ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(問題) 第42回 切り方に関するもの(2/2)

※2008年1月~4月分の総復習シリーズ

【切り方】に関するものの2回目。 
全5問。 【201】~【205】


※基本的に、自分の確認用。
※点数状況や場・局などの説明は省略。(ほぼ全て東風戦)
※難易度は、当時の自分にとっての難易度(5段階)。



***


【201】 (切り方)(最終形構想)(789三色)(雀頭) 難易度

:ドラが九萬ということもあり、配牌では遠くに「789三色」も見ていたところ、2巡目に赤5pをツモ。 これでピンズとソーズで2メンツ見えたので、上の「三色」は消えた感じ。 どんな最終形をイメージし、どこから落として行くべきか。

201_20080208.png

・備考:東2局、平場の親番。 食いタンあり。
・関連記事 → 2008.02.08

*
*
*

<解答・解説>

ドラが九萬なので、普通に9p→7pの切り順で。 

ドラが九萬であるということと、ペン七萬受けが残っているということで動きが取りづらい手牌。 ドラ九萬が重なって頭になることも想定した上で、「タンヤオ」や「ピンフ」狙いで良さそう。 

問題は雀頭。 頭候補としては、「八萬・7p」あたりを重ねるか、もし重ならなくても、ソーズの「66788」部分が「5-8ソ・6-9ソ」引きで「頭+1メンツ」になる。 

実戦でも典型的な「タンピン」への移行手順となる。  まず、9ソ引きで6ソが頭になり、次に五萬が重なって新たな頭に。 その後、ピンズで2メンツ見込める形になり、マンズの上(ペンチャンターツ)を外していくことになる。 

ペンチャン・カンチャン受けがあれど、ツモに合わせて内に寄せて行けば自然に「タンピン」になるという例。 ちなみに、ソーズの「一盃口」にこだわってしまうと、手牌の変化が全くないまま終わることに。

<実戦での最終形>
55m334455p34678s (2-5s待ちでリーチ)


***


【202】 (切り方)(123三色)(雀頭)(ヘボ配牌) 難易度★★

:7巡目、メンツオーバー気味のところに「123三色」が近づくカン二萬をツモ。 どこを落として行くべきか。 

202_20080218.png

・備考:2007年4月の牌譜より。 東1-1で平場。 南は自風。 中は1枚切れ。 5pの暗槓により、カンドラが5ソ。 下家は既に3フーロだが安そう。
・関連記事 → 2008.02.18

*
*
*

<解答・解説>

6p切り。 でも、どれでも良さそう。 

実戦当時は、何を切っていいか決めきれずに「中のトイツ落とし」。 記事掲載時(2008年2月)段階での自分なりの解答は、「今なら1p・2pを落として行く」とのこと。 

でも改めて当時の場の状況を見てみると、ドラそばのピンズがかなり薄いので普通に「6p・8p」を落としていいような気もする。 「123三色」を見切るには早すぎるし。 あとは、“「チー」して「チー」して「南と中」のダブルバック”という手だってある。
※実際その後、実戦でも「6p・8p」を落として行くことになる。

<実戦当時の最終形>
123m123p1355s南南南 (カン2s待ちリーチ)


***


【203】 (切り方)(待ち牌選択)(多面待ち)  難易度

:発をポンしたところ。 何を切るのがベストか。

203_20080226.png

・備考:親番。 鳴いた発は対面の追っかけリーチ宣言牌。
・関連記事 → 2008.02.26

*
*
*

<解答・解説>

6p切り。 

「3334567」の形にすると、「2-5-8・4-7」の5メンチャンになる。 明らかに6pが危なそうな時は、3p切りで「5-8」待ちもあるか。 


***


【204】 (切り方)(待ち牌選択)(最終形構想)(ヘボ配牌) 難易度★★

:中盤、満貫確定の「混一色」イーシャンテンの手。 一萬ポンを待っていたところ、五萬をツモってのテンパイ。 どんなテンパイの取り方があるか。

204_20080417b.png

・備考:西は自風。 一萬と七萬はともに1枚切れ。
・関連記事 → 2008.04.17

*
*
*

<解答・解説>

・その1:一萬切り、カン二萬待ち
・その2:三萬切り、一萬と六萬のシャンポン待ち
・その3:七萬切り、カン四萬待ち


実戦では、場に1枚出ている、安全そうな一萬を切っての「カン二萬待ち」を選択。 そもそも、既に満貫が確定していたので、“更にその先”を見ることをしていなかった。 

理想としては、ここはいったん「一萬と六萬」のシャボに受けた後、五萬・七萬の重なりでの手替わりによって「混一色・対々和」まで見ておきたいところ。 「混一色・対々和・発・西」でハネ満になる。 しかもツモ和了った場合、「三暗刻」もついて倍満に。

ちなみに実戦では、この後「一萬」をツモってきて和了りを逃すことになる。 挙げ句に上家に満貫をツモられる。


***


【205】 (切り方)(待ち牌選択)  難易度★★

:中盤、下家のリーチ宣言牌の2pをポンしたところ。 親満確定の「混一色」手。 ここで4pと5pのどちらを切るか。 “両面かシャボか”の選択。 どちらも危険牌。

205_20080418a.png

・備考:オーラス、僅差の3着目の親番。 親満で十分のケース。 「中・5p」は対面が1枚ずつ切っているのみ。 「4p・3-6p」は誰も切っていない。 トップ目・上家は安手で既に3フーロ済み。
・関連記事 → 2008.04.18a  ・参考問題【204】

*
*
*

<解答・解説>

赤5p切りで勝負。 相方が中ならシャボで。

親満で十分だからと言って、ここで下手に“和了りやすさ”を狙った「4p」切りとしていたら、上家と下家からのダブロンを食らうことになっていた。 

ちなみに、実戦でもきちんと「赤5p」を切ってテンパイに取り、最終的に中で和了。 最後の最後で無駄にインパチ。 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

07 ≪2017/08≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。