ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(問題) 第66回 配牌構想(4/5) 2008年5月~12月分

※2008年5月~12月分の総復習シリーズ

<項目別予定>
配牌構想(約50問)  ・構想変更(約70問)  ・最終形構想(約30問)
メンツ見込み・振り替え(約40問)  ・切り方・残し方・鳴き方(約130問)
待ち・入り目・その他(50問以上)

現在は、“配牌構想”に関するものを毎回約10問ずつ、全5回に渡って掲載中。




配牌構想の4回目。 2008年5月~12月分記事より。
全10問。 【346】~【355】

テーマは、

「タンヤオ」もピンフ」もなさそうなら、安易に “1・9・字牌” から切り出さない。
(※ただし、どのケースも状況次第で変化。)


<今回の配牌一覧>

【346】20081007b_346.png
 
【347】20081007c_347.png
 
【348】20081009_348.png
 
【349】20081010_349.png
 
【350】20081012_350.png
 
【351】20081013_351.png
 
【352】20081014_352.png
 
【353】20081016_353.png
 
【354】20081016janki_354.png
 
【355】20081105_355.png
 



:どんな構想で臨むか。 また、不要牌は何か。

※あくまで自分の確認(印刷)用。解答は暫定的。
※基本的に全て東風戦。点数状況の説明は出来る限り省略。
※解答時間の目安は1問につき3秒ほど。
※選択肢から構想を2つ~3つ選んで第1打を決定。複数回答可。
※配牌時の構想は、あくまでも“大まかな目安”。 その後のツモで大きく変更する可能性あり。
※構想内訳 0.受け=受け重視 1.国士=国士無双 2.チャンタ系=チャンタ・純チャン 3.一色系=清一色・混一色 4.トイツ系=チートイ・対々和 5.役牌=役牌頼み 6.その他=タンヤオ・ピンフ・三色・一通・一盃口など何かあれば。



【346】 (配牌構想)(いきなり両面外し) 
※【】タイプ…

<東4局2本場・西家> 第1東風荘にて
20081007b_346.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.07b 
・備考…オーラス・3着目。(5200でトップ・3900で2着 ※供託2本あり)
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 4 )  ・打牌候補…( 3ソ → 四萬・七萬・八萬 → 一萬 )
→ 【訂正】 ・構想…( 46 「ピンフ・345三色」 )  ・打牌候補…( 七萬・八萬 )


トイツ3組・ドラは北で既に1枚所持。 配牌時点では“トイツ系”1本という感じだったものの、最初のツモが八萬。 ピンズ34pに続き、ここで両面ターツの2組目が出来たことで構想を変更するかどうか。 でも、6400で逆転できるので、やはり本線は「チートイ・ドラドラ」(北単騎)、牌を重ねていく方向で。 枚数の最も少ないソーズ(3ソ)からの切り出し。 その後、「四萬・七萬・八萬」の順。 一萬は温存。

【訂正】 2009.05.21
“ドラ北暗刻”やドラ北を雀頭にした「ピンフ・345三色」の可能性も残すべきだった。 そうすると、「3ソ・四萬」はとりあえず残し、不要メンツとなりそうな「七萬・八萬」から先に切り出す。(いきなり両面外し)

※実戦では、四萬→七萬という切り出し。 5巡目には、たまたま残しておいた3ソが重なって「チートイ」1シャンテン。 10巡目には次の形でテンパイし、無駄に追っかけリーチ。 
【 22m3388p3355s北発発 】(北単騎) 結果、「リーチ・一発・チートイ・ドラドラ」でハネ満の和了に。 結果的に1つもカブらせることなく、最短での「チートイ」テンパイ・和了となった。 ちなみに、ラス目・対面から5巡目リーチが入っていて、これが四-七萬待ち。(※実戦では、1・2巡目で処理済み)





【347】 (配牌構想) 
※【221】タイプ…トイツ1組+スジばってる
※【348】…トイツ3組+2色でスジばってる+マンズ多い(ドラはマンズ)


<東3局0本場・東家> 天鳳にて
20081007c_347.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.07c 
・備考…21700点持ち・3着目での親番の配牌(14枚)。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 34 )  ・打牌候補…( 4ソ・6ソ )

この手は、現状でトイツ1組しかないものの、ドラが発ということで“”と“トイツ”の天秤で手を進めるのが良さそう。(※ドラが中張牌なら「456三色」も想定) 思い切って、「4ソ・6ソ」から切り出し、字牌の重なりとピンズの伸びに期待。 「一萬・九萬」が重なるようなら、ドラ発の引き込みを待って「チートイ・ドラドラ」で。

※実戦でも「6ソ→4ソ」と切り出し。 その後、「中・白・九萬」と重ね、最終的に次の形(「混老頭・対々和・中・(高目)白」でテンパイ。(※高目でハネ満) 
【 99p白白 999mポン 中中中ポン 111pポン 】(流局)





【348】 (配牌構想) 
※【347】タイプ…トイツ1組+3色でスジばってる(ドラは字牌)

<東4局0本場・南家> 天鳳にて
20081009_348.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.09 
・備考…四者とも2万点台。 第1ツモでトイツ3組。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 345 )  ・打牌候補…( 4p・8p・4ソ・7ソ )

最初のツモでドラ九萬が重なり、トイツ3組に。 ピンズ・ソーズで両面が1つもなく、バラバラ(スジばってる)ということもあり、これも“”と“トイツ”の天秤で。 「1p・1ソ」を残して、ピンズ・ソーズの中張牌の処理からスタート。 唯一の役牌・東が重なると、ドラ九萬の“ポン”という動きが取れる。

※実戦でも4ソからの切り出し。 2巡目で1pが重なり、“トイツ”1本に。 最終的に次の形でテンパイ・ダマ。 【 224499m11889p11s 】(9p単騎) すぐに出和了り、トップで終了。




【349】 (配牌構想) 
※【】タイプ…

<東3局0本場・南家> 天鳳にて
20081010_349.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.10 
・備考…トップ目と約1万点差のラス目。 ほぼ平場。 第1ツモでトイツ5組。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 24 )  ・打牌候補…( 七萬 )

最初のツモで1pが重なり、これで「混老頭・チートイ」の1シャンテン。 でも、当然ポン・ポン鳴いていっての「混老頭・対々和・東・白」のハネ満狙いが本線。 「チャンタ」系とは言え、八萬が入ってしまうと途端に安い手になってしまうので、見切って七萬切りから。

※実戦でも第1打は七萬。 ポン・ポン鳴いて4巡目には次の形でテンパイ。 
【 99m西西 111pポン 白白白ポン 東東東ポン 】 
次巡、すぐにツモって「東・白・混老頭・対々和」のハネ満を和了。 





【350】 (配牌構想)(第1打で1枚外し) 
※【352】タイプ…ピンフ本線も“トイツ系”の手へ。

<東4局0本場・東家> 天鳳にて
20081012_350.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.12 
・備考…オーラス・親番、9600点でトップ終了という状況。 四者とも2万点台
       → (訂正) 自分を含めた3人が22000点台。(トップ目32700点持ち)

*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 46 「ピンフ」 )  ・打牌候補…( 南 )

最初のツモで二萬が重なり“トイツ3組”となるも、ドラは一萬。 あまり二萬を引っ張りすぎると、後々手放す時に危険になりそう。 ここは「ピンフ」とトイツ系の両方を見て、南切りで様子見か。

※実戦では、この二萬をツモ切り。 トイツ系よりも「ピンフ」の方を重視して、“トイツの1枚を外す”ところからスタートしている。(【337】・【338】参照) しかしその後、両面がいっこうに入らず、牌が重なる方向で手が進む。 上記解答の通り、最初に南が切れていれば11巡目には次の手(「チートイ」)でテンパっていたことになる。
【 2233566m88p北北中中 】(五萬単騎待ち)  





【351】 (配牌構想) 
※【】タイプ…

<東3局0本場・東家> 第1東風荘にて
20081013_351.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.13 
・備考…トップ目で迎えた親番での配牌(14枚)。 トイツ3組。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 46 「789三色」 )  ・打牌候補…( 4ソ )

二萬のトイツを含めてトイツ3組という点で、【350】と若干雰囲気が似ている。 今回の手の場合、ドラが9ソということで、「789三色」と“トイツ系”の天秤という感じか。 ひとまず4ソを切って様子を見たい。 ドラ9ソを引ければ、完全に「チートイ・ドラドラ」と「789三色」の天秤に。 ドラを引かずにが重なるようなら、「中・対々和」を想定。

※実戦でも4ソからの切り出し。 その後、「1ソ・7p」を重ね、「チートイ」1シャンテンに。 しかしそこで、暗刻になっていた3pから1枚外した形を取ってしまう。 【 2299m1335779p11s 】  その後、「二萬・7p」とツモっていたので、本来なら次の形でテンパっていたはず。 【 22299m333777p11s 】  「対々和・三暗刻」。 結果、ノーテン。




【352】 (配牌構想)(メンツ崩し) 
※【348】タイプ…マンズでトイツ3組。 1pと1ソを残す予定で、他は全て不要牌。
【350】…「ピンフ」本線も“トイツ系”の手へ。


<東2局1本場・北家> 第1東風荘にて
20081014_352.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.14 
・備考…ほぼ平場。 第1ツモでトイツ4組。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 4 )  ・打牌候補…( 1p )

最初のツモが六-九萬でなく、七萬の重なり。 これでトイツ4組となり、「チートイ」2シャンテンに。 ということは、最後まで両面(ドラ六萬)を引いてこない可能性も予想できる。 仮に「ピンフ」を想定した準備をしても、トイツ牌のそばをツモってきて両面ターツになったり・両面が出来たとしても埋まらず、みたいな。(※【350】参照) 牌が重なっていく方向で進む可能性が高い。 とは言え、まずは様子見の1p切りで。(※実戦では思い切った手順に出ている。)

※実戦での第1打は3ソ。 いきなりメンツ崩し。 でも、「3ソ・2ソ」は切っても1ソまでは切らず、「1p・1ソ」を残す手格好に。 これは、【348】での構想・牌の残し方と全く同じ。 遠くにマンズの“色”、近くに“トイツ”。 その後、「五萬・七萬」が暗刻になり、「清一色」への移行も見えてきて、最終的に二萬も暗刻にした次の形でテンパイ・リーチ。 
【 222555777888m88s 】(「タンヤオ・対々和・三暗刻」 結果、一発ツモで「四暗刻」和了。





【353】 (配牌構想)(いきなり両面外し) 
※【】タイプ…

<東2局0本場・南家> 天鳳にて
20081016_353.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.16 
・備考…ほぼ平場。 第1ツモでトイツ3組。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 34 )  ・打牌候補…( 七萬・八萬 )

これも“”と“トイツ”の天秤で良さそう。 最初のツモでドラ1pが重なり、是非和了っておきたい手に。 “鳴いてもテンパイ・和了れる”手にするためには、「対々和」や「清一色」を本線に。 そうすると不要なのは「七萬・八萬」の両面ターツということに。

※実戦でも第1打は七萬。 その後、牌が重なっていき、最終的に次の形でテンパイ。 
【 11666p33s 666sポン 888pポン 】  結果、「対々和・ドラドラ」満貫を和了。





【354】 (配牌構想)(いきなり両面外し) 
※【】タイプ…

<東2局2本場・西家> 北海道対局にて
20081016janki_354.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.10.16 
・備考…上級者の手順より。 当時、“目からウロコ”を実感。 第1ツモでトイツ4組。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 4 )  ・打牌候補…( 七萬・八萬 )

完全に「チートイ」1本の配牌。 「対々和」すらなし。 「七萬・八萬」の両面外しからスタート。 このケースの場合、外すなら八萬の方から。

※実戦では、3巡目には早くも次の形(「チートイ・ドラドラ」)でテンパイ・即リー。
【 33m7799p33s北北白白発 】(発単騎) 結果、出和了りで裏も乗り、ハネ満の和了に。





【355】 (配牌構想)(ピンフから食いタンへの移行) 
※【】タイプ…

<東4局0本場・西家> 天鳳にて
20081105_355.png

・構想…( 0.受け 1.国士 2.チャンタ系 3.一色系 4.トイツ系 5.役牌 6.その他
・打牌候補…(     ?     )  ※関連記事 → 2008.11.05 
・備考…オーラス、四者とも2万点台。
*
*
*
<解答・解説>

・構想…( 6 「ピンフ」・「一通」・「一盃口」 (追加) 「タンヤオ」 )  
・打牌候補…( 2p・中 )

これはドラが8pなので、「一通」は見るけど、“一色”までは見ないことになりそう。 「一通・一盃口」を遠くに見て、「一萬・七萬」はしばらく残しておきたい。(12345677889m:3-6-9m受け) そう考えると、”ペン7p受け”と見ずに、“8pの重なり待ち”という見方もしておきたい。 8pが頭になって、3-6-9m待ちになったら最高。 高目で「ピンフ・一通・一盃口」。 とりあえず2pか中切りで。

(追記) 今回も見落としたけど、この手から「タンヤオ・ドラドラ」も想定しておくべき。(※最初のツモが三-六萬でなく七萬というのが、その予兆。) 場合によっては一萬だけではなく、「八萬・九萬・9p」も払って「タンヤオ」へ移行。 ドラ8pが重なった後の「ポン」の準備までしておく。

※「なぜ、こんなのが【配牌構想】用の問題なのか?」と我ながら思ったが、ポイントは“ドラ8pが重なった場合も想定しておくべき”という、単にその1点だけだった。 自分の苦手な、“「ピンフ」本線から「食いタン」への移行”が本来のテーマ。

実戦でも2p切りからスタート。 その後、マン・ピン・ソーと真ん中の牌ばかりをツモ。 途中、ドラ8pが重なるも、最初にツモった七萬を手放してしまった後だったので、鳴いて「タンヤオ・ドラドラ」の手に移行できず。 最終的に、次の“動けない”形の1シャンテンどまりで終わる。 (後日、【構想変更編】で再出題の予定。)
【 45789m345889p66s 】(入り目:3-6m、7p・8p、6s) 結果、テンパイすら出来ず。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

04 ≪2017/05≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。