ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記憶) 役牌トイツ1組からの「混一色」(7/11) マンズ4枚・その2

配牌で役牌のトイツ1組からの「混一色」狙いをシリーズにて。 

<予定>
役牌トイツ1組+マンズ6枚からの「混一色」…全2回
役牌トイツ1組+マンズ5枚からの「混一色」…全3回
・役牌トイツ1組+マンズ4枚からの「混一色」…全3回
・役牌トイツ1組+マンズ3枚からの「混一色」…全3回

***

“役牌1組+マンズ4枚”からの「混一色」の2例目。 今回は、ピンズ4枚。




2009.02.14 天鳳にて
※東風戦・食いタン有り・赤3枚入り・テンパイ連荘・ダブロンあり  ・牌譜

四者とも2万点台のまま、東3局へ。
自分は、ここまでずっと“受け”に回らざるをえない状況が続く。

【東3局1本場】 南家 ドラ 8p

<配牌> ※75%縮小画像
090214hey1p4ho_01.jpg
役牌(発)のトイツ1組に、マンズ3枚・ピンズ4枚。 単独字牌3枚はいずれも役牌。 
手牌全体としては3色で構成。 とは言え、ほぼ2色構成。

当時の印象としては、
「またも大したことのない配牌。 ドラもポツーンと1枚浮いてる。 恐らく、このドラ8pには最後までくっつかず、いいとこ“発のみ、1000点の和了”といったところか。」
といった感じ。
(今見ると、1pより先にまずは8ソを切っておき、とりあえず手牌を2色にしておきたい感じ。 字牌を重ねて、ドラ色のピンズを伸ばせば、ピンズでの「混一色」が十分狙えそうに思えるが…。)

で、最初のツモ。

<1巡目>
090214hey1p4ho_02.jpg
5ソをツモ。

このケース、何から切りますか?

*
*
*

自分は、

090214hey1p4ho_03.jpg
無難に1p切り。

遠くを見ないで打ってる…。 こりゃダメだ。 最初に5ソをツモってきたことで、より一層“発のみ1000点”に近づいたけど、ここはやはり8ソから切っておきたい。 1pは、重なり・くっつき次第で「混一色」で使える牌。 【配牌構想】・【残し方】の問題。

次巡、

<2巡目>
090214hey1p4ho_04.jpg
自風の南が重なる。 ここで打8ソ。(下図)

090214hey1p4ho_05.jpg
打8ソとしたところ。

これで「役役」に。 当時、ここでようやく「混一色」を意識したか。 こうなれば、マンズかピンズでの「混一色」を見たい。 ドラが8pなので、当然ピンズが理想。 となると、やはり1p切りがもったいなかった、ということに。

同巡、上家から出た発をポン。(下図)

<3巡目>
090214hey1p4ho_06.jpg
発をポンしたところ。 打5ソ。(下図)

090214hey1p4ho_07.jpg
打5ソとして、手牌を2色に。 この先、マンズ・ピンズ、どちらの色が来るか。

次巡、

<4巡目>
090214hey1p4ho_08.jpg
2pをツモ。 ピンズが来た。 これでピンズ本線に。
でも本来なら、1pにくっついていたはずの牌。 ひとまず三萬を1枚外す。

次巡、

<5巡目>
090214hey1p4ho_10.jpg
2pが重なる。

「助かった…」という感じ。 第1打1p切りのミスを、ここで取り返せた。 ション牌の「白・中」はまだ切らず、ここで「二萬・三萬」の両面ターツを落としていくことに。 ドラの8pか「白・中」、どれかを使い切るつもりで。

その後、「白・中」をツモ。 トイツになる。(下図)

<12巡目終了時>
090214hey1p4ho_14.jpg
中をツモって打8pとしたところ。 2シャンテン。

結局、ドラには何もくっつかず。 でも、「役役・混一色」で満貫が見えたということで、ドラを手放すことに。 すでに2枚切れている中のトイツは安全牌。 何かを鳴いたら1枚ずつ落としていく予定。

同巡、上家から出た2pをポン。(下図)

<13巡目終了時>
090214hey1p4ho_16.jpg
2pをポンして打中としたところ。 1シャンテン。

この後、4枚目の「2p・発」をツモり、それぞれ加槓。 
そしてリンシャンで南をツモってくる。(下図)

<14巡目終了時>
090214hey1p4ho_20.jpg
南をツモって打中としたところ。 テンパイ。

役役・混一色」の3-6p待ち。 満貫確定。 この先、もしも「4p・5p」どちらかが重なるようならシャボに変更。 「対々和」もついてハネ満に。 だからと言って、白をポンして単騎待ちにしたりはせず。 ただ、白が暗刻になるようなら…。 まさか、それはないか。

次巡、

<15巡目>
090214hey1p4ho_21.jpg
その“まさが”が現実に。 白が暗刻になってしまった。

こういうケース、どうしますか? 
(※全体的に、ピンズの真ん中あたりは場にかなり高い。 3pは場に2枚切れ。)

*
*
*

当時の自分は、

090214hey1p4ho_22.jpg
打4p。 2pポンと自分の河の8pを見て、5p単騎待ちに…。
3-6p待ちを維持しても、待ちが薄くて和了れないと思ったか。


そもそも今回のケース、途中で45pの両面を残して2枚切れの中を落としていったけど、4p・5pの両面ターツを払っていくという手もあった。 そうすると、14巡目終了時の段階で次のテンパイ形に。

<理想最終形>
南南南白白中中 2222pカン 発発発発カン

白と(2枚切れ)中とのシャンポン待ち。 こうしていれば、15巡目の白ツモで「混一色・対々和・白・発・南」のハネ満和了となり、とっくに終了していたことになる。

 → ※訂正:「混一色・対々和・小三元・南」で倍満和了

***

<参考> 最終結果

090214hey1p4ho_25.jpg 090214hey1p4ho_26.png

あまり価値のない和了。 上家の手を見れば分かる。


<配牌と最終形の比較>
090214hey1p4ho_99a.png

結局、配牌であったピンズ4枚のうち、使ったのは5p1枚のみ、ということに。 
実質、役牌トイツ1組+ピンズ1枚からの「混一色」とも言える。 

・追記
下手すりゃ、配牌であったピンズ4枚とも使わないで和了っているところだった。
(※上図・理想最終形参照)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

09 ≪2017/10≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。