ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ポ) チートイからの移行 その7(1シャンテン段階での準備3/5)

2008年の終わり頃になると、それまでの「チートイでいいや」から、「チートイを見つつ、対々和も視野に」という構えにはなったものの、結局は“暗刻が2つ出来るまで動かない”ことが多く、鳴いたはいいけど待ち牌が純カラなんてことも。

例28~31の4題。(うち3題はサンマ。)


<チートイからの移行のポイント特集>

※関連記事1 → その1(トイツ3組の段階での準備) 例1~7 
※関連記事2 → その2(2シャンテン段階での準備 1/3) 例8~11 
※関連記事3 → その3(2シャンテン段階での準備 2/3) 例12~15 
※関連記事4 → その4(2シャンテン段階での準備 3/3) 例16~19 
※関連記事5 → その5(1シャンテン段階での準備 1/5) 例20~23 
※関連記事6 → その6(1シャンテン段階での準備 2/5) 例24~27 
※関連記事7 → その7(1シャンテン段階での準備 3/5) 例28~31 
※関連記事8 → その8(1シャンテン段階での準備 4/5) 例32~35 
※関連記事9 → その9(1シャンテン段階での準備 5/5) 例36~39 
※関連記事10 → その10(テンパイに取るかどうか) 例40~43 






<テーマ> “チートイ1シャンテンから鳴いて行くかどうか”


【例28】 2009.02.03記事(サンマ)    ※例12の続き
 
<東1-0 東家> 4巡目終了時
20090203_02b.png sanma04png.png

※9pが重なって打2ソとしたところ。 トイツ5組、役牌1枚、ドラ0枚。 西は1枚切れ、発はション牌。 2巡目の時点で、“カン2p受け”を見切って3pを切っている。

( チートイ1本 / 対々和1本 / チートイ・対々和の天秤 / その他 )

<構想>
【例12】の段階では、“「発・2p」どちらを引くかという条件次第”での「チートイ/対々和」の天秤。 2pが来れば「チートイ」で、発が重なれば「対々和」。 結局、そのどちらにもなっていない“微妙”な状態。 

和了りやすさで言えば、「発・西」どちらかの単騎待ち。 リーチすれば9600確定。 裏が乗れば18000点。 ここから鳴いて行くと7700点どまり。 やはり、“鳴ける牌が出るようなら、鳴いて「対々和」へ”、というスタイルか。

しかしこの直後、対面から9ソが出るもスルー。 そして5ソをツモったところで打九萬。(下図)

20090203_03.png

9ソを見送ったにもかかわらず、この5ソをツモ切らず。 明らかに迷いがある。 どちらかに決めきれない。 ただ、この形になれば流石に「対々和」か。 ちなみに、ここでは同じ1枚切れでも先に西の方を切っておくべき。 九萬の方が受けに効くし、重ねれば8pよりも鳴きやすい。 しかも、9の「三色同刻」も狙える。

<打牌候補> 西・発   <この前> 例12   <最終結果> この後、9ソも8pも暗刻になり、面前で「対々和・三暗刻」をテンパイ。 即リーすると、ラス牌の1pで出和了り。 「リーチ・対々和・三暗刻・赤・北ドラ」で親ッパネ18000点。

ただし、“暗刻が1つ・2つ出来てから、ようやく重い腰を上げる”というスタイルでいると、次の【例29】のように大失敗することになる。


***


【例29】 2009.02.04記事(サンマ)   ※例2・例14の続き

<東2-0 東家> 3巡目終了時
20090204_04bb.png sanma04png.png

※ドラ1ソを重ねて打6pとしたところ。 トイツ5組、役牌1枚、ドラ2枚(赤1枚)。 九萬が1枚切れているのみで、他の鳴ける牌は1枚も出ていない。 ちなみに、【例28】と同様、「西・発」が1枚ずつ浮いている形。

( チートイ1本 / 対々和1本 / チートイ・対々和の天秤 / その他 )

<構想>
例14(トイツ4組)の段階で、“~なら「チートイ」、~なら「対々和」”と決めてある状況。 そこへ、このドラ1ソの重なり。 ということで、対々和」1本に決定。 ネックは4pが鳴けるかどうかだけ。 ただ、途中で「西・発」の重なりという保険がある。 それらの重なり次第では、4pのトイツを落として「混老頭・対々和」へ。 どんどん鳴いて行くだけ。

しかし実戦では、この前の段階での準備が不十分で、この形になっても「チートイ」本線だった様子。 その結果、“鳴き無し”を押しっぱなしだったために、この直後に上家が切ったドラ1ソを鳴くことが出来ず。 挙げ句に、南を2枚ともスルー。 

枯れ具合に気づかないまま場は進み、その後「9p・4p」が暗刻になったところで、「対々和」へ移行を決意。 4枚目のドラ1ソが出たところで、ポンしてテンパイ取り。 しかし、南はとうの昔に2枚とも切られているし、九萬も既に2枚目が切られた後だった。 つまり、ともに純カラのシャンポン待ち

<打牌候補> 赤5p   <この前> 例2・例14   <最終結果> 下家の和了


***


【例30】 2009.02.05記事(サンマ)   

<東1-1 西家> 1巡目終了時
20090205_01.png sanma04png.png

※北を抜いてリンシャンから2ソをツモり、打4pとしたところ。 配牌で「チートイ」1シャンテン。 トイツ5組、役牌1組、ドラ0枚、北ドラ1枚。

( チートイ1本 / 対々和1本 / チートイ・対々和の天秤 / その他 )

<構想>
これは「対々和」というより、5ソあたりを引くか9ソを重ねての「西・混一色・北ドラ」狙いの方が良さそう。 その前に「チートイ」でテンパイするようなら、九萬単騎待ちで。 

<打牌候補> 九萬   <この続き> 例43へ

<その後> 
5ソではなく、2ソをツモって暗刻に。 当時はここで九萬単騎での「チートイ」を優先し打9ソとしてしまったが、先に九萬切りでもよかった。 9ソを重ねれば6pのトイツを落とせる。 その後、次の手牌に。

20090205_02.png

対々和」と「混一色」の天秤。 ここで準備しておくのは、白が重なってしまった場合。 「チートイ」のテンパイに取るのかどうか。(→例43へ)

実戦では、その後6pをツモって暗刻に。(下図)

20090205_03.png

→ 20090205_04.png

6pツモで打3ソとしたところ。 ただ、ここは「一盃口」でのテンパイもあるので、ション牌の白切りで良かった。 (※実際、次巡3ソをツモっているのでテンパイを逃すことに。)

<最終結果> 南も暗刻にして、「対々和・三暗刻」でリーチ。 出和了りとなるも、カンドラ・裏ドラ乗りまくりで「数え役満」に。


***


【例31】 2009.02.23記事   ※例16の続き
 
<東3-0 西家> 2巡目終了時
20090223_02.png

※れっきとした4人打ちでの手牌。 3ソを重ねて打4ソとしたところ。 トイツ5組、役牌2枚、ドラ0枚(赤1枚)。 中が1枚切れている以外は、全てション牌。 

( チートイ1本 / 対々和1本 / チートイ・対々和の天秤 / その他 )

<構想>
【例16】の段階(トイツ4組)では、「ピンフ・一盃口」あたりを見ていた手。 一萬か九萬のどちらかを頭で使い、ドラ近辺をツモってきてのくっつき待ち。 もしも「2ソ・3ソ」が重なるようなら「チートイ」、「東・中」どちらかが重なるようなら「対々和」と決めていた。

そこへ、この3ソの重なり。 これで「チートイ」本線に。 鳴きやすい「一萬・九萬」のトイツがあるとは言え、ドラは赤1枚だけだし役牌のトイツもない。 「3ソ・5ソ・6ソ」をポンしての「対々和」は無理がありそうに思えるが…。 

しかし実戦では、この後、2つの要素が絡んで「対々和」へ移行することに。 1つは、の3枚切れ。 そしてもう1つは、直後に3ソが暗刻になったこと。 これにより、重ねる候補が東しかなくなってしまい、必然的に選択肢は「対々和」1本に。 

20090223_03.png

3ソをツモって打中とした手牌。 こうなったら、迷うことなく鳴いて行くだけ。

<打牌候補> 2ソ・東   <この前> 例16  <最終結果> 九萬をポンした後、すぐに5ソをポンしてテンパイ。 これだけ自分の手にソーズが固まっていて、更に4ソが場に2枚切れているとなると、他家は5ソも6ソも相当使いづらいということに。 そうとは知らず、当時は「和了れるなら一萬の方」だと思っていたところに、あっさりと6ソをツモ。 「対々和・赤」で1300/2600の和了。 いくら中張牌が多くても、こういうケースもある。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

09 ≪2017/10≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。