ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(会心)【構想変更】 1メンツ落として「混一色」へ・その1

引き続き、役牌の扱いがポイント。 今回からは、“鳴いて行く”ケース。

今回の場合、1鳴きはしないけど2つ目は鳴く。 でも、鳴きはしたけど“受け”を重視しつつ、並行して手を育てる、というもの。 その際、“手牌の中の1メンツを不要と思えるかどうか”、がテーマ。 全3回予定。

“1メンツ落とす”ということで、一見、遠回りのようにも思えるものの、河に1メンツ並べてしまうこともあることを考えると、結局は同じこと。 とは言え、それも “他家の手の進み具合との兼ね合い次第”、ということに。


・会心度★★


<メンツ落とし関連>
※関連記事 → 2008.03.17 【サンマ】 初の清老頭
  (「純チャン」への移行過程で543ソを落として行ったら「清老頭」に。)
※関連記事 → 2008.04.14 ヘボ配牌に見立てる・その4 
  (せっかく完成した1メンツを、途中から落として行き「混一色」へ。)
※関連記事 → 2008.04.20 「混一色・対々和」(その5)  ※練習問題【269】出題済
  (本来なら第1打からメンツ落としで「混一色」へ。)
※関連記事 → 2008.10.14 「チートイ」1本から「対々和・三暗刻」への移行 
  (第1打からいきなりメンツ落とし(メンツ崩し)へ。)

<枚数が少ないところからの「混一色」関連>
※関連記事 → 2008.12.27 (記憶)たった3枚からの「混一色」1 (ソーズ3枚から)
※関連記事 → 2008.12.28 (記憶)たった3枚からの「混一色」2 (ピンズ3枚から)
※関連記事 → 2008.12.29 (記憶)たった2枚からの「混一色」 (ソーズ2枚から)
※関連記事 → 2008.12.30 (記憶)最初から最後までピンズ3枚での「混一色」
※関連記事 → 2009.03.28 (会心)ショボ配牌からの「混一色」 (ソーズ2枚から)





1年前の牌譜より。 ようやく日の目を見ることに。

2008.04.04 天鳳にて
※東風戦・食いタンあり・赤3枚入り・テンパイ連荘・ダブロンあり  ・牌譜

21100点持ちの3着目で迎えたラス前の東3局。 ラス親は自分。

【東3局0本場】 南家 ドラ 7ソ

<配牌> ※80%縮小画像
080404kaiheho_01.jpg
中がトイツでドラ7ソが1枚。 1メンツ完成。 これなら「中・ドラ1」で良さそう。 

とは言え、雀頭が決まっていないということと、ドラの重なりということも考えられるので、焦って「カン8ソ」から鳴いたりしないようにしたい。

1巡目、下家が切り出した1枚目の中はひとまずスルーすることに。 
その後、「5ソ・白」とツモったあとの4巡目。(下図)

<4巡目終了時>
080404kaiheho_05.jpg
3pをツモって1枚切れの自風・南を切ったところ。

既に1pを切ってしまってはいるものの、この3pに4pがくっついて、五萬を引いてくるようなら「345三色」が見えてくる。 ということで、出来れば3pへのくっつきか、「白・発」どちらかの重なりが出来てから中を鳴きたいところ。

しかし、この後すぐ対面から2枚目の中が出てしまい、これをポン!(下図)

080404kaiheho_06.jpg
中をポンしたところ。

前回記事までのように慎重に行くのであれば、この鳴きもなかったか。 でも、今回はドラを1枚抱えているというのが前回までと違うところ。 とは言え、積極的に和了りに向かえる牌姿でもなく、“受け”気味に打3pとすることに。 ラス親は自分だし、あまり無理しない。

次巡、

<6巡目>
080404kaiheho_07.jpg
2ソをツモ。 ここが分岐点。 何を切るか。

周りは3人とも、まだ端牌を整理している段階。 そして自分もこの手牌。 「白・発」が1枚も出ていないこの状況で、“受け”を意識しつつも、“手を育てる”ということであれば…

080404kaiheho_08.jpg
打四萬。

二三四萬」の1メンツを落として行くことに。 この後の構想としては、「2345ソ」で2メンツ見込み。 カン8ソをチーで1メンツ。 最後は白単騎か発単騎で。 「中・混一色・ドラ1」で満貫(7700点)。  

この局面、「二三四萬」で1メンツ出来てしまっているから多少勇気がいるものの、これがもし下図のような手牌だったら…

080404kaiheho_08b.png

これなら誰でも「一萬→七萬→四萬」という切り順になるはず。 ただ、マンズ3枚とも不要になるなら、どれから切っても同じ。 むしろ、下手に四萬に五萬がくっつきでもしたら逆に困ることに。 結局、不要なものは不要。

それはともかく、2巡後、

<8巡目>
080404kaiheho_09.jpg
ドラ7ソが重なる。 打3p。

この直後、下家からドラ7ソが出てきて、これをポン!(下図)

<9巡目>
080404kaiheho_10.jpg
ドラ7ソをポンしたところ。 ハネ満確定。 打二萬。

<11巡目>
080404kaiheho_12.jpg
4ソをツモ。 打9ソ。 1シャンテン。 そして次巡、

<12巡目>
080404kaiheho_13.jpg
6ソをツモってテンパイ。

この段階になっても、依然「白・発」ともに1枚も出ていない。 
どちらを切るか。 結局…

<12巡目終了時>
080404kaiheho_14.jpg
発切り。 単騎でテンパイ。

【待ち牌選択】という意味ではポイントになりそうな局面ではあるものの、特に大した根拠もなかったはず。 単なるカン。 せいぜい、自分が南家なのに、その南を河にカブらせてしまっているということだったか。 “南白付きもの”ということで白単騎に。 仮に、東をポンしているのであれば、発単騎にしたかも。

まあとにかく、9ソ切りの後でション牌の発を切ったことで、他家からは相当警戒されるはず。 この先、ソーズの真ん中から下とか、同じくション牌の白とかは、そう簡単には出てこないかと。 

ちなみに同巡、親である上家がをツモ切り。 その時は「選択を間違えたか?」と思ったが…。 

***

<参考> 最終結果

080404kaiheho_15.jpg 080404kaiheho_16.jpg 

上家が発をツモ切った直後、テンパった下家から白が出てきて「ロン」。


<配牌と最終形の比較>
080404kaiheho_17b.jpg
ソーズ4枚からの「混一色」。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

06 ≪2017/07≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。