ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(講座)【ヘボ配牌】 攻略特集・「一色系」

今までに掲載した記事の中から、当時、【ヘボ配牌】と思えたものを取り上げ、再度手順を振り返ってみようという特集。

※【ヘボ配牌】における構想・手順の分類についてはコチラを参照



・【ヘボ配牌】;肝に銘じておく事
「配牌がヘボい時は無理に和了りに行くな。 相手の手を進ませない・和了らせないことの方が大事なケースが多い。」

・【ヘボ配牌】;検証の目的
「和了りどころかテンパイすら厳しいだろうが、その中でも何かしらの方向性を見つけ出す」ための訓練。


***


今回は、「見切り系」のうち「一色系」を2例ほど。

19字牌を“残していくだけ・切っていくだけ”の「国士・チャンタ系」や「タンヤオ系」を見切り、当面の狙いとして「混一色」や「清一色」に狙いを定めたものを再検証。 他の手役が複合されるケースも多い。
(例:「混一色・チートイ」、「混一色・対々和」など。)

※方向性が定まらずに複数の手役の可能性を残しながら打った場合は「複合系」にて。

この「一色系」は、序盤のツモに色の偏りがあったり、役牌が重なったりした時点で決まりやすくなる、というのが特徴か。
役牌が2つ重なったりでもすると、それだけで「役牌ポン→役牌ポン→ロン」というパターンも少なくない。 

この「一色系」も、“ドラが何色か”が重要。 自分の狙う色と違う場合は、リスクを背負うことに。 逆に、枚数が同じならドラ色の方に染めるという手も。


**


※タイトルをクリックすると当時の記事へ。


1、2007.10.05記事より


<配牌> 北家 ドラ二萬
0927kai2_01.jpg
7種7牌。 当時の印象はやはり「ショボい…」というもの。

ところが、最初のツモが「赤五萬」で、次巡「」が重なったことで印象がガラっと変化。 役牌が1つ重なってくれるだけで、心情的にはかなり違う。 

ただ、この手牌(ペンチャン+カンチャン&メンツ不確定)だと、仮に中が重なったとしても1鳴きせず、もう少しツモの様子を見てから判断したい。 ここから鳴いていってしまうと、“ベタオリか、突っ込むか” だけになりがち。

ちなみにもし、ドラが二萬でなければ、普通に四萬引き・5p引きを待ち、あとはソーズの真ん中へんをツモってくることを想定しての「ピンフ・456三色」狙いということに。 そうなると、字牌とペンチャンを払っていくことが出来る。 今回のようにドラが二萬だと、ちょっと構想が変わってくるような感じ。


<当時の構想・手順>
・配牌だけで判断すると「ピンフ」か「国士」。 
・五萬と中をツモのあと、ドラ二萬のツモにより「混一色」に決定。


<本来の構想・手順>
・役牌が重なっても1鳴きせず、様子を見たい。
・どこかに「ソーズの一色」が隠れている可能性もあり、要注意
 (自分の手だけ見ていると、交通事故に遭う可能性も。)
・ドラが二萬ということで、一萬を引いてきてもツモ切りせず温存。 
 二萬か三萬を引いてきた時の「食い一通」も準備しておく。


<参考> 当時の最終結果
・その後、ドラ二萬・三萬とツモったあと、発も重なる。 
 「混一色」狙いへ。 更にペン七萬もツモ。 
 結局、発と五萬をポンした「混一色・発・赤・ドラ」の満貫和了



**



2、2008.02.23記事より


<配牌> 西家 ドラ5ソ
80205machia075_01.jpg
7種8牌。 【サンマ】の配牌っぽい。

この手牌であれば、“ソーズが6枚もある”ということと、“ドラが5ソ”という事で、普通に「ソーズの一色」狙いでいいかと。 

こういう時、五萬にくっついて両面が出来てしまったりすると、かえって困ってしまうことに。 もしそうなった場合、手の内に役牌のトイツが既にあるかどうかが判断材料になるか。 つまり、動いていけそうであれば、完全に一色の道へ。 そうでなければ「ピンフ」も視野に、という感じ。


<当時の構想・手順>
・役牌のトイツもないし、ここからはまだ何も鳴かない。
 (1ソや2ソは出てもポンしない。仕掛けは役牌が重なってから。)
・字牌の重なり(東・発・西)が早ければ、鳴いて仕掛けていく。
 → もしも字牌の重なりが遅ければ、「混一色・チートイ」狙い。
 → 重なりが早くても、それがオタ風の北だったら「メンホン」狙い。


<本来の構想・手順>
・「ソーズの混一色」が本線で、あとは「役牌頼み系」。
 確実に2着をキープするなら、1000点でいいところ。


<参考> 当時の最終結果
・字牌が1枚も重ならないままソーズがどんどん入ってきて、
 結局、面前で「清一色・一盃口・ドラ1」の倍満和了
 (下家を直撃して逆転トップならカッコ良かったが…。)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

06 ≪2017/07≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。