ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(無敗の手順) ビデオ「ツカンポ日記」より 【南4局0本場】

全8回を予定している、ビデオ「ツカンポ日記」での「無敗の手順」。
今回は7回目。 → 前回記事 ■  → 次回記事 ■


***

<参考>
※半荘1回戦の勝負。 アリアリ・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫。
※対局は“真剣勝負”ではなく、完全に“遊び半分”とのこと。 
※対戦者3人の当時(1988年)のレベルは、雀鬼によると次の通り。
  ・井出洋介 … B クラス (東大出身のプロ雀士として有名。われポンの解説でお馴染み。)
  ・馬場裕一 … D クラス (麻雀ライター。通称「メンチン」のバビィ。)
  ・片山まさゆき … それ以下 (漫画家。便宜上、F クラスとすることに。)  ※敬称略
   (ちなみに、この3人と雀鬼とでは、“大人子供”くらいの実力差があるとのこと。)
      playerrank.png
      (“ある程度打てる”レベルの中でのランク付けか。)




<今回の一言>
『麻雀は一局一局オーラスだと思って一生懸命打てば、自然と卓に乗れるようになる。』


***

<ここまでの経過>
【東1局0本場】 親の井出が片山から「チートイ・ドラドラ」9600を和了

【東1局1本場】 全員ノーテンで流局

【東2局2本場】 馬場が井出から「タンピン・678三色」の満貫を和了

【東3局0本場】 親の雀鬼が井出から「リーチ・123三色」の7700を和了

【東3局1本場】 親の雀鬼が「メンピン・ドラ1・(高目)456三色」の高目を「一発・ツモ和了。 
         親ッパネ、6000は6100オール。

【東3局2本場】 井出が親の雀鬼から「中・789三色・ドラ」を和了。 3900は4500点。

【東4局0本場】 井出が「タンピン・二盃口・ツモ」でハネ満和了

【南1局0本場】 雀鬼が「対々和・ドラ3」の満貫をツモ和了

【南2局0本場】 親の片山が「(高目)567三色」でリーチ。 安目ツモ和了で1000オール。

【南2局1本場】 親の片山が「東・南・混一色・チャンタ」の親満をツモ和了、4100オール。

【南2局2本場】 一手替わり「三色」の手をダマにしていた雀鬼が、片山から「ピンフ・ドラ1和了
          2000は2600。

【南3局0本場】 親の雀鬼、「234三色」1シャンテンから安目をツモってテンパイ・即リー。

        <雀鬼:テンパイ時の手牌>
         tknpN4-0_23.png

         井出も高目「456三色」の手で追っかけリーチ。

        <井出:テンパイ時の手牌>
         tknpN4-0_24.png

         結果、雀鬼が(安目の)七萬を掴んで放銃となる。 井出が2600和了

そして、雀鬼トップ目のまま迎えた、今回のオーラス【南4局0本場】へ。

***

<点棒状況>
・トップ目:雀鬼 42800
・2着目:井出 25800
・3着目:片山 17000
・ラス目:馬場 14400

1998年 ビデオ「ツカンポ日記」収録用対戦
※東南戦・食いタン有り・赤なし・テンパイ連荘・切り上げ満貫・2.5万持ち/3万返し

【南4局0本場】 北家 ドラ 7p

- 後から引いてくる相手の鬼門牌 -

<配牌>
tknpN4-0_01.png
カンチャンばっかし。 せいぜい「123三色」と、ピンズでの「一通」ぐらいか。

桜井:『これも遠いよね~。 形を崩された配牌で、今のオレの置かれてる状況をよく物語ってるよ。 まあ、「123三色」は手牌に残ってるけど、この日のもう一方の相方であるトイツ型はオレの手には見えない。 で、役牌が2つあって、ドラも7pだとは言え、ピンズの一色は難しいやね。 色場はみんなが風邪引いてる時に、片山が1回和了っただけだから(笑)。 だけど、いずれにしても遠すぎる。 あんまり良い手格好じゃないよ。 だから、この一局を和了りきってどうのこうのじゃなく、とにかくしっかり“受け”に回らなきゃならないだろうね。 今の状況的にも、この手牌の形的にも。』

なるほど。

桜井:『逆に言うと、俺のこの手牌ってのは、後から引いて来る牌が相手の鬼門牌になってる可能性が高い。 自分の手における鬼門牌って意味じゃないよ。 この配牌だと、例えばカン5pだとかドラの7pだとかいった、オレにとって必要なネック牌を引いて来るって意味ではなく、相手が欲しがってる危険な牌を、オレが持ってきちゃいますよってこと。』

- 第1打から見える可能性 -

で、最初のツモが…

<1巡目>
tknpN4-0_02.png
北。 これで7種7牌。

このケース、何から切りますか?

*
*
*

自分なら五萬から切っちゃいそうだけど、雀鬼は…

tknpN4-0_03.png
打9ソ。 

桜井:『オレの手牌だけ見れば、「チャンタ」・「123三色」・「国士」といったハジっこの手くらいしかないんだけど、そんなの狙って打ってたら、相手の真ん中の手に仕留まっちゃう。 テメエの都合だけ考えて、誘惑に飲み込まれて手作りしてたら、大変なことになっちゃいますよってこと。』

手牌の方向性うんぬんではなく、そもそもが今局は“受け”本線ということだった。

桜井:『それは残りの3人の第1打にも現れてるじゃん。』(※下図参照)

<三人の打牌>
tknpN4-0_02b.png

桜井:『みんな、ハジっこの牌での綺麗な切り出しになってるよね。 ということは、真ん中の手作りで進めてくるだろうから、ハジっこしか見えてないオレは、型外れというか、この場の流れから外れてるわけだよ。 だけど9ソを第1打に切ってみたら、たまたま片山の9ソと合わさったと。 それに馬場の1ソとも色は合ってる。 まあ、仲間が出来たような感じだね。 で、この4人の第1打からは、3つのものが見えてくる。 まず1つ目は、さっきも言ったように、4人全員がハジっこの1・9・字牌の切り出しなんで、「タンヤオ」の可能性。 2つ目は、おれと片山の9ソの重なりから、トイツ場になる可能性。 3つ目は、マンズが1枚も見えてないから、一色の可能性。 まあ、色場はこの半荘では型外れだから、その可能性は薄いだろうけど一応はね…。』

1巡目の捨て牌だけで、そこまで読めるものなのか。 まあ実際、“タンヤオトイツの組み合わせ”みたいな手が誰かの手に出てくるのだが…。

次巡、

<2巡目>
tknpN4-0_04.png
五萬が重なる。 打9p。(下図)

tknpN4-0_05.png
打9pとしたところ。

桜井:『これは浮いてるハジ牌を放したってだけだから、まぁいいでしょう。 で、三人の切り出しが…』(※下図参照)

<この時点の三人の捨て牌>
tknpN4-0_05b.png

桜井:『まだあんまり見えてこないね。 井出君からマンズが一枚出てきたけど、これはごく普通の切り出しだから、上スジが切れてないなぁってことくらいしか見えない。 馬場は、ピンズとマンズの色が残る可能性が今のところはある。 どっちかの一色になるのか、あるいはマン・ピンの二色どまりなのかって感じ。 片山は普通の手作りで「メンピン」とか「メンタンピン」の形だ。 ということは、最初に挙げた3つのうち、トイツ場だけがまだどこにも見えてないって状況だよ。』

- アヤっ牌からの読み -

次巡、対面・井出が 6ソを暗槓した後、リンシャンから引いた牌を手の内に入れ、リーチ

<3巡目・対面の打牌>
tknpN4-0_07.png
対面・井出が九萬切り・リーチとしたところ。

桜井:『これは捨て牌と暗槓した6ソを見れば、「タンヤオ」のリーチだろうね。 普通、こういう早いリーチってのは「チートイ」があるんだけど、もし6ソのカンがなかったにせよ、この捨て牌ならそれは消せるよね。 「1p・九萬」の準トイツの牌を2枚も切ったリーチだからね。 ただ、6ソを暗槓してるくらいだから、トイツ場は残ってんだよ。 だからタンヤオ牌の暗刻がもう1つあるとか、何かタンヤオ牌のシャボになってるとか、そういう暗刻絡みの可能性はあるね。 ということは、「ツモり三暗刻」なんてのもあるかもしれない。』

…ギクッ。

桜井:『で、ここでオレが気をつけなきゃいけないとしたら七萬 だね。 前局、井出君に七萬で振ったアヤってのがあるから。 それと、オレの手にある牌で言うと、三萬。 これもこの半荘のアヤっ牌だし、特に井出君は2回ほど三萬で大きいのを和了ってるわけだし。 分かる? 三萬と七萬の二つは少し浮かびあがってくる。 ヘタすると「三萬・七萬」のバッタとかね。 この捨て牌だけなら、普通は「三-六萬・四-七萬」という両面を見ていくんだけど、6ソのカンがあるだけに、“両面よりもシャボマーク”ってこと。』

…実際、「三萬・七萬」ともに手の内にある。(※下図参照)

<井出のリーチの手牌>
tknpN4-0_21b.png

七萬が暗刻で、「三萬と5ソ」シャボの「ツモり四暗刻」。

- 東場ではあり得ない鳴き -

すると、この九萬を下家・馬場がポン!(下図)

tknpN4-0_09.png
下家・馬場が井出のリーチ宣言牌の九萬をポンして打南としたところ。

桜井:『この九萬ポンはワケが分かんないよね(笑)。 だって直前に一萬を切った時点で、ピンズの一色に持ってったのかなぁと思ってたら「ポン!」だもんねぇ~。 この捨て牌から九萬をポンするってのは、ちょっとおかしいんだよ。 だから東場だったら絶対にないような鳴きだと思うよ。 恐らく、最後のオーラスの親だからという理由で、なりふり構わず行ってんだろうね。 ん~…、「発・中・西・北」のどれかをトイツで持ってて、ピンズが出来てるとかかな? う~ん、分かんねえなぁ…。』

<この時点での馬場の手牌>
tknpN4-0_25.png

ほぼ、その通りの形。

桜井:『いやぁ、ワケ分かんない。 九萬ポンでピンズの一色は消え、南が早いからトイツ型も消え…。 馬場の心理状態は手に取るように分かるけど、手の内はホント分かりづらいね(笑)。』

<4巡目>
tknpN4-0_10.png
3ソをツモ。 打南とする。

桜井:『3ソね…。 リーチという動きがあって、それに対して馬場も動いて、それでオレが一発目に引いてきたのは3ソ。 “ソーズ”だね。 こういう牌ってのはキチンとチェックしていかなきゃいけないよ。 この牌はもう出せないね。 情けないけど、ここではチェックするくらいしか出来ないよ。』

次巡、

<5巡目>
tknpN4-0_12.png
発をツモ。 打1pとする。

桜井:『ホラ来たぁ!(笑) やっぱりヤバイ牌がオレんとこにやって来るよね。 で、馬場の捨て牌が…』

<この時点での馬場の捨て牌>
tknpN4-0_12b.png

桜井:『この1p切りも分かんないよね。 なんで現物の1pをション牌の南のあとに切ってくるのか…。 これは恐らく手の内で使えてたんだろうね、「1234」という形で。 あるいは、「123」に「4」を引いて「1」を入れ替えたか…。 じゃないと、手堅い馬場がション牌を先に切るわけないもんね(笑)。 しかも南場の南だし。 あとは、マンズの上の八萬あたりがトイツであるとか、字牌も役牌の暗刻が1つ、あるいはトイツが2つとか…。 「67p」というドラの両面はメンツオーバーになるから持ってなさそうだし…。 なんか、こんなの読んでたら頭がおかしくなってきちゃうよ(笑)。』

<この時点での馬場の手牌>
tknpN4-0_26.png

なんだかんだ言って、ほぼその通りの形。

桜井:『で、片山の捨て牌がこうか…。』

<この時点での片山の捨て牌>
tknpN4-0_27.png

桜井:『これは、ある程度の手牌が入っていて、余った牌をトントントンとラクに切れてる感じが見えるよね。 まあラクな手というか、オレよりちょっと良いんだろうなってくらいしか、この段階じゃわかんないよ。』

<この時点の片山の手牌>
tknpN4-0_28.png

確かに、そんな感じの手牌に。 

- ドラを活かせない流れ -

次巡、

<6巡目>
tknpN4-0_14.png
5ソをツモ。 打一萬とする。

桜井:『この5ソは意味があるね。 リーチ後に“ソーズ・ソーズ”と来てるでしょ? だから、この5ソは本当にヤバイんじゃないですか? 一発目の3ソは、「気をつけなさいよ」・「要注意だよ」ってのを教えてくれた牌で、二発目の発は井出君にも馬場にも危ないんだよ。 で、三発目の5ソはものすごくヤバイね。 そうすると井出君のリーチは、タンヤオが本線なんで、待ちは「三萬・七萬・5ソ」のどれか。 で、もしかすると1枚も見えてない七萬は暗刻で持ってる可能性があるから、三萬アタマで「三暗刻」出来合いの、「2-5ソ待ち」ってのも一応抑えておいた方がいいかもしれない。 リーチ後、ソーズが濃い来方をしてるからね…。』

<井出の手牌>
tknpN4-0_21b.png

桜井:『このリーチは本来、一番決められて恐いのは、ドラ7p絡みのピンズ待ちだったんだよ。 でも、リーチ直後にドラ7pをツモ切ってくれたんで、ピンズの待ちってのはなさそうだよね。』

それだけでピンズ待ちがないというのが分かるものなのか?

桜井:『そうそう。 このリーチはドラ色のピンズが弱いというか、活かせない流れになってるのが見える。 だからさっき言った「三萬・七萬・5ソ」のバッタと、「2-5ソ両面」ってのを見てればいい。 特に「三萬・5ソ」のバッタだね。 この時点で「一萬・1p・9ソ」ってのが、捨て牌に2枚・3枚ずつ切れてて、トイツ場の様相が色濃く出てるからね。』

…ズバリそのもの。 次巡、

<7巡目>
tknpN4-0_16.png
三萬をツモ。 打北とする。

桜井:『あれ? 三萬がトイツになったってことは、どうなんだろう…。 井出君に三萬の待ちはないのかな…? あるいは最初に言った、オレが今置かれている“受け”の状態の強さが、三萬を2枚引かせてるのか…。 これがもし普通の状態なら、三萬の待ちは消せるんだよ。 で、残るは2-5ソ待ち一点ってとこなんだけど、オレに危ない牌がどんどん寄ってきてるってことを考えると、「三萬・5ソ」のシャボの可能性はまだ生きてるよね。 ただ、そうすると、井出君の待ちは5ソが残り1枚ってことになるから、オレは井出君に対してしっかり“受けきれる”状況になりつつあるよね。』

この直後、上家の片山が切り。(下図) 

<8巡目・上家の打牌>
tknpN4-0_18.png
上家・片山が発を切ったところ。(※これを下家・馬場がポン!→下図)

tknpN4-0_20.png
下家・馬場がをポンして打4pとしたところ。

桜井:『やっぱりの犯人は馬場か(笑)。 それにしても、この4pもワケ分かんないよね。 1pを切ってるにもかかわらず、「2344p」の形を持ってたってことだから。 まあ、あとから引いてきた4pを止めてたとか、そんな感じなんだろうけど…。』

をポンする直前の馬場の手牌>
tknpN4-0_29.png

…その通り。

桜井:『片山の切りも強いよね。 でも、カン三萬と2-5ソってのが、オレと井出君に持たれてて薄いから、そこがネックになってんじゃない? ピンズはそこそこ形になってんだろうけど…。 だから、まだテンパってはいないだろうね。』

<片山の手牌>
tknpN4-0_30.png

確かに…。 この後すぐに決着がつく。 




- 「間に合わせる」ことの大切さ -

<最終結果> 
tknpN4-0_21.png
井出の切った8pが馬場の単騎待ちに刺さる。

tknpN4-0_22.png
発・ドラ1」、点パネで3900点。

桜井:『何コレ?(笑) こんなの分かんねぇよ。 これ、やっぱりピンズに伸ばさなきゃいけない手だったんじゃないの?』

…確かに。 やや手が遅れるものの、ピンズの「混一色」で、最低でも7700点、ドラ引きで親満12000のテンパイに取れたはず。

桜井:『これ、普段の馬場だったら現物の九萬を落としながら、ピンズを集めていくって手順を取るでしょ。 でも、オーラスの親番ということで、切羽詰った心理状態になっちゃってて、あがいたんだね。』

恐らく、そんなとこだろうかと…。

桜井:『井出君としては、馬場にこんな和了りをされて嫌になっちゃうだろうね。 いつも「ここぞ!」っていう時に馬場や片山に足を引っ張られて…。 まあ、そこら辺が天運のちょっとした陰りなんだろうけど…。』

それは言えるかも。

桜井:『それにしても、何でオーラスだけアタフタと動きだすのかってこと。 これは皆さんもそうだろうけど、麻雀は一局一局をオーラスだと思えば、全局一生懸命打てるんだよ。 そうすれば自然と卓に乗れるようになるし、もし仮に天運がなくて卓に乗れなかったとしても、その流れに合った打ち方をしてれば、最終的に間に合わせることが出来るんだよ。 分かる? 「点棒がないから」・「オーラスだから」という人間の浅はかな心理や、自分勝手な都合で間に合わせるんではなく、いくら状況が苦しくても、最初から間に合うようにしっかりした行動をとってれば、アワ喰う必要はないでしょ? 人は何かに“間に合う”ってことが、とても大切なんだよ。』



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

03 ≪2017/04≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。