ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(問題) 第63回 配牌構想編(1/5) 2008.05~12

※2008年5月~12月分の総復習シリーズ

去年の5月から12月分までの記事を少しづつ復習していく予定。 
項目別に分類し、練習問題形式にて。 

<項目別予定問題数>
配牌構想 (約50問)  
構想変更 (約70問)
最終形構想 (約30問)
メンツ見込み・振り替え (約40問)
切り方・残し方・鳴き方 (約130問)
待ち・入り目・その他 (50問以上)

まず今回からは、“配牌構想”に関するものを毎回約10問ずつ、全5回予定で。 




ここで扱う配牌の多くは、パッと見で「タンヤオ」や「ピンフ」にならなそうなものが中心。(※一部除く) ということで、一応のテーマとしては、こんな感じ。 

「タンヤオ」にも「ピンフ」にもならなそうであれば、
『安易に “1・9・字牌” から切り出さない』

(ただし、どのケースも状況次第で変化。 クズ手から「タンピン」になる可能性も。)
  
今回と次回は2008年4月以前の記事の中で埋もれていたものからピックアップ。
まずは8問。(※全て第1東風荘にて)  【318】~【325】


<今回の配牌一覧>

【318】 20070329_318b.png

【319】 20070424c_319.png

【320】 20070426_320.png

【321】 20070513_321.png

【322】 20070516_322.png

【323】 20070521_323.png

【324】 20070530_324.png

【325】 20070605_325.png




問:どんな構想で臨むか。 また、不要牌は何か。

※あくまで自分の確認(印刷)用。解答は暫定的。
※基本的に全て東風戦。点数状況の説明は出来る限り省略。
※解答時間の目安は1問につき3秒ほど。
※選択肢から構想を2つ~3つ選んで第1打を決定。複数回答可。
※構想内訳 0.受け=受け重視 1.国士=国士無双 2.チャンタ系=チャンタ・純チャン 3.一色系=清一色・混一色 4.トイツ系=チートイ・対々和 5.役牌=役牌頼み 6.その他=タンヤオ・ピンフ・三色・一通・一盃口など何かあれば。



【318】 (配牌構想)(ヘボ配牌見立て)(いきなり両面外し)(別色両面ターツ2組)  
※【265】タイプ…別色両面トイツ2組外しで「混一色」1本

<東1局0本場・東家> 第1東風荘にて
20070329_318b.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.03.29 
・備考…親の配牌(14枚)。 
*
*
*
<解答・解説> 

・構想…( 36 )  ・打牌候補…( 2p・3p )

東パツの親番で「ドラなし・(高目)タンピン」2シャンテンの配牌。 安目1pだと「メンピン」のみで2900点になってしまう可能性があるので、少し工夫したいところ。 

構想は次の3本柱で。 ドラ7p付近を引いて両面ターツを作っての「メンタンピン・ドラ1」か、3-6-9ソ待ちの「メンピン・(高目)一通」か、あるいはマン・ピン4枚払っての「清一色」。

で、この3つに不要なのは?と考えると、1p引きで1メンツ出来てしまうと困る、「23p」の両面ターツということに。(この“23p”は“19p”と同じものとして捉える。いわゆる「ヘボ配牌に見立て」。 下手に「メンピン」のみでテンパイして即リーしてしまうと、その後、「追っかけリーチをかけられ→ドラを掴まされ→放銃」というパターンに非常になりかねない。) とりあえず、ピンズの下を払って真ん中へんを引いた、次の1シャンテン形にしておくのが理想。

<例:理想1シャンテン形>
20070329_318c.png

6pにくっつけば、1ソ切りでリーチ。 「メンタピン・ドラ1」での満貫見込み。 6pが重なれば、打8ソでリーチ。 「メンピン・(高目)一通」での満貫見込み。

そして最後は「清一色」への移行。 これも見落とさないようにしておきたい。 あと2~3枚ソーズを引いてくれば、鳴いて「清一色」狙いの満貫が最も簡単かと。

ちなみに実戦では、無難に北からの切り出し。 しかしその後、5巡目までに「8ソ・7ソ・6ソ」とツモ。 こんな手でテンパっていたはず。 「123456677889北」(北単騎待ちの「混一色・一通」。 更に次巡、4ソツモで「清一色」へ。 「1234456677889」(1-4-7待ち)。 実際は、河にソーズでメンツを作ってしまう。
 

【319】 (配牌構想)(第1ツモ)(レアケース)  
※【143】タイプ…最初のツモで両面ターツ2組目

<東1局0本場・西家> 第1東風荘にて
20070424c_319.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.04.24c 
・備考…6種6牌、ドラが一萬。 最初のツモで構想変更。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 016 )  ・打牌候補…( 8ソ→8p→七萬 )

良問&レアケース。 これは一見、普通の配牌。 【143】(7種7牌)同様、最初のツモで2組目の両面ターツが出来たことで、「タンピン」を遠くに見て“とりあえず19字牌を切っていく”、となりがち。 ただしそれは、ドラが真ん中の牌という条件で生きる考え方。 今回のドラは一萬。 しかも、“食いタンなし”ときてる。 そして両面2組以外はバラバラという状況。 「まあ頑張ったとしても、せいぜい1シャンテンどまりかな?」という予想に。  

ということで、一応は「国士」と「345三色」の天秤という、レアな天秤で。 ただし、本線は“受け”重視。 まず自分の和了はないだろうし、テンパイに近づける段階で必ず無理が生じるはず。 ここは、“ドラを持っている相手に注意する一局”とした方が良さそう。 下手にテンパイしてリーチしたりなんかすると、ドラを掴まされて放銃なんてことも。

実戦当時は、「国士・チャンタ」狙い1本。 途中から“受け”に回り、テンパイから程遠い状態で終了。(マンズで1メンツがやっと。) 他家3人とも満貫クラスの手。


【320】 (配牌構想)(第1打)(いろいろな可能性)  
※参考:北海道対局・第2回戦(南1-0)

<東1局0本場・北家> 第1東風荘にて
20070426_320.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.04.26 
・備考…東パツで自由に打てる状況。
*
*
*
<解答・解説> 

・構想…( 26 )  ・打牌候補…( 7p → 東・中 )

いろいろな可能性のある配牌。 パッと見で「ピンフ・678(9)三色」が本線。 ドラ1ソなので、場合によっては「123三色」も。 「3ソ・4ソ」引きなら「一通」。 「9p・9ソ」を引いた上で東か中が重なれば、「56ソ」を払って「チャンタ」も。 ただ、「四萬・6p」引きだと無印で終わる可能性もある。 浮いた2ソへのくっつき方とタイミングがカギを握りそう。

ということで、無難に字牌(東・中)から切り出してもいいものの、“安易に19字牌から切り出さない”というテーマに則るのであれば、7pを1枚外して様子を見るという手がある。 そうすると、2ソへは“くっつき”ではなく“重なり”でも良くなる。 雀頭候補。

ちなみに実戦では、なんとドラ1ソを暗刻にし、「ピンフ・純チャン・(高目)789三色・ドラ3」で「リーチ」。(789m78p11123789s 6-9p待ち) 結果、高目9pで出和了り。 裏も乗って3倍満(24000点)の和了に。


【321】 (配牌構想)  
※【149】タイプ…字牌トイツ2組+ピンズ5枚
※【263】タイプ…125789m+役牌トイツ1組
※【322】…ソーズ「12X」の3枚が不要に見える。


<東2局0本場・東家> 第1東風荘にて
20070513_321.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.05.13 
・備考…親の配牌(14枚)。
*
*
*
<解答・解説> 

・構想…( 36 )  ・打牌候補…( 8p → 2ソ → 1ソ・9ソ / 467m )

どう見ても「混一色・一通」狙いの手。 「一通」がつかなくても「白・混一色」の5800で十分。 ダブ東が重なれば言う事なし。 

仮に3ソを引いて「チャンタ」が見えても、白をポンしたら2900点どまり。 それなら“メンツ作らず”もある。 ただ、ダブ東の重なりやドラ中引き次第で変化。 あと、同じ“チャンタ系”でも、「一萬・九萬・1ソ・9ソ」あたりが重なっていくようだと「混老頭・対々和」なんてのも。 これなら、白が鳴けなくても満貫に。 だから8p→2ソの切り順で。

ちなみに、当時は配牌で「国士」と「チャンタ」しか見れなかったものの、途中から「混一色」へ移行。 中盤でようやくダブ東が重なる。 最終的に「白・混一色・(高目)ダブ東」のテンパイどまり。 ラス牌の東が深すぎた。


【322】 (配牌構想)(ヘボ配牌見立て)(いきなり両面外し)  
※【147】…白暗刻・北1枚・ピンズ4枚から「混一色」狙い1本。
※【148】…白暗刻・ドラ北2枚・他バラバラから「混一色」へ。
※【149】…字牌トイツ2組+ピンズ5枚で「混一色」狙い1本。 いきなり別色の両面外し。
※【263】…白トイツ・北1枚・125789mから「混一色」1本。 いきなり56ソ両面外し。
※【321】…ソーズ「12X」の3枚が不要に見える。
※【325】…役牌トイツ1組+ピンズ6枚で「混一色」1本。 いきなり45ソ両面外し。


<東4局0本場・西家> 第1東風荘にて
20070516_322.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.05.16 
・備考…ダンラス。 最低でも満貫以上が必要。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 3 )  ・打牌候補…( 4ソ・5ソ → 1・2ソ )

ダンラスなので、配牌だけなら「混一色」狙い1本という印象も、最初のツモ4ソで「構想変更か?」とグラつきそうなところ。 でも、やはり「混一色」1本で。 ソーズで“メンツ作らず”、4ソはツモ切り。(ソーズは全て払い。) 状況が状況だけに、迷わず1本道を進むだけ。

あとはカン3pをチーして、「9p・発」をポン、最後はドラ北単騎待ち。 「白・発・混一色・ドラドラ」でハネ満。 序盤で「2p・4p」どちらかが重なるようなら、「対々和」もついて倍満まで見えてくる。

実戦でも、この4ソはツモ切り。 最終的に「北・9p」シャンポン待ちの「メンホン」でテンパイし、即リー。 結果、「リヅモ一発・白・発・混一色・三暗刻・ドラ3」和了で数え役満となり、ラス目から一気にトップで終了。


【323】 (配牌構想)(配牌2色)(第1打)  
※【273】・【274】タイプ(一色と三色の天秤)
※【319】…一見「ピンフ」も色違いのドラに注意。 ドラ引きを想定した構想も。


<東4局0本場・南家> 第1東風荘にて
20070521_323.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.05.21 
・備考…オーラス3着目。 満貫で2着浮上、トップ目直撃なら一気にトップ。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 356 )  ・打牌候補…( 四萬→七萬 )

これなんかも、つい字牌から切ってしまいそうな手。(※実戦ではからの切り出し。) でも、「南・発・中」3枚とも役牌で、第1ツモで“ピンズ両面ターツ3組”ということを考えると…。

パッと見では明らかに「タンピン」系の手。 マン・ピンの2色で構成されていて、既に順子で1メンツ完成、2pツモで両面ターツが計3組。 ただ、ドラはソーズの5ソということで、ここからの構想としては、役牌を重ねて“一色”手に持っていくか、それともソーズの中スジを引いて“三色”の手にするのか、といったところ。

この局面で最も意味がないのは、このまま2色で終わらせること。 七萬を頭にしてしまうと、9p引きの時点で「ピンフのみ」1000点にしかならない。

ここは四萬→七萬と切り出して様子を見たい。 「タンピン」なら、ピンズ「56778」の部分で「頭+1メンツ」を見込んでおき、ソーズの中スジ(4~6)引きに対応。 「メンタピン・ドラ1」での満貫狙い。 もしも役牌が重なるようなら一気に「混一色」へ移行。 面前で「メンホン」をテンパイさせるか、もう1枚役牌を重ねての「役役・混一色」での満貫狙い。

ちなみに実戦では、南がカブった後、発が暗刻に。 その後、ピンズを引きまくって「南・発・混一色」満貫で余裕で和了れていたはず。


【324】 (配牌構想)(第1ツモ)  
※【220】タイプ…配牌で「345三色」が見えるも、第1ツモの牌の重なりでトイツ手へ。

<東1局0本場・南家> 第1東風荘にて
20070530_324.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.05.30 
・備考…配牌でトイツ2組。 第1ツモで両面入らず、重なってトイツ3組に。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 456 )  ・打牌候補…( 8p )

序盤でドラ3pを引けるようなら、「白・ドラ1」2000点で軽く流せばいいだけの手。 そうでなければ、白の1鳴きは自重すべきか。

遠くに「下の三色」・「上の三色」両方とも見えるものの、ドラが3pという事を考えると「345三色」か理想。 ただ、最初のツモで3ソが重なったというのが気になる。 横に伸びず、牌が重なっていく方向で手が進んでいくことも想定しておくべき。(両面が入らず、トイツ系の手になる可能性がある。) 浮き牌の1つ、8pを切って様子見。 

ちなみに、実戦では九萬からの切り出し。 その後、「3ソ・七萬」が暗刻になり、4ソを重ね、自風・南も重ね、最後は南を暗刻にして「白・4ソ」のシャンポン待ちで「リーチ」。 「リーチ・対々和・三暗刻・南(・白)」、ツモり四暗刻の形。 結果、白をツモって「四暗刻」和了。


【325】 (配牌構想)(ヘボ配牌見立て)(いきなり両面外し)  
※【149】…役牌トイツ1組(字牌2組)+ピンズ5枚。別色ドラそば両面ターツ1組
※【263】…役牌トイツ1組+マンズ6枚で「混一色」1本。いきなり56ソの両面外し。
※【322】…役牌の暗刻・トイツ各1つ+ピンズ4枚から「混一色」。いきなり45ソ両面外し。


<東4局0本場・西家> 第1東風荘にて
20070605_325.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2007.06.05 
・備考…オーラス、3着とは3600点差のラス目。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 3 )  ・打牌候補…( ピンズと字牌以外すべて )

現在ラス目。 5ソツモでドラの受け入れが出来たとは言え、「西・ドラ1」2000点を和了っても全く意味がない状況。 であれば「混一色」1本で。 「西・混一色」で3900になり、ギリで3着へ浮上。 マンズとソーズは払い。 思い切って4ソ→5ソと切っていく。 その後で(万が一)ドラ6ソを引いてくるようなら、ツモ切らずに重ねる努力を。

でもまあ、ラス目でこの配牌・ツモということは、仮に45ソ両面ターツを残したとしても、高目のドラ6ソをツモってくるようなことはなく、最後まで残ってしまう事が多いはず。 ようやく引いてきたとしても、安目の3ソというオチ。 だから、思い切って両面から外してみる。

当時は配牌で「混一色」を見ることが出来ず、なんと1pからの切り出し。 論外だった。 それでも、最終的にはピンズの「混一色・チートイ」をテンパイまでは行っている。 ただし、1pから切っていなければツモ和了っていたことに。



スポンサーサイト

コメント

こんばんは 色々拝見していて思ったのですが
打ち筋が全体的に2、30年前のセオリーに
雀鬼流の変な部分だけを取り入れたものが
合わさったように感じます。

結果的には失敗に終わったかもしれませんが
318の牌姿から向聴落としをしていては
(というか北以外の選択肢が無いような…)
トータル成績は上がらないように思います。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> 取り入れたものが合わさったように感じます。

よくご存知ですねw 昔の麻雀はよく知りませんが、恐らくご指摘の通りだと思います。


> 318の牌姿から向聴落としをしていては (というか北以外の選択肢が無いような…)トータル成績は上がらないように思います。

318のケースについては、もしかすると状況次第で変化するかもしれません。 和了りトップなら当然、北を切るでしょうし、最低でも満貫が必要なケースならば、やはり染めていくことになるでしょうし。 東パツの親番で、あの配牌の場合…。 「ラッキー!」と思う人もいれば、「手なりテンパイ・ピンフのみじゃ、あまりにも面白くない」と思う人もいるかと。

まあ、勝ち負けを抜きしたところでの手順の研究が、これはこれで面白いんですよw

サイト目標が上級者を目指すとあったので
勝敗に拘ると思ったのですけど
違うのですね。失礼しました

そもそも最低でも満貫なら
リーチピンフ一通が本戦で、
メンタンピンツモの4本折れでも
平面ピンフなので30%強裏期待できます。
倍満がいるなら染めでしょうけど
跳ねまんでも
リーチ、ピンフ、一通につも裏一発のどれか二つをつけるのを狙うべきだと

あと、東発で最安で700オールですが、これは東風戦では平均順めちゃめちゃ上がります。
まっすぐいって最高6000オールまではっきり見えるのに、
染めに拘って河を弱くするのも出親として不利ですねぇ。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

>東発で最安で700オールですが、これは東風戦では平均順めちゃめちゃ上がります。

これ、以前も上級者の方に同じようなことを言われましたね。 “序盤で1000点でも上回ると、かなり有利になる”、みたいな。 確かに、自分の場合、そういった意識が欠けている部分はあります。 (逆に、東パツで満貫・ハネ満の親かぶりを食らうと、圧倒的に不利というのは身に染みて分かってます。)

詳しい情報、ありがとうございます。 是非今後の参考にさせて頂きます。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

04 ≪2017/05≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。