ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(読み) 他家の手牌・2

前回の記事と似たようなケースに遭遇。 (※前回記事  )

他家3人の中で最も警戒しなければいけないのが、の動向。 親満12000は子のハネ満に相当するだけに、十分気をつけたいところ。 “親リー”にはオリてばかりでも、“ダブ東ポン”ぐらいだと向かって行ってしまうケースが多い。 




2009.05.30 天鳳にて
※東風戦・食いタンあり・赤3枚入り・テンパイ連荘・ダブロンあり  ・牌譜

東パツ、西家スタート。

【東1局0本場】 西家 ドラ 9p

<1巡目> ※75%縮小画像
090530yomi_02.jpg
いきなりカン8pをツモったところ。
幸先良く、ドラ9p絡みのネックの部分が埋まる。 打5ソ。(下図)

090530yomi_03.jpg
打5ソとしたところ。 早くも1シャンテン。 
ただ、マンズかピンズを厚くして、ソーズの下は払っていきたい。

次巡、六萬をツモ。(下図)

<2巡目終了時>
090530yomi_05.jpg
六萬をツモって打2ソとしたところ。 1シャンテンは変わらず。

ここまで、自分の切り出しが「5ソ・2ソ」、対面・親の切り出しが「2p・7p」。 親の狙いは「国士」か、“トイツ系”か、マンズかソーズの“一色手”か。 2p・7pの切り出しが早すぎるので「チャンタ」はないのかも。 あるいは既にドラ暗刻とか。

次巡、発をツモ。(下図)

<3巡目終了時>
090530yomi_07.jpg
発をツモって打1ソとしたところ。 
対面・親は3巡目に手の内から4ソを切ってきている。 色か国士かトイツか…。

この後の対面の打牌。

<4巡目・対面(親)の打牌>
090530yomi_08.jpg
親の手の内から三萬が出てくる。 

普通に考えれば、“マンズの「混一色」をやっていて、こんなに早くマンズを余らせてくることはないはず”。 やはり「国士」?

ところがこの直後、親が動く。(下図)

<5巡目・対面(親)の打牌>
090530yomi_10.jpg
対面の親が、ダブ東をポンして打九萬としたところ。

これで「国士」は消え。 で、三萬切りの後の打九萬…。 「混一色」の可能性があって、“トイツ系”の可能性もあって、さっきまで「国士」の可能性もあったということは…。 

もしかすると、字牌や端牌のトイツ・暗刻が多い、「混老頭・対々和」みたいな形なのかも。 最悪、「混一色・混老頭・対々和」まである。 ダブ東ポンと組み合わせれば、親倍24000点。 非常に危険。 となると、要注意牌は「字牌・一萬」ということに。 「混老頭・対々和」どまりなら、「ドラ9p・9ソ」あたりも危険。 あと、2枚切れだけど、最終的に1ソ単騎まであるかも。 第1打で2pを切っているぐらいだから1pは恐らく不要。 

というか、もっと最悪のケースを考えるなら、「小四喜」や「字一色」までありえた。 とにかく、現段階では「字牌・一萬」が最も危険で、それ以外の老頭牌もかなり注意が必要といった状況。 しかし、当時そこまで事態を把握していない自分は…

<5巡目終了時>
090530yomi_13.jpg
4pをツモって打発としたところ。 鳴かれず。

鳴かれはしなかったものの、依然、危機的状況は変わらず。 直前に上家は1枚切れの西を切っているけど、これも鳴かれていない。 でも、親の手の内に既に「南暗刻・北2枚・西1枚」だとしたら…。 ラス牌の西単騎になる可能性も考えておかないといけないかも。

この後、対面は1pをツモ切り。 やはり、1pは平気だった。 残るは「字牌・一萬」、そして「ドラ9p」。 そして、次巡の対面の打牌に微妙な空気が漂う。(下図)

<8巡目・対面(親)の打牌>
090530yomi_14.jpg
親が少考した末に、ション牌の中をツモ切ったところ。

何か変な感じだったのは覚えている。 何かを確認したような、迷ったような。 いずれにしろ、ション牌の字牌が出てきたことで、完全に“赤信号が点灯”という感じ。 中切りのところで考えたのは、「南・西・一萬」あたりの単騎待ちと振り替えるかどうかだったのか…。 依然「小四喜」の可能性は残っている。 「字一色」まではないか。 「混老頭・対々和」は十分ありえる。

ちなみにこの後、対面の手の内から八萬が出てくる。 九萬切りの後の八萬。 単なる空切りなのか、何か意味があるのか。 (※追記:赤五萬と振り替わった、という可能性があった。)

***

<参考> 最終結果

090530yomi_18.jpg 090530yomi_19.jpg

上家が(既に自分で1枚切っている)を切ると、これが「ロン」。 マンズの「混一色」どまりだったけど、インパチ。 南と北のシャンポン待ち。 中は暗刻で、暗槓するかどうかを迷った様子。 九萬の後の八萬切りの理由は、単に「5689m」の形から「9m→8m」と切っただけのこと。

この時の自分は危機感があまりなかったので、「南・北」はツモ切っていたかも。 こういうのは同じ振り込むにしても、危機感を感じながら切るのと、そうでないのとでは雲泥の差。 周り(親の手)が見えているかどうか。 振り込んで、手が開かれてから、「え、ウソ! そんなに高い手だったの?」では話にならない。

結局のところ、

“周りが見えているか・切ってはいけない牌の存在に気づいているか”

という事に尽きるような。 

※ちなみに、親の3巡目までの捨て牌が、2009.03.08 天鳳での自分の捨て牌とほぼ同じだったことに気づく。(次回掲載予定)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

09 ≪2017/10≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。