ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(会心) 四暗刻単騎 その2

今まで、四暗刻単騎をテンパイしたとしても、安目で和了ってしまうケースがほとんどだった。

今回もそう。高目・四暗刻単騎テンパイとはなったものの…。

悪い手順ではなかったと思うが、何か他に良い手がなかったかどうか。今後の資料として残しておきたい。



会心度0。


***


2007.08.22 第1東風荘にて


オーラス1本場、23000点持ちの2着目。

トップ(親番)とは22700点差。満直でもハネツモでも届かない。むしろ、他2人も2万点前後なので、2着争いといった状況。


【東4局1本場】 西家 ドラ四萬


<配牌>
0822sutan_01.png

配牌の時点では、暗刻は5pの1つだけ。

このあと終盤までに、ドラの四萬2ソが暗刻になる。


<13巡目終了時>
0822sutan_03.png

をツモって、打2pとしたところ。

もう上家に対して、白・北・マンズは切りにくい状況に。


次巡、またもをツモって打4pとする。(下図)

0822sutan_05.png

打4pとしたところ。

せめて北が自風なら、テンパイと同時に上家からこぼれてくるかもしれない北をポンしてテンパイ取りすることも出来るが…。

この状況で下手にオタ風の北をポンしてしまうと、三暗刻が確定しているわけではないので、三萬でしか出和了りできなくなってしまう。

ただ、もう終盤なので形式テンパイ取りのために、出たら鳴くとは思うが…。しかも、もしそれでテンパイ取りしたあと、まかり間違ってトップ目の対面から三萬が出ようものなら、「対々和・三暗刻・ドラ3」のハネ満直撃で逆転トップだし。


2巡後、またもをツモって暗刻に。

0822sutan_06.png

三萬と六萬、どちらを切りますか?

三萬はドラ表示で既に1枚出ている。六萬は1枚も出ていない。

和了り優先なら六萬切り、四暗刻単騎の可能性が高いのは三萬切り、といったところか。どちらにしろ、振込み覚悟になるが…。


どうしますか?

*
*
*
*
*

自分は、

0822sutan_07.png

打六萬。 テンパイ。 一応、高目・四暗刻単騎。

自分の河にある2枚の7pが痛い気もするが、それは致し方ないところか。とにかく、もっと出やすい単騎待ちにしたいところだが…。

それはそうと、場と上家の捨て牌から判断するに、上家の待ちは一-四萬か、下の方のペンチャン、カンチャンといったところか。もしくは白単騎。いずれにしろ、もう、この先、三萬は打ち切れないような。


すると、この直後、下家・対面から立て続けにリーチ。

しかし…

0822sutan_08.png

あっさりと上家から安目が出てしまう…。 この状況なら安目でも和了る。ロン。2着のまま終了。


***

<参考> 最終結果

0822sutan_09.png

2着はキープできたものの、なんとなく違和感の残る和了。


裏ドラを見ると。「リーチ」だったか…。

「リーチ」していれば、「三暗刻・ドラ3」に「リーチ・一発・裏3」もついて計10翻。それでも倍満どまりか…。あとから出てきたリー棒2本足しても、まだトップをまくれない。


…ん? 

でも、倍満ツモなら…。

トップ目が親番なので、倍ツモなら24000点差追いつくということ。結果的に上家から安目のロン牌が出たというだけで、安目であってもツモ和了れば、逆転トップだったということに。

違和感はそのあたりだったか…。四暗刻・単騎待ちで和了ることしか考えてなかったばっかりに…。


※追記

今になって気付きましたが、今回のケースは「会心の手順」ではなく、「痛恨の一打(リーチ)」でした。リーチしなかったことが痛恨。記事タイトルはそのままで、カテゴリだけ変更しました。



スポンサーサイト

コメント

僕はダマでいいと思いますが。
裏3は結果論で通常この手は四暗刻でしかトップになれない手。
2確本線でダマでいいと思います。

コメントありがとうございます。

以前にもあったと記憶していますが、2万点以上差があるとき、ハナから逆転は無理だと決めつけてしまった時点で痛恨のミスというのが今回もありました。ハネツモで駄目でも、ハネ直・そして倍満ツモでまくりトップ。”トップ目が親番なら24000点までなら倍ツモで追いつく”、知識としては知っていても、現実味がないと実戦で生かせないという…。

あと、裏3は結果論にしろ、ダマで5翻あったので、あの巡目ならむしろ、リーチでよかったような気もします。というのも、仮に安目ツモでも、「リーチ・一発・ツモ」の「三暗刻・ドラ3」なら倍満になるからです。3444の形の3面待ちなわけですし。

仮に「一発」でなくても、誰かの鳴きで「ハイテイ」が回ってくる可能性もあり、倍満ツモの可能性はそこそこあったかと。もちろん、暗刻が4種類もあるわけですから、裏3の可能性だって十分考えられます。単純計算で、暗刻が1組の場合の4倍の確率です。

やはり、一番の問題は「倍ツモなら逆転」を見落としていたことに尽きるかと。これがもし、巡目の早い段階ならダマにして、単騎待ちとして、もっと和了りやすい牌を探すことになったと思うのですが…。

ちなみに、次回の記事はそれで失敗したケースです。リーチが早すぎた…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/tb.php/175-b25c944f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

07 ≪2017/08≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。