ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(会心)【構成・構想】 チートイから対々和へ -その5-

今回は、“きっちりと見切れた”という点で、自分では納得の手順です。普段から、これぐらい大胆に攻めてもいいのではないか、と思いました。和了の点数的には大したことはないものの、満足度は高いです。会心度★★★

***

2007.05.29 第1東風荘にて

【東1局0本場】 南家 ドラ2p

<配牌>
070529toitoi_01.png

この時点での構想としては、678の「ピンフ・三色」狙い。

ただ、1巡目で二萬をツモ…。
普通なら、ピンズやマンズの真ん中あたりをツモってきそうなのに…。
そして、

<2巡目>
070529toitoi_02.png

6ソをツモ。明らかにおかしい…。
5ソや7ソをツモってくるならまだしも、重なるということは…。これで完全に見切ってしまいました。「ピンフ」にはならないな、と。

で、
070529toitoi_03.png

恐らくは、「両面は入ってこないだろう」ということで、ここで六・七萬の両面を外しにいってしまいました。
※ただし、ドラがもし五萬や八萬だったとしたら、こういう打ち方はしない。

ドラの2pをツモってきた時のことも考え、チートイを伺いながらも、いつでもオリられるよう、受けに回ることに…。そもそも、ここから普通にテンパイしても、ろくな手にならず、ダマで出和了できないし、危なっかしくてリーチもかけられない。

<3巡目>
070529toitoi_04.png

発をツモって打七萬。一応、チートイ狙いですが、基本的には“受け”の姿勢で。この手じゃ、他家から「リーチ」と来られた時に勝負になりません。

<5巡目終了時>
070529toitoi_05.png

東が重なり、チートイのイーシャンテンに。

ここが“決断の局面”でした。


「攻めるか、受けに回るか。」


役牌の東が重なったことで、「東・対々和」という形で動くことができるようにはなったが…。

ただ、ドラの行方が分からないですし、下手に動いて「リーチ」と来られても困ります。3ソや6ソをポンするのは難しいでしょうし、ここは無難に様子を見ていた方がいいか。


しかし、この直後、6ソが暗刻になり、これで心境の変化が。すぐに下家から3ソが出て、これをポン。(下図)

070529toitoi_06.png

珍しく、この形から動いて行きました。w

2巡後、また下家から、今度は東が出て、これをポン。

070529toitoi_07.png

テンパイ。

今までの自分にはない動き方です。自分じゃないみたい。

***

今回の「会心の手順」のポイントとしては、

まず、序盤のマンズの両面を外していけたこと。ただし、それは“ドラが2p”であったということと、“それまでのツモ”からの判断ですね。

あとは、チートイのイーシャンテンから積極的に動いていけたこと。対々和狙いで。これ、普段の自分ならば、取っていない手順ですね…。普段なら、「東」だけでなく、他にも「白」や「発」が重なってからでないと動かない…。

今回は“これこそ東風戦”というような手順で、今後参考にしたいと思います。普段は、こんな軽やかなフットワークはありません…。

***

<教訓>

・役牌があるなら、チートイ・イーシャンテンからでも積極的に動いてみる価値はある。

***

<参考> 最終結果

ポンポン鳴かせた下家からロン牌が出る。
070529toitoi_08.png

和了点以上に、ドラを使いきれる人間の手を潰すことが出来たというのが大きいか。

スポンサーサイト

コメント

俺は普通に東きりますね~。58m引いたら1mか2mきって1シャンだし、3s6sのくっつきもかなりきたいできますしね☆

でも自分もたまに直感でこういううち方します! 上がれたときの快感ははんぱじゃないですよね☆コメントのこしまくっていいのかな??

コメントありがとうございます。

自分でも自覚症状があることなのですが、自分の場合、“字牌を大事にしすぎ”というのがありますね。

ただ、今回のような手牌だと、自分が和了るよりも、ダブ東を鳴かれ、あっさり“ダブ東・ドラドラ”を和了られるのだけは阻止したいと思ってしまうんですね…。

あと、もう一つの傾向として、

「配牌や序盤で見えた手役にこだわりすぎる」

というのがあります。その後の変化を見ることが出来ないんですね。今回も、序盤の時点で“基本的に自分の和了はない”と決めてしまったと思います。“テンパイすらしない”と。
となると、どうしても「鳴かせもしないし、振り込みもしない」という打ち方になってしまうんですね。

そして、“決断の局面”で、自分には珍しく“攻撃型”のスタイルとなりました。

あと、コメント大歓迎です。いろんな意見・価値観があるべきだと思いますので。

配牌や序盤で見えた手役にこだわりすぎる
これは記事よんでたらそうなのかな~とおもいました。
俺は手役ほとんど見てないので、見習いたい部分でもあります。

字牌はどの程度引っ張るかむずかしいですよね。 結構スタイルの出る部分だとおもいます。
俺は字牌引きタイプだったのですが 最近あまり引っ張らなくなりました笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/tb.php/46-f6fd963e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

09 ≪2017/10≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。