ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記憶) 単独字牌X枚+マンズY枚からの「混一色」・その9 【第1打】

“単独字牌X枚+マンズ(/ピンズ/ソーズ)Y枚”からの「混一色」シリーズ。 全15回程度を予定。

***

ほぼ全てのケースに共通しているのは、配牌の時点で字牌のトイツが1つもなく、マンズ(/ピンズ/ソーズ)が沢山あるわけでもなく、とても「混一色」までは見ることが出来ないという点。 いわば、どれも“普通の配牌”。 だからと言って、安易に“1・9・字牌”から切り出していくのではなく、何かしらの意味を残しながら打てるかどうかがポイントに。 その結果として和了れたかどうかは、あくまで参考程度。

<関連記事>
・オタ風トイツ1組+マンズ5枚からの「混一色」…全1回 ( 1■ )
・オタ風トイツ1組+マンズ4枚からの「混一色」…全4回 ( 1■ 2■ 3■ 4■ )
・オタ風トイツ1組+マンズ3枚からの「混一色」…全3回 ( 1■ 2■ 3■ )
・役牌トイツ1組+マンズ6枚からの「混一色」…全2回 ( 1■ 2■ )
・役牌トイツ1組+マンズ5枚からの「混一色」…全3回 ( 1■ 2■ 3■ )
・役牌トイツ1組+マンズ4枚からの「混一色」…全3回 ( 1■ 2■ 3■ )
・役牌トイツ1組+マンズ3枚からの「混一色」…全3回 ( 1■ 2■ 3■ )




9回目の今回は、ある意味、非常に印象に残る1局。 
“キレ打ちが奏功”、という珍しいケース。

・印象度★★★★

***

2009.05.29 天鳳にて
※東風戦・食いタン有り・赤3枚入り・テンパイ連荘・ダブロンあり

原点25000のまま迎えた東2局の親番。

【東2局0本場】 東家 ドラ 八萬

<配牌> ※75%縮小画像
090529h89j6s3_01.jpg
親の配牌(14枚)。

いくら何でもひどい手。 「親番で、この配牌?」という感じ。 7種8牌。 単独字牌だけで6枚。 マンズは3・6のスジで1枚ずつ。 ピンズは両面ターツ含みで3枚。 ソーズも3枚。 ドラ八萬は1枚もなし。 ピンズの両面がせめてもの救い、といったところ。

これ、もしも親番でなく、更にドラがヤオ九牌だったりすれば、「国士」と「チートイ」の天秤で“受け”気味に打つという選択肢も。 ただ、今回は親番なので、そうも行かず。 ここは“結果オーライ狙い”で字牌を全て切り飛ばし、気長に“マン・ピン・ソー”の真ん中を集めることに。 赤3枚入りだし。 

ちなみに以前の【配牌構想】と比較すると、【143】に近い。

・【143】 20070919_143.png

(“単独字牌5枚+ピンズ4枚”も、普通に1・9・字牌を払って行き、最終的に「タンピン」テンパイ。)

ということで、第1打は…

090529h89j6s3_02.jpg
(※この東を下家がポン。)

いきなりダブ東からの切り出し。 さすがにヤル気を失くしていた様子。 字牌から切り出すにしても、本来ならオタ風の「西・北」からのところ、一番大事にすべきダブ東からあえて切ってる。 「どうせなら、東→南→西→北と切ってやれ」といったところか。

…ところが、この“第1打・東切り”、そして、この“東を下家が1鳴き”したことで、劇的にツモが変化することに。 ただ、その事実に気付くのは、ずっと後になってからのこと。

<2巡目>
090529h89j6s3_03.jpg
中が重なる。 予定通り、打

次巡、

<3巡目>
090529h89j6s3_04.jpg
今度は白が重なる。 予定通り、打西

次巡、

<4巡目>
090529h89j6s3_05.jpg
1ソをツモ。 予定通り、打

次巡、

<5巡目>
090529h89j6s3_06.jpg
1ソをツモ。 打2pとすることに。
当時のここでの心境は、「どうでもいいけど、1・9・字牌しかツモって来ないな…」。

この後、上家から中が出る。(下図)

<6巡目>
090529h89j6s3_07.jpg
とりあえず中をポンしたところ。 4ソの2枚切れを見て打3ソ
ドラそばの「三萬・六萬」をあっさり手放す訳には行かないというか、くっつけたいというか。 
(※下家からカンが入っていて、カンドラが一萬に。)

この後、下家から白が出る。(下図)

<8巡目>
090529h89j6s3_08.jpg
白をポンしたところ。 打六萬として1シャンテン。
この段階になると、今まで大事にしていたドラそばが逆に危険牌に。 サッサと処理。

次巡、

<9巡目>
090529h89j6s3_09.jpg
5ソをツモって打三萬。(※この三萬を下家がチー。) 
危険な三萬を処理。 チーで済んだ。 5ソの方が安全ぽい。 

すると同巡、

<9巡目・対面の打牌>
090529h89j6s3_10.jpg
対面から、六萬切り・リーチ。 

不自然に自分の手元に残っている5ソ。 3ソも4ソも場に2枚ずつ切れてるから、一見、通りそうな牌ではある。 とは言え、何となく嫌な予感。 「まさか…」と思ってしまう。 この5ソはテンパったら間違いなく出て行く。

この直後の自分のツモ番。

<10巡目>
090529h89j6s3_11.jpg
ん? 切る予定だった5ソが重なる。 しかも赤5ソ。 

これで「混一色・対々和」の1シャンテンに変化。 であれば、ひとまず現物の7p切りで下家に勝負。 これが通る。 あとは、次に切る6pがリーチに通るかどうか。 リーチ直前に下家が6pを切っているけど、1巡間に合っている可能性が。 東パツ、下家は対面から満貫を和了っているし、ギリで助かっているのかも。

3巡後、

<13巡目>
090529h89j6s3_13.jpg
鳴くつもりだった9ソが暗刻になってテンパイ。 勝負してみる。(下図)

090529h89j6s3_14.jpg
打6pとしたところ。 

…通る。 この前に下家が3pを通してくれている分、やや勝負しやすかった。

ということで、あれよあれよという間に、何故か「中・白・混一色・対々和・赤」のハネ満、18000のテンパイに。 でも、さすがに和了りまでは厳しいか。 下家も来てるし。 でも、親番でこの手なら、自分も全ツッパだけど。

***

<参考> 最終結果

090529h89j6s3_15.jpg 090529h89j6s3_16.png


<配牌と最終形の比較>
090529h89j6s3_99.jpg
“単独字牌6枚+ソーズ3枚”からの「混一色」和了。

和了れはしたものの、上記の配牌から「東→南→西→北」と切って行くという、手順的には非常に安易なもの。 本来なら第1打・第2打で「三萬→六萬」と、スジで切り出していく手。 ただ、それだと今回と同じ最終形・結果にはなっていないはず。 その点が非常に興味深い。 
(※第1打・第2打でのスジ切りは次回記事にて。)


ちなみに、“かなりのクズ手からの「混一色」和了”と言えば、【154】のケースがある。 
この時の手順は会心度★★★★★。 こちらも最終的に“トイツ系”の手に。

・練習問題【154】 … 1回目  2回目    ・該当記事…2007.11.20 

<配牌>
20071120_154.png

<最終形>
20071120_154b.png



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

04 ≪2017/05≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。