ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(会心) 「混老頭」系・その1 【配牌構想】【待ち牌選択】【ヘボ配牌7-9】

混老頭」系の手順をシリーズで。 全6回ほどを予定。




1回目の今回は、配牌時点で選択肢がほぼ1つ、結果的には他家の手順ミスにより生じた和了、といった感じのケース。 ということで、会心度は0に近い1つ。 配牌時の構想としては、練習問題【239】や【347】が参考になる。(本文中でも引用)

・会心度


※関連記事1 → 2008.03.24 見切りのトイツ系 - その2 -  
 (練習問題【239】の元記事)

※関連記事2 → 2008.10.07c 「チートイ」狙い1本の配牌(3/3) 
 (練習問題【347】の元記事)




約1年前の牌譜より。

2008.10.24 天鳳にて
※東風戦・食いタン有り・赤3枚入り・テンパイ連荘・ダブロンあり  ・牌譜

39700点持ちのトップ目で迎えたオーラス。 2着目とは5400点差。 

【東4局0本場】 南家 ドラ 9ソ

<配牌> ※75%縮小画像
081024honto_01.jpg
「一萬・1p」のトイツ2組。 ドラは9ソ。 そのドラ9ソを含む単独ヤオ九牌が5枚。 

両面ターツが1つもなく、マン・ピン・ソー3色での浮き牌っぷりからしても、“トイツ系”狙い1本という感じ。 「チートイ」・「対々和」が本線。 7種9牌なので、“国士・チャンタ系”も視野に。

ちなみに、既出の【配牌構想】用の練習問題からの類例として、次の2つ。

【239】 239_0080324b.png

「1p・1ソ」のトイツ2組。 ドラは東。 そのドラ東を含む単独ヤオ九牌が5枚。 自風は南という点も共通。 かなり似ている。 当時(2008年2月)、今回と同じような構想・手順で打てていれば、「混老頭・対々和・東・発・ドラ3」の倍満和了となっていた。

【347】 20081007c_347.png

【239】とも似ているけど、こちらは1pのトイツ1組のみ。 単独ヤオ九牌は6枚で、ドラ発は持っていない状況。 こちらは最終的に、「混老頭・対々和・中・(高目)白」のテンパイどまり。


<1巡目>
081024honto_02.jpg
幸先良く9pが重なる。 とりあえず「6p・4ソ」が不要。 まずは打4ソで。

次巡、

<2巡目>
081024honto_03.jpg
自風の南が重なる。 打6p。
チートイ」の2シャンテンでもあるけど、役牌のトイツが出来たことで「対々和」本線に変更。 場合によっては、「南のみ」1000点でもいい。

次巡、

<3巡目>
081024honto_04.jpg
南が暗刻に。 打八萬。 3回ポンして、9ソ単騎か中単騎もアリ。

その後、1pをツモって暗刻に。 そして、上家から出た9pをポン。(下図)

<7巡目>
081024honto_05.jpg
9pをポンしたところ。 3枚切れの打西で1シャンテンに。

この後、自分のこの仕掛けに対し、上家は続けざまにドラ9ソをツモ切り。(下図)

<8巡目・上家の打牌>
081024honto_06.jpg
上家が2巡続けてドラ9ソをツモ切ったところ。

上家は既に8ソを切ってしまった後とは言え、1枚目のドラ9ソをツモ切らずに残しておけば、雀頭として使えていたことに。 それに、下家の自分がこんな仕掛け(「チャンタ」系・「対々和」系)をしているという点でも、9ソはツモ切るべきではなかったような。
 
※この時の自分の心境は、「重ねたかったドラを2枚も切られてしまった…」といった程度のもの。 ところが最終的に、これ(9ソの2枚切れ)のおかげで和了りが生まれることとなる。

この直後、

<9巡目>
081024honto_07.jpg
ション牌の発をツモ。

ダンラスの対面が既に白をポンしている。 中は1枚切れているものの、この発を鳴かれたりすると非常にやっかいなことに。 ということで、ここで自分もドラ9ソを手放すことに。
※ドラ9ソが1枚も切れていなければ、ここで中の方を切っていたはず。

この直後、下家から出た一萬をポン。(下図)

<10巡目>
081024honto_09.jpg
一萬をポンしたところ。 

待ち牌選択の場面。 ション牌の発を切るか、1枚切れの中を切るか。 対面にはまだ、「大三元」の可能性も残っている。 こういうケース、どっちを切りますか?
(※参照:「先制なら“出やすい方”、追っかけなら“切れない方”)

*
*
*

ここで自分は、

081024honto_10.jpg
ション牌の発切り。 中単騎を選択。 発は鳴かれず。

対面がもう1つ鳴いた後だったら、この発は切れなかったかも。 「発を鳴かせれば中が出てくるかも?」という期待もちょっとあったけど、対面の手はそんな大きな手ではなかったというのが実際のところ。 この直後、決着が着く。

***

<参考> 最終結果

081024honto_11.jpg 081024honto_12.png

一手で「678/789三色」の手替わりとなる手でテンパイ・ダマにしている下家から中が出る。 「混老頭・対々和・南」で満貫。


結局のところ、今回の「会心の手順(?)」の実態というのは、こんな感じ。

上家が9ソを雀頭で使っていれば、それを知らない自分は発ツモのところでドラ9ソを切らず、1枚切れの中の方を切る。 そうすると、最終的に自分は中単騎のテンパイになっておらず、ドラ9ソ単騎のテンパイに。 

つまり、ここでの自分の和了りは生まれておらず、もう少し勝負が長引いていた、ということに。 いわば、“誰かのミスによって誰かの和了が生まれる”というだけのことで、今から見れば「会心の手順」とは言えないといった印象。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

03 ≪2017/04≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。