ネット麻雀 ~上級者への道~

ネット麻雀「東風荘」・「天鳳」・「雀龍門」などで上級者レベルを目指します。過去の手順を振り返り、その良否を検討。ご意見・ご感想など、コメントはお気軽にどうぞ。なお、お子様の対応はお断りさせて頂いております。ご了承下さい。

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(まとめ) 今までの【配牌構想】の分類 Part.4 色&トイツの天秤系

過去の【配牌構想】を系統別に再分類して総復習。

<過去問【配牌構想】編:復習予定> 
・Part1:【配牌】「7種8牌」系
・Part2:【配牌】“色”狙いが中心 … 16問
・Part3:【配牌】“トイツ系”狙いが中心 … 17問
・Part4:【配牌】“色”と“トイツ”の天秤系 … 11問
・Part5:【配牌】「タンピン」系、「チャンタ」系 … 計10問
・Part6:【配牌】役牌(のトイツ)頼み系 … 3問
・Part7:【配牌】その他(オタ風トイツ2組・複合系) … 計24問


※主に「タンヤオ」や「ピンフ」にならなそうなものが中心。
※配牌時の構想は、あくまで“おおまかな目安”にしかすぎないというのが大前提。 
 配牌の良し悪しにかかわらず、途中で手牌を変化させる事の方がずっと大事。 
 だからと言って、毎回のように安易な切り出しをしないようにする事が狙い。
 端牌を切ってりゃいいってもんってもないし、中張牌を切ってりゃいいってもんでもない。
※ほぼ全て東風戦(=東場)。  ※基本的に自分の確認用。


*****

今回は、Part4:【配牌】“色”と“トイツ”の天秤系をまとめて復習。

色トイ天秤・一覧1

手牌が2色で構成されていて、トイツが2~3組以上あるケースが中心。 役牌やドラの重なりの有無・タイミングで方向性が決まることが多い。




全11問、一気に復習。

【150】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ3組)(役牌トイツ0組)(オタ風トイツ1組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-429.html(初回掲載)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-569.html(2回目掲載)

<東3局0本場・西家> 第1東風荘にて
20071117_150.png

・状況:2200点浮き・僅差のトップ目。 最初のツモでトイツ3組。 南はオタ風。 
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:典型的な“色”と“トイツ”の天秤、という感じの手。 最初のツモでマンズ6枚・トイツ3組(うちオタ風トイツ1組)・ドラ中1枚。 字牌のトイツがオタ風なので、すぐには仕掛けられない点がポイント。 “色”本線なら9pから切り出し、いったん手牌を2色にするものの、“トイツ”との天秤であれば、8ソから切り出すという手も。 ドラ中が早目に重なるようなら「混一色」、遅いようなら最終的にドラ単騎か9p単騎での「チートイ」。

実戦では8ソからの切り出し。 2巡目に9pが重なり、「チートイ」本線に。 その後、ドラ中を重ね、最終的に北単騎の「チートイ・ドラドラ」で「リーチ」。 山に2枚生きていたものの、深すぎて和了れず。

*****

【215】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ3組)(役牌トイツ0組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-554.html

<東3局0本場・東家> 第1東風荘にて
215_20071210.png

・状況:平場。 親の配牌(14枚)。 流局連荘。 これも“色・トイツ天秤”の典型例
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:第1打に六萬を切り、いったん手牌を2色に。 親番とは言え、流局連荘なので無理にテンパイに向かわないつもりで。 “受け”を意識しながら、ソーズでの「混一色」とドラ北を引いての「チートイ」との天秤。 当面の不要牌は「六萬・6p・8p」の3枚。

当時は安易に「南→中」と切り出した後、「東・9ソ」を切ると、カブってしまうことに。。 その後、ソーズをツモりまくるので、本来なら「ダブ東・混一色」でテンパっていたはず。 更には「一通・カンドラ」も加わって親ッパネ18000になっていた可能性も十分あった。 

*****

【238】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ3組)(役牌トイツ0組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-584.html

<東3局1本場・西家> 天鳳にて
r238.png

・状況:12900点持ちのラス目。 最初のツモでトイツ3組に。
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:第1ツモ以前の段階では“色とトイツの天秤”という感じだったものの、最初の二萬ツモでの重なりで、やや“トイツ”寄りといった印象。 ひとまず第1打は七萬、次にピンズを2枚とも払っていく。 ソーズの“色”と、“トイツ”との天秤。 その後、ドラ9ソを引き、最終的に「チートイ」でテンパイ・即リー。
【 223344m226699s西 】(西単騎) 結果、トップ目から満貫を直撃。 一気に平場に。

*****

【269】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(字牌トイツ2組)(うち役牌トイツ1組)(メンツ崩し)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-587.html

<東2局1本場・西家> 天鳳にて
r269.png

・状況:前局、親が満貫ツモ和了も、ほぼ平場。 トイツ4組。 普通に打てば1000点の手。
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:字牌のトイツが2組あるなら、“色”か“トイツ”のどちらかを狙いたい。 “色”を狙うなら、3枚あるマンズよりも、4枚あるソーズの方が“伸びしろ”が大きそう。 ということで、いきなり「678m」の1メンツを落として行くところからスタート。 「混一色」と「対々和」の天秤。 ドラ二萬を引いてくるようなら「チートイ」。 トイツの7pまで払うかどうかは、その後のツモを見て判断。

実戦では7pを1枚外すところから始めている。 どうやら「678三色」を見た様子。 しかしその後「678m」の1メンツを落としていき、結局「混一色」の道へ。 6ソを重ね、1ソを暗刻にし、北をポン。 4ソが重なり、発をポンしてテンパイ。 最終的に「4ソ・6ソ」シャンポン待ちでの「混一色・対々和・発」の満貫を和了。 しかも、トップ目の親を直撃。 

*****

【327】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ3組)(役牌トイツ1組)(構想変更)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-652.html

<東1局0本場・西家> 旧・第1東風荘にて
20070623a_327.png

・状況:東パツ。 普通に打つと「白のみ」1000点。 最初のツモで6種8牌。 
r327.png
・構想→第1打→展開→結果:ドラが八萬ということで、最低でもドラ引きでの「白・ドラ1」2000点は欲しいところ。 でも、本線はピンズでの「混一色」と「チートイ」との天秤。 ドラを2枚引いてくる可能性もあるので、白は1鳴きしない方向で。  あとは一応、「国士」も頭の片隅に。 不要牌は、「五萬・4ソ・2ソ」の3枚。

当時は4ソからの切り出し。 7巡目には次の「チャンタ・123三色」でテンパイ・即リー。 【 123m12399p123s白白 】  一発で白が出てロン。 「リーチ・一発・チャンタ・三色・白・裏1」の倍満和了。 配牌時の構想にはなかった結果

*****

【347】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ1組)(役牌トイツ0組)(ヘボ7-8) ※【221】参照
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-742.html

<東3局0本場・東家> 天鳳にて
20081007c_347.png

・状況:3着目で迎えたラス前の親番。 7種8牌。 ドラの発は手の内になし。
r327.png
・構想→第1打→展開→結果:せっかくの親番ではあるものの、和了りまでは厳しそう。 それでも諦めず、内容を残しておきたい。 ドラが発なので、遠くに「国士」を見つつ、ピンズでの「混一色」とドラ引きでの「チートイ」との天秤で。 「メンホン・チートイ」あたりが理想。 不要牌は「六萬・4ソ・6ソ」の3枚。

実戦では「6ソ→4ソ」と切り出し。 その後、「中・白・九萬」と重ねた後でポン・ポン鳴いていき、最終的に次の形(高目・ハネ満)でテンパイ。 結果、流局に終わる。
【 99p白白 999mポン 中中中ポン 111pポン 】「混老頭・対々和・中・(高目)白

*****

【348】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ3組)(役牌トイツ0組)(一盃口) ※【318】参照
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-742.html

<東4局0本場・南家> 天鳳にて
20081009_348.png

・状況:四者とも2万点台。 3900でトップ終了。 第1ツモでドラが重なり、トイツ計3組に。
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:最初のツモでドラ色のマンズが計7枚となり、“色”への移行のチャンスを伺いながらの、“色”と“トイツ”の天秤。 でも、マンズが伸びないようであれば、ほぼ「チートイ」1本という感じ。 

もちろん、3900で十分なので、唯一の役牌である東が重なるのがベスト。 そうすると「混一色」もグッと近づく。 逆に、この手で「ピンフ・一盃口」を見てしまうと、この先、仮にピンズ・ソーズで両面ターツが出来たとしても、両面が埋まらずに苦労することになるかも。 不要牌は、「4p・8p・4ソ・7ソ」の4枚。 8pから切り出したい。 三萬は単騎待ち候補の1つで。

実戦では4ソからの切り出し。 2巡目で1pが重なり、最終的に次の形でテンパイ・ダマ。 
【 224499m11889p11s 】 9p単騎の「チートイ・ドラドラ」。 すぐに出和了り・トップで終了。

***

【353】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ3組)(役牌トイツ0組)(両面外し) ※【354】参照
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-742.html

<東2局0本場・南家> 天鳳にて
20081016_353.png

・状況:ほぼ平場。 第1ツモでドラが重なり、トイツ計3組に。
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:ちょっと特殊なケース。 配牌段階では「一通」も見ていたものの、ドラ1pの重なりで消える。 これにより、“色”と“トイツ”の天秤が本線に。 ただし、“色”は“色”でも、「混一色」ではなく、「清一色」の方。 ドラ色のピンズが計7枚もあり、字牌がオタ風・西1枚しかないということで。 不要牌は「七萬・八萬・6ソ」の3枚。 いきなり両面外し

実戦での第1打は七萬。 いきなり“両面外し”。 2巡目で6ソが重なった段階で“トイツ1本”に決定。 最終的に次の形でテンパイ。 【 11666p33s 666sポン 888pポン 】  結果、ドラの1pで出和了り。 「対々和・ドラ3」の満貫を和了。

(参考) 【318】(マン・ピンでの両面ターツ2組を外し、ソーズ9枚を生かした「清一色」へ。)

*****

【356】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ5組)(役牌トイツ2組)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-743.html

<東4局0本場・東家> 旧・第1東風荘にて(※流局連荘)
20081211_356.png

・状況:オーラス・僅差のトップ目での親番。 配牌14枚でトイツ5組。
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:配牌で「チートイ」1シャンテン。 役牌のトイツが2組あるものの、このケースは【030】と同様、すんなり「チートイ」でテンパるようなら、渋々“テンパイ取り”で。 その前に「白・発」が出たら鳴くものの、その場合は「対々和」にはこだわらず、どこかで両面を作っての2000点狙い。 ドラ4pを引いて3-6p待ちになった「白・発・ドラ1」3900で十分。 一応、「小三元 / 大三元」も念頭に。

実戦では第1打2ソとはしたものの、当時は「チートイ」しか頭になかったようで、白も発も鳴かず(鳴けず)。 結果的には、他家の和了でタナボタのトップ終了。

*****

【357】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ4組)(役牌トイツ0組)(テンパイ取らず)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-743.html

<東1局2本場・東家> 天鳳にて
20081212_357b.png

・状況:東パツの親番で連荘中。 親の配牌14枚。 トイツ4組・ドラはなし。
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:ドラ三萬を引いてくるようなら、「チートイ」本線。 ダブ東が重なるようなら、「ダブ東・対々和」か、ソーズを全て払った「ダブ東・混一色」との天秤。 いずれにしろ、“色”と“トイツ”の天秤・複合という感じ。 とりあえず「3ソ・1ソ」の2枚が不要。

実戦では1ソから切り出し。 3巡目に3pが重なり、4巡目にはダブ東を重ねてテンパイ、赤5ソを切って即リー。 【 335599p88s東東南西西 】(南単騎) 「チートイ」のみ。
でもダブ東が重なったのであれば、“テンパイ取らず”とすべき。 そこからは当然、「ダブ東・混一色」へ移行。 結局、このリーチは和了れず。

*****

【367】 (配牌構想)(色・トイツ天秤)(トイツ3組)(役牌トイツ0組)(準・両面外し)
 → http://tonpuupperclass.blog106.fc2.com/blog-entry-756.html

<東3局0本場・西家> 旧・第1東風荘にて
20071128_377.png

・状況:2着目の親番とは5300点差のトップ目。 トイツ3組・ドラ1枚。 トイツの北はオタ風。
hapako_原本 色とトイツの天秤版 2010.06.05
・構想→第1打→展開→結果:【150】同様、典型的な“色”と“トイツ”の天秤という感じの手。 まずは「2p・6p」のピンズ2枚を払って手牌を2色にし、「チートイ」と「混一色」の両天秤にかける。 理想は、役牌である「西・白」どちらかを重ねての「混一色」。

実戦では「チャンタ」も見て、6pからの切り出し。 2巡目の5pをツモ切ったことで、捨て牌だけで見ると、“いきなり両面外し”の形に。 最終的には、次の形(「チートイ・ドラドラ」1シャンテン)まで行くものの、他家に切れない牌ばかりになり、渋々“受け”に回る。
【 3344m3377s東北北白中 】 ※「東・白・中」はいずれも他家2人のロン牌。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

toshi

Author:toshi
<各ネト麻の成績> 
・【天鳳】 速東喰赤メイン
  (四麻・三麻) 五段
・【雀龍門】 四麻専用:(九段→)玄人
※2014年1月末現在
*****************************
■モットー:「上を見ず・下も見ず」 「勝てたら運・負けたら実力」
■目標:天鳳六段・雀龍門九段(達成!)

カレンダー(月別)

07 ≪2017/08≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

未分類 (1)
痛恨の一打 (312)
手順 (197)
リーチ (30)
振り込み (13)
凡ミス (15)
会心の手順 (282)
会心の差し込み (1)
テンパイ・待ち・入り目 (95)
点数関連 (7)
記憶に残る試合と各種記録 (116)
サンマ関連 (26)
読み (13)
ポイント・教訓まとめ講座 (45)
練習問題 (189)
練習問題一覧 (2)
【001】~【521】 (1)
【522】~ (1)
お知らせ (75)
成績状況 (37)
雀龍門(動画) (21)
雀鬼・無敗の手順 (8)
ビデオ「ツカンポ日記」 (8)
エンペラー戦 (0)
北海道対局・第3回戦 (0)
その他 (3)
記憶に残る試合 (5)
教訓・ポイントまとめ (1)
大会ランキング (2)

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

人気ブログランキング

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ニコニコ公式生放送 麻雀特集

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ




twitter

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。