ドラ」を和了。 3900は4500点。

【東4局0本場】 井出が「タンピン・二盃口・ツモ」でハネ満和了

【南1局0本場】 雀鬼が「対々和・ドラ3」の満貫をツモ和了

【南2局0本場】 親の片山が「(高目)567三色」でリーチすると、それを受け、「678三色」の手替わりを待っていた井出も追っかけリーチ。 結果、片山が安目(4p)をツモ和了って1000オール。
 <最終形>
  片山
   tknpN2-1_31.png
  井出
   tknpN2-1_32.png
  雀鬼
   tknpN2-1_33.png

そして今回、片山の連荘となった【南2局1本場】へと続く。

【南2局1本場】 南家 ドラ 4p

<点数状況>
・片山 8300
・桜井 50500
・馬場 18500
・井出 22700

足を引っ張った和了

桜井:『前局、片山vs井出君が三色型同士で争って、片山が初和了りを決めたよね? だけど、これは“足引っ張り”みたいな和了りなんだよ。』

それはどういう意味か。

桜井:『あそこで井出君に(高目の)8pあたりで和了らせとけば、井出君がもう少し伸び上がって来て、面白いレースになるんだよ。 だって、この片山の和了りは、オレにとっては痛くも痒くもないし、2着目の井出君に和了られるより、全然ラッキーって形でしょ?』

確かに、それは言える。 ますます“一人天下”の状態に。

桜井:『あれがオレのリーチなら別だよ。 片山vs桜井の勝負なら、トップ走者の和了りを防いだってことで意味があるんだけど、あの和了りは井出君の足を引っ張ったって形じゃん。 だから、いくら親とは言え、無意識のうちに試合を壊しちゃった感じになってんだよ。』

では、片山はどうすべきだったのか。

桜井:『例えばオレなら、誰かを生かしたまま和了ってくってのを無意識にやるんだよ。 意識してやるんだじゃなく、自然にね。 だから片山のこの和了りも、読者の皆さんのレベルなら、和了っちゃいけないってことはないんだよ。 だけど、この一局において、こういう形の和了りをしたということに、当時の片山の実力不足が見えますよってこと。』

なるほど。 では、やはり片和了りの形でダマにしておき、高目でのみ(井出以外から)出和了りするか、渋々ツモ和了るかのどちらかにすべきだったということか。
 
2つの流れの可能性

桜井:『それで、ここまでの流れの話に戻ると、この半荘は三色が勝ったり、トイツが勝ったりという展開がずっと続いてるよね?』

まさにその通りで、ここまでの和了りは、三色型トイツ型の2種類のみ。 一色型は一度も和了りに結びついていない。

桜井:『で、前回もまた三色型の片山が勝って、一色で攻めたオレは一歩届かずって形でしょ?』

確かに。

桜井:『だから今局も周りの三人は、三色型とトイツ型で動くはず。 その反面、もう一つの考え方として、東場とは全く違う流れになる可能性も出てきたんだよ。』

と言うのは?

桜井:『東パツは“井出君vs片山”の勝負で始まり、片山が敗れたことで、そのままずっと東場は卓に乗れなかったわけじゃん? で、南場に入って、また奇しくも“井出君vs片山”の勝負となり、今度は片山が勝って初和了りを決めたと。 だから、東場という季節が終わって、南場という新しい季節に入っていくかもしれないってこと。 つまり、東場とは全く違う様相が現れる可能性もあるんだよ。 片山の連荘もあるだろうし、今まで出なかった色場の出現もあるかもしれない。 その色場を、片山自身が作り上げる可能性も大だから、ここまでツキがなかったとは言え、季節変わりの片山を中心に場は進んでいくかもしれないねってこと。』

実際、そうなるわけだが…。 以上の点を踏まえ、手順を見ていくことに。 

<配牌>
tknpN2-1_01.png
ソーズの下でシュンツ1メンツ完成。 
一見、ただの「ピンフ」本線で問題なさそうな手だが…。

最初のツモ。

<1巡目>
tknpN2-1_02.png
浮き牌7pにくっつく6p。 打1p。(下図)

tknpN2-1_03.png
打1pとしたところ。

桜井:『6pを引いたことで、単なるメンツ取りの手順に進んだって形だね。 もしも、1pに2pとか3pあたりがくっついてれば、(最初に見えていた)「123三色」狙いという手順もあったんだだけどね。 ということは、配牌での思考ではなく、“ツモった牌で自分が動かされてる”、そういう状態に今オレはいるわけだよ。』

狙いが定めにくい上に、仮に何かが見えたとしても狙い通りにスンナリ行かない、というのが今の時点で分かるということか。

桜井:『それで、片山の第1打が「9p」で、オレが「1p」この2牌を見ただけでも、既に色場の兆しが出てるじゃん。』

確かに、二人とも同じ色(ピンズ)を切っている。

桜井:『これが「9p・一萬」とかなら問題ないけど、「9p・1p」なんて、色の偏りが出てるよね。 まだこの時点では、はっきり決められないよ。 でも、まず片山の色場を意識して、それに三色場トイツ場の要素も見ながら打ってかなきゃいけないよってこと。』

この後、馬場の第1打が北で、井出が打4ソ。(下図)

<1巡目:対面の打牌>
tknpN2-1_04.png
対面・井出が4ソを切ったところ。

桜井:『井出君は真ん中の4ソを切ってきてるわけだから、まだ色の可能性は残ってるよね。 でも馬場の色は消えた。 それにトイツ型もない。 ということは、残った三色だ。 「三色」というか「一盃口」というか「ピンフ」というか。 そいういう方向に向かっているのが第1打で見える。』

<参考:この時点での馬場の手牌>
 tknpN2-1_34.png

…確かに。 で、片山の第二打が三萬

<参考:この時点での片山の捨て牌>
 tknpN2-1_35.png

桜井:『まだハッキリとは見えないね。 でも手順としては綺麗な切り方だし、結構いい牌を切ってきてる。 だから、“ちょっと早いかもしれないな”ってくらいは見えるよ。 片山はさっき和了って季節も変わってるわけだし、この三萬ってのはアヤっ牌でもあるしね。』

次巡、

<2巡目>
tknpN2-1_06.png
ドラの4pをツモ。 打東とする。

桜井:『オレからすれば東も西も両方要らないんだけど、片山の足が早そうなんで、風牌の東で計ってるような感じだね。』

すると、この東を上家・片山がポン!(下図) 

tknpN2-1_09.png
上家・片山が東をポンして打5pとしたところ。

桜井:『えっ! もう鳴いたの? 鳴いたとなったら、姿を見せたわけだ。 この捨て牌だと、さっきから言ってるソーズの一色はあるよね。 あと、東をポンして5pを切ってきたってことは、ドラの4pがトイツってのもマークしなきゃいけない。 “ソーズ”か“ドラ4p”、どっちかだよ。 ま、いずれにしろ、5800以上の形だね。』

<参考:この時点での片山の手牌>
 tknpN2-1_36.png

そして、次巡。

<3巡目>
tknpN2-1_10.png
2ソをツモ切り。

桜井:『東を食われたことで、字牌はちょっとキツイよね。 まだ片山は持ってる可能性があるから。 ここでは役牌の「白・発・中」に「」、この4つをマークだね。 だって、1つでも鳴かれれると満貫になっちゃうでしょ。 だからオタ風の西はまだいいけど、中は危ないよ。 そういう意味で字牌を抑えて2ソを切ってったわけだ。 ドラ4pを引いたことで、ピンズで2メンツって構想に変わってきてるってのもあるしね。 でも、オレの手もパパーんと伸びて、ドラ4pあたりのメンツがどうにかなったら、中を切って勝負をかけていくよ。 お互いが勝負のスレスレの線でね。』

さらに片山は、井出の切った1ソをチー!(下図)

<4巡目・上家の打牌>
tknpN2-1_13.png
上家・片山が井出の切った1ソをチーして打北としたところ。

桜井:『これは早いね。 もう1シャンテンくらいまで来てるかもしれない。 恐らく「南・白・発」あたりのトイツを持ってて、どれかを鳴けば十分って形になってんだろうね。 は今、馬場が切ったんで消えるから。 しかも、この北切りってのは、「混一色」の早さが見える。 5p切りの時点では、“ドラ4pトイツ”って可能性もあったんだけど、それはなさそうだね。 もうソーズの手格好は出来ましたよってところからのだろうから。』

<参考:この時点での片山の手牌>
tknpN2-1_37.png

ほぼ、その通りの形。 そして…

<4巡目>
tknpN2-1_14.png
二萬をツモ。 打中とする。

桜井:『これはさっきの馬場のに合わせて切ったって形だね。』

次巡、

<5巡目>
tknpN2-1_16.png
一萬をツモ。 打西。(下図)

tknpN2-1_17.png
打西としたところ。 (※この直前、上家・片山が切り)

桜井:『いらない一萬が来たんだけど、また馬場が西を切ってくれてるんで、それに合わせて切ってると。 で、その馬場は字牌オンリーだから、明らかに何かをやってるわけだ。 片山の影に隠れて(笑)。』

<参考:この時点での馬場の捨て牌>
tknpN2-1_38.png

桜井:『これは完全に「タンピン」系の捨て牌だよね。 で、「三色」という型が手の中に残ってると思う。 オレも一萬を引いたことで、配牌時に見えてた「123三色」っぽい形になってるわけだから、その同時性というか、類似性でね。 で、オレが下の方なんで、馬場は上だ。 「678三色」とか「789三色」が見えてんじゃないかな。』

<参考:この時点での馬場の手牌>
tknpN2-1_39.png

正にその通り…。

桜井:『で、井出君はというと、まだ分からない。』

<参考:この時点での井出の捨て牌>
tknpN2-1_40.png

桜井:『ガタガタっとした捨て牌だけど、第1打の4ソ以外はまだ鬼門牌が出て来てないんだよ。 でも、4ソ切りってことは、5-8ソの両面があったのかもしれないね。 あと、ピンズは下の方で「一盃口」崩れみたいな形があるとか、マンズはもしかしたら678に8を持ってきてツモ切ったとか。 そんな形がちょっと見えるくらいで、まだ姿は分かりづらいね。』

<参考:この時点での井出の手牌>
tknpN2-1_41b.png

…ほぼ、その通り。 そして、片山の切りについて。

桜井:を切ってきたってのは大きいね。 これはのトイツを確実に持ってるってことなんだよ。 あるいは南が暗刻で白が1枚とか、その逆か…。 ということは、南と白で3~4枚あるわけだから、残りはソーズでたった1メンツ作ればいいってことだよ。 じゃあ、そのソーズメンツはどこかって言うと、「123」を鳴いてるんで上の方。 5ソはオレがトイツだから、「6789」絡みなんだろうね。』

<参考:この時点の片山の手牌>
tknpN2-1_42.png

なぜ、南か白のトイツを“確実に”持っていると分かるのか。

桜井:『井出君の捨て牌はまだ字牌を持ってる可能性があるけど、馬場はもうないんだよ。 だって南か白をもし持ってたら、自風の西より先に切ってるはずだから。 で、オレの手にも南か白がないってことは、片山が持ってる可能性が高くなるじゃん。 それに片山はさっき和了って勢いもついてるわけだから、5800というより12000の形になってんじゃないかなってとこだよ。』

次巡、

<6巡目>
tknpN2-1_18.png
ドラ4pが重なる。 打一萬。
 
tknpN2-1_19.png
打一萬としたところ。 (※この直前、上家の片山はをツモ切り。)

桜井:『この後、三萬でも引けば勝負していくんだろうね。 「5ソ・5ソ」と落として。 というのも、片山に“5-8ソ”の両面受けはないからね。』

<参考:この時点の片山の手牌>
tknpN2-1_42.png

確かにその通りだが、なぜ分かるのか。

桜井:『片山はをカンしてないでしょ? ということは、まだテンパってないんだよ。 それに1シャンテンだとしても、もしも両面受けとかの良い形ならカンしてるだろうから。 つまり、ソーズの形は具合が悪いんだよ。 例えば「79」とか「89」とかの形に、もう1枚ソーズがあるような、そんな感じだろうね。 だからオレの5ソってのは、この先、片山に通るじゃん。』

…なるほど。 

桜井:『それで馬場も正体を現してきたよ。』

<この時点での馬場の捨て牌>
 tknpN2-1_43.png

桜井:『この五萬切りは、“6”以上の牌がいっぱいになりましたよって感じで、ある程度の形が出来てる。 恐らく1シャンテンか2シャンテンか。 それで片山がソーズの上をそんなに持ってないから、馬場の手には9ソが2枚とか、ソーズの上がゴチャゴチャっとあって、ピンズは「6788」とかで、マンズも「7899」みたいな形になってんだろうね。』

<この時点での馬場の手牌>
 tknpN2-1_44.png

…ほぼ、その通りの形。

桜井:『だからオレとしては、三萬とか五萬を持ってきて、最終的に“二-五萬待ち・三-六萬待ち”って形になるのが一番良い。 8pは恐らく馬場に2枚ほど持たれてるから、5-8pが残ると、ちょっとキツイなって感じだよ。』

次巡、

<7巡目>
tknpN2-1_20.png
3pをツモ。 打四萬。(下図)

tknpN2-1_21.png
打四萬としたところ。

桜井:『やっぱりツモに振り回されてるよね。 まあ、3pを引いた以上、四萬を切るしかないんだけど…。 それで、もしもこの先、5pでも引けば、7p切りの2-5pでいいやね。 3メンチャンに受けても、8pは薄いわけだし。 で、馬場が五萬切りの後に一萬切りか…。』

<この時点での馬場の捨て牌>
 tknpN2-1_45.png

桜井:『おかしいよね(笑)。 こういう切り方をしてくるってことは、マンズはもう形が決まってるか、出来てるかのどっちかだよ。 で、マンズの中の一番の安牌である一萬が出てきたと。 だからマンズは1メンツしかないのかもしれない。 ということは、馬場は更にピンズが重なる可能性が高くなってきたね。』

<この時点の馬場の手牌>
tknpN2-1_46.png

まさしく、その通り…。

次巡、6pをツモ切り。(下図)

<8巡目終了時>
tknpN2-1_22.png
6pをツモ切ったところ。

桜井:『井出君も5pを切ってきたし、この“2-5-8p”スジってのは厳しいよね。 だってさっきも言ったけど、井出君の手には「一盃口」崩れみたいな形で、2pも1枚か2枚あるかもしれないんだから…。』

<参考:この時点での井出の手牌>
tknpN2-1_47.png

確かに…。

桜井:『“2-5-8p”のスジってのは、2つは引けない。 ギリギリ1個拾えるかどうかってとこだよ。 だからピンズの形は2メンツだけど、実質1メンツって感じだね。 オレの意識は4ソが来ることばっかり考えてんじゃない? 4ソさえ引けば、「食いタン」って形で動いて行けるからね。』

次巡、

<9巡目>
tknpN2-1_23.png
3ソをツモ。 打3p。(下図)

tknpN2-1_24.png
打3pとしたところ。

桜井:『この後、もしも片山から“5-8p”が出れば、チーして1ソを切っていくって手順を取るだろうね。 ヘタするとドラ4pだって出てくるかもしれないんだから…。』

この先もしも、5-8pを引いて面前でテンパイした場合、3ソを切ってシャンポン待ちでリーチするのか?

桜井:『うーん、するかもしれないねぇ…。 片山がテンパったら、ドラ4pだって切ってくるだろうし、片山のソーズメンツは「579」の可能性もあるんで、もしも8ソが入れば5ソは飛び出してくるだろうからね…。』

3巡後、

<12巡目終了時>
tknpN2-1_25.png
西をツモ切ったところ。

桜井:『馬場はを掴んでオリたね。 だって、「6p・8p」は手の内からでしょ。 サヨ~ナラ~♪って感じだね(笑)。 でも、もう一打くらい勝負にいけなきゃ、って感じだよね。 だって、片山のソーズ上メンツは不自由な形をしてるってことに加え、馬場自身がソーズの上をいっぱい持ってて殺してるわけだから、そんなに恐がる必要はないんだよ。 オレだったら、これ、もうちょっと頑張ってるよ。 今の馬場だったら、もう少し行くかもしれないけど、当時の馬場はこんなもんだったからね。』

<13巡目・上家の打牌>
tknpN2-1_26.png
上家・片山が5ソを切ったところ。 この5ソをポン!(下図)

tknpN2-1_28.png
5ソをポンして打1ソとしたところ。

桜井:『やっぱり片山は「579」って形だったんだね。』

<この時点の片山の手牌>
tknpN2-1_48.png

確かに、その通り。 南をツモって暗刻にし、打5ソとしたところ。 ということは、この時点で片山の待ちは“カン8ソ”1点読みということか。

桜井:『オレはこの先、4ソでも3ソでも何でも食えるよね。 だって片山にソーズの下が通るってのは見えてるんだから。』

この後すぐに決着がつく。




<最終結果> 
tknpN2-1_29b.png
片山がカン8ソをツモ和了る。

tknpN2-1_30b.png
東・南・混一色・チャンタ」で4000は4100オール。

桜井:が暗刻ってことは、馬場はを引かされたんだな。 白を持ってきて、その後ソーズを持ってきて、5時に店を閉めちゃったわけだ(笑)。 だけどお前らだって、誰かが仕事をしてるのに、毎日定時になったら「ハイ、じゃあ、帰ります」なんていう奴は寂しいでしょ? それと同じだよ。 で、この中だと井出君は結構残業するんだよ。 当時、向こうっ気が強かったし、麻雀に意地も持ってたしね。』

確かに井出は、ソーズを抑えて「四萬・五萬」を落としながら、1シャンテンを維持している。

桜井:『でしょ? それが麻雀が良いってことなんだよ。 いつも言うように、一歩でも二歩でも前に行くってヤツ。 麻雀は前に出ることで、逆に相手が死んでいくことだってあるんだよ。 だって実際、馬場が白を切って、片山がポンしてカン8ソ待ちに受けてたら、片山の和了りはなかったわけでしょ?』

…確かに。 そうなのかもしれない。

桜井:『そこで一発・二発、ボコボコってやられちゃうかもしれないけどね。 前に行けないよりは、前に出て振り込んでしまった方がよっぽどいい。 オレは今までそうやって生きてきたわけだからね。』



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

01 ≪2017/03≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。