ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(痛恨) チートイか対々和か - その1 -

※現在、「チートイ関連」特集を継続中


以前から自覚はあるのだが、自分の場合、「チートイ」から「他の手役」への移行が苦手。(というか、「他の手役」を見落としてしまうことが多い。)

そんな中でも特に多いと思われるのが、「対々和」への移行。

役牌の対子があったり、鳴き易い端牌の対子が多ければ対々和へ向かうことにしているものの、中途半端な時もある。これが難しい。


今回から全4回の予定で「チートイか対々和か」をテーマに掲載。


まず1回目は、失敗したケースから。

チートイ」か「対々和」か。あるいは単に、鳴いた「発のみ」か。更には、出来合いの確定「一盃口」を生かすか、という選択に。これらの選択で完全に迷ってしまった。しかも、最後は“待ちを勘違い”していた、というオマケつき。

現在の自分の実力がよく出ている1局。沢山課題が残った。



痛恨度★★★★



※参考記事 → 2007.06.25 「混老頭・対々和」の見落とし
(冒頭、チートイから対々和への移行に関する記事の一覧を掲載)



***



2007.09.29 天鳳にて

※東風戦・食いタン有り・赤3枚入り


40500点持ちトップ目で迎えたオーラス。

2着目とは、ちょうど2万点、離れている。親以外なら差し込んで終わらせてもいい状況。


【東4局0本場】 南家 ドラ


3巡目、7ソをツモって打3ソとする。(下図)

<3巡目終了時>
0929tuchi_02.jpg

7ソをツモって打3ソとしたところ。

これで「一盃口」が完成。

ただ、「チートイ」のイーシャンテンでもあるし、「対々和・三暗刻」もある。

本来なら、この手はを鳴いて、「対々和」まで狙いたいところ。ただ、ダントツのトップ目で迎えたオーラスなので、そんなに無理をする必要がない。発をポンして「6-9ソ待ち」1000点でいい。9ソが2枚切れているので「南単騎」もありか。

その前にドラを持ってくれば、受けにも攻めに使える。「チートイ・ドラドラ」。トップのこの状況なら、これが一番いいのだが…。ダマで6400狙い。最低でも、ラス親にドラで和了らせることだけは避けたい。



…とまあ、こんな感じで、トップ目であるだけに、積極的に前に進む必要がない、というのが腰を重くしてしまった原因か。



この直後、

0929tuchi_03.jpg

下家から7ソが出る。

しかし、上記の理由から、これを鳴かず。

(やはり、ここが痛恨か?)


そのすぐ後に、上家の親からリーチが入る。


数巡後、

0929tuchi_04.jpg

が鳴けないまま、赤5ソをツモでテンパイ。

掴まされていた八萬を勝負してみる。(下図)

0929tuchi_05.jpg

八萬としたところ。

通った。一応“ひっかけリーチ”の可能性もあるかと思っていたが…。

で、ダマ。 

役なしだからと言って、こんな手でリーチは出来ない。


…と思っていたのだが…。


実は自分、これを「ペン7ソ待ち」と勘違いしてました…。
(これは、明らかに痛恨! 実際は4-7ソ両面待ち)


追記:確か、この時点では「一盃口」を確定してダマでも出和了りできる(と思っていた)4ソ引きを待っていたのを覚えている…。
(実は、4ソツモって9ソ切ったらフリテン。というか、既に自分の河に3ソが捨ててあるし。)



その後、4-7ソ両面待ちと気付いたものの、とにかくリーチはかけたくないし、かけられない。ダマで出和了りできる形にするか、をポンしたテンパイのどちらかを希望。


しかし、これがなかなかが出てこないし、チートイにも変化しないまま数巡が経過。(※2008.08.20追記:途中、発が出るも何故か鳴いてない。 もしかしたら、発のポンテンは頭になかったのかも…。)

そして、

<9巡目終了>
0929tuchi_06.jpg

自分の和了り牌である4ソを下家と対面に立て続けに打たれ、辛抱できなくなったか、ここで2pツモ切りリーチ。
(↑痛恨のリーチ!


※前の巡目には、親のリーチにドラ待ちはないと思い、下家に差し込むつもりでドラを勝負している。

↑これもヒドい。下家にハネ満振ったら2着まで落ちる。



***


<参考> 最終結果

0929tuchi_07.jpg

下家が和了ってトップのまま終了。


どうだったか。

やはり、トップ目とは言え、普通に「対々和」に向かうべきだったか。あるいは当初の構想通り、おとなしくしたままにしているのが正解だったか。

いずれにしろ、終盤のあの場面でアワ食ったリーチはなかったと、我ながら思う。ドラ白切りも論外。

「チートイ」か「対々和」か、どころではなくなってしまったような。


スポンサーサイト

コメント

最初の7sは鳴きません。
というか絶対鳴かないほうがいいです。
667788という順子形から中の7を仕掛けてトイトイに向かう
ケースはほとんどありません。
發を鳴くかチートイやイーぺー含みで面前で向かうほうが
遥かに和了れる可能性は高いです。

トイトイへは發を先に仕掛けている場合で打点が必要な時に
777p6677889sの時に7sが出たら鳴いて
6688sで受けるケースのみです。
(それでも今回の場合は出上がりトップなので鳴きませんが。)


それと自分でも言われてますが白の勝負は厳しいですね。
ドラ打ちは親のリーチだけでなく下家の染めてには
ハネマンまで見える仕掛けですから。


それでは、これで失礼します。

コメントありがとうございます。凄く分かりやすい説明で、納得できた感じがしました。

やはり、最初の7ソの鳴きはないですね。最終的に、あまりにもグダグダな感じになってしまったので、どこがいけなかったのだろうかと思ったのですが…。

発がなけず、チートイにもならず、待ちは勘違いするわ、フリテンになりそう、ということもあって完全にパニクっていたようです。打白は頭が真っ白だったのかもしれません。

とにかく、自分の実力がはっきりと分かる1局でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

09 ≪2017/10≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。