ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(痛恨) 【鳴き方】 両面で鳴くべきケース その1

【鳴き方】の基本的なポイントの1つとして、

“鳴きにくい所から鳴いていく”

というのがあるかと。


先にペンチャン・カンチャン部分を鳴いておいて、最後に両面や多面待ちを残したいもの。

ただ当然、場合によっては両面で鳴くべきケースも…。今回と次回でご紹介するのは、まさにそんなケース。


痛恨度★★★



***


その前に、最近『天鳳』で観戦していたときに感心した、上級者の【鳴き方】をご紹介。 ※食いタン有り


次のイーシャンテンの手牌。

20071101190029.png

入り目は、「一-四萬・五萬・六萬、4-7ソ・5-8ソ・6-9ソ」。

普通に「メンピン・ドラ1」の手に仕上がりそうな感じ。

自分は、入り目の確認に必死になりながらも、

「テンパイする前に、出来れば三萬を引いてくるのがいいかなぁ…。ん? 七萬引きなら567三色も狙えるか? …いやいや、ドラが一萬だから最終的に一-四萬が残るのがベストか。」

なんて感じで見ていたところ、直後、この打ち手はさっさと上家の五萬をチーしてしまった。(下図)

20071101190034.png

打9ソとし、「タンヤオ・ドラ1」のテンパイ。

カン五萬をチーして9ソ切りという鳴き方。こういうテンパイの取り方は全く想定していなかっただけに感心してしまったという…。

食いタン有りなら、こういう打ち方(鳴き方)も当然出来るようにならなければ、と思ったのでした。
(食いタン無しに慣れてしまうと、ピンフのテンパイ目前での、こういった鳴き方の発想自体が出てこない。)


***


2007.06.30 天鳳にて ※当時、赤4枚入り   

【東2局0本場】 東家 ドラ9ソ


中盤、既にを鳴いているソーズの染め手。ハネ満まで見えているイーシャンテン。ただ…、

0630tuhrui_01.png

カンチャンばっかり残っている状態。 どこをどう鳴いても形が良くならない。

カン2ソをチーして打9ソとすると両面は残るが…。


この後、6ソをツモって打1ソとする。(下図)

0630tuhrui_02.png

打1ソとしたところ。

ドラが9ソでなければ、ここは9ソ切りとしたかったが…。

もしも、この先9ソが重なるようなことがあれば倍満まで見えてくる(白・中・混一色・対々和・ドラドラ)ので、そう簡単にドラを手放したくないところ。


それはそうと、この手牌から何をどうやって鳴くか。

当時、きちんとした準備が出来ていなかったかと…。


次巡、上家が切った8ソをチー。(下図)

0630tuhrui_03.png

いつものように、当然のように、カンチャンでチー。 

※↑痛恨!(後述)


この時、準備が出来ていなかったので、鳴いてから何を切るか考えることに…。

少考した末、

0630tuhrui_04.png

カン4ソ待ちに取らず、あえて6ソ待ち。 4ソは薄いと見た!



…確かに4ソは薄い。

しかし、6ソはもっと薄かった。 なんせ、純カラ。




<参考> 最終結果

0630tuhrui_05.png

この3ソが対面に刺さる。やはり、カン4ソ待ちに取るのが正解だったか。


***


<教訓>


結果的に振り込むことになったとしても、やはり “8ソの鳴き方” がミスだった。

あそこは、カン8ソでなく、両面で鳴くべき。

0630tuhrui_06.png

こういう手牌なら、両面で鳴いて、ドラ単騎で良かったのではないか。(下図)

0630tuhrui_07.png

両面で鳴いて、打3ソとしたところ。 ハネ満どまり。

ドラ9ソは山に丸生き。


スポンサーサイト

コメント

下の例ですが、そもそも13566779の形の時にドラを切っておくほうがいいと思います。
あがりやすさがかなり違いますので。
打9なら1~8で聴牌、打1なら34589で聴牌ですが、最終形が打9なら山にありそうなカン2sと枚数の多い58sになりやすいです。
打1だと9単騎などの苦しい待ちになりやすいです。
東風戦ということで、親満を難しくして親跳ねにまでする必要はないと思います。

コメントありがとうございます。

今になってちょっと思い出しましたが、確かこの時は対面に対してドラを切りづらくなってしまっていたかと思います。で、とりあえず、現物の1ソを切ってみたと…。

そうです、はっきりと思い出しました。対面もソーズの一色の可能性がなくはないということで、ドラをポンもロンもされたくなかったということだったかと。

で、最後は、対面の待ちが6-9ソ待ちか4-7ソ待ちか…ということで、あえて3ソを切ったんですね。

今回は、書いていて「どうも、理由が後付けっぽいな…」という感じでしたが、ホントのところは上記が正解です。

無理にハネ満・倍満を狙いに行ったわけではありませんでした。失礼いたしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/tb.php/184-b1af7058

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

07 ≪2017/08≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。